« アイーダ・新名古屋ミュージカル劇場・初日 | トップページ | みよし会が開催されるワッハ上方界わい »

2007年5月13日 (日)

四条河原の出雲の阿国像の目線は南座の櫓

四条河原左岸の出雲の阿国像
南座で上演中の坂東玉三郎特別舞踊公演を鑑賞した。
四条河原の阿国像は南座の櫓を仰いで立つ。若く純朴で力強い。志を立て都に上り,この地で多くの観客を魅了したが,その晩年は定かではない。
時代の全ての欲望を背負って駆け抜けた阿国の熱情はここに留まり,思いの組紐は,今月は玉三郎丈の手にある。
蜘蛛の拍子舞は土蜘蛛の女性版。舞台上にあるもの全て凝りに凝った上質な造り。事情が許せば良いお席でリピートしたいもの。隈取をすると表情が判別しにくくなるのか,妖怪の拵えより美女のままの方が数段恐ろしいお顔だ。怖すぎ。

|

« アイーダ・新名古屋ミュージカル劇場・初日 | トップページ | みよし会が開催されるワッハ上方界わい »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/15054797

この記事へのトラックバック一覧です: 四条河原の出雲の阿国像の目線は南座の櫓:

« アイーダ・新名古屋ミュージカル劇場・初日 | トップページ | みよし会が開催されるワッハ上方界わい »