« 大阪中ノ島薔薇園,満開! | トップページ | 安宅英一の眼・大阪市立東洋陶磁美術館 »

2007年6月 2日 (土)

若冲展・相国寺承天閣美術館とプライス・コレクション

5月は,若冲コレクションを二度拝見した。
昨年夏より東京,京都,九州と巡回しながら,若冲人気を巻き起こしているプライス・コレクションを見送りに,愛知県立美術館まで出かけた。拝見するたびに好きな絵が増える。時を告げる声の聞こえてきそうな若冲の鶏さんを拝見するとシャキーンと目が覚めそうだ。ストック,ストック!オリジナルおみやげは,七福神饅頭だった。
さて,京都市上京区の相国寺では,「釈迦三尊像と動植綵絵の120年振りの再会」の会期がまもなく終了する。短い会期と絶頂人気のため,激込みである。細かいことは後からじっくり考えるとして,とにかく見んならん!
正面に釈迦三尊像,両脇に動植綵絵30幅。それぞれに季節の主題がある。何がどこにいるか,並びはどうかの位置関係,スケール,全体の色調は元より,爆発する創作のエネルギーと地上に存在する全ての生命に対する愛情だけは,展示室で感じとらなければならない。一瞬と永遠は,反意語ではなく同義語と主張しておられる。
公式HPにパノラマビューがあり,楽しめる。携帯で待ち時間も確認できる。待ち時間も,「自分も若冲が愛した蟋蟀さん,蛙さん,雀くんと同じ」と考えるとありがた思える(思えないか?)。
こちらのオリジナルスイーツは,落款せんべい。

|

« 大阪中ノ島薔薇園,満開! | トップページ | 安宅英一の眼・大阪市立東洋陶磁美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>かいちょさま
動体視力も凄そうであられます。命あるもの全て美しいというコンセプトが,多くの人々に感動を与えてくださると思いました。
ご当人は,群れと距離を置いた動物に自己投影なさったとか。それにつけても,完成なさったことが素晴らしいです。

投稿: とみ | 2007年6月 6日 (水) 00時32分

>向日葵さま
コメントありがとうございます。
確かにでかい葡萄でした。勢いある墨絵も心洗われました。激込みでもみんな夢中で見ておられ,楽しい展覧会でした。

投稿: とみ | 2007年6月 6日 (水) 00時28分

とみさま
本当に!
あの展示室の空間で、33幅に囲まれてこそ感じ取ることができるものがありました。
創作のエネルギーと全ての生命に対する愛情!なるほど。
あの幸せは、そういう大きなものに囲まれているところからきていたのですね。

投稿: かいちょ | 2007年6月 6日 (水) 00時00分

私は上野のプライス展での”葡萄”が印象深かったので、相国寺承天閣美術館での大画面の襖絵ではしばらく張り付いて動けませんでした。動植綵絵のエネルギーは圧巻。私は蛸と魚たちと蛙くん貝さんがお気に入りです。色彩感覚も抜群、1枚だけでも30分は見ることができそうなのに30枚、すごすぎます!

投稿: 向日葵 | 2007年6月 5日 (火) 22時24分

>hitomiさま
流行もんには理由がありますし,勢いがありますので見ないというテはございません。流行もんを身につけると運気も上昇します。どんな悪い条件でも楽しむ心得が大事です。
キーワードは,「どんなときにも遊べるのか!」です。

投稿: とみ | 2007年6月 4日 (月) 23時55分

若沖さんの鶏は一度観たらインプットされますね。こんな強烈な力持った画家を外国の方に教えられるとは。京都でもご覧になったのですね。4年間住んだ京都の美術舘も懐かしいです。

玉三郎丈お勧め映画ツォツィ、さすがでした。数年前名古屋近郊の刈谷美術舘に行ったら玉三郎丈からのお祝いの胡蝶蘭が飾られていて驚きました。その画家は長く名古屋の気象台?に勤務されていて厚塗りで非常に力のこもった絵を描く人です。
5月にその刈谷美術舘でチェコ絵本とアニメーションの世界展がありこれにちなんだアンパンマンのようなお饅頭とお抹茶が300円で隣の茶室で供されました。

投稿: hitomi | 2007年6月 4日 (月) 20時50分

>hitomiさま
ワタクシは京都国立近代美術館が一度目です。抱一の作品展示など,複合施設の限界か,展示手法はイマイチでした。最新鋭の九州国立ではどのように展示されたのでしょう。空いていたのには驚きました。
とにかくえらい人気です。今日的要請についても時間があれば考えてみたいです。

投稿: とみ | 2007年6月 3日 (日) 19時14分

とみ様
愛知県美術舘にお出ましだったんですか。私は歌舞伎座観劇の折に上野で鑑賞しました。若冲は勿論素晴らしいのですが屏風など、その当時の照明、暗さで見せてくれたのがよかったです。

東京都庭園美術舘のアンティークジュエリー展が名古屋の松坂屋美術舘に来ても展示品が減ってるんです。カラバッジオ展は豊橋だったかに来るので上京我慢したらやはりお目当ての絵の展示なかったり悲哀感じます。

投稿: hitomi | 2007年6月 3日 (日) 08時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲展・相国寺承天閣美術館とプライス・コレクション:

« 大阪中ノ島薔薇園,満開! | トップページ | 安宅英一の眼・大阪市立東洋陶磁美術館 »