« 文楽四月公演第一部 | トップページ | 「芸の真髄 鶴澤清治」のテレビ放送があるとか。 »

2007年4月24日 (火)

文楽四月公演第二部

親しみやすい演目二題の充実のラインアップである。
文楽四月公演第二部
粂仙人吉野花王「吉野山の段」

 英大夫,三輪大夫,津国大夫,南都大夫,文字栄大夫,靖大夫
 宗助,団吾,清馗,龍爾,清公
 大伴坊/簑次郎,安曇坊/勘緑,粂仙人/玉也,花ます/勘十郎
鳴神不動北山桜を文楽に移した作品とか。高層や仙人が女人の色香に迷い,通力を失うという艶笑譚。
歌舞伎から文楽に移された演目は,装置が立体的で,上下の動きや回転に弱い人形の特性を,逆に見せ場としているように思われる。さっきまで半兵衛で熱演なさってた勘十郎さんが,妖艶な花ますを遣われる。非常に申し訳ないが,第一部で感動しすぎて,集中力を使い果たし,記憶が怪しい。愉快なお顔のドラゴン君は見逃さなかったが…。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

加賀見山旧錦絵「草履打の段,廊下の段,長局の段,奥庭の段」
 
草履打ちの段 十九大夫,呂勢大夫,新大夫,つばさ大夫,睦大夫&富助
 廊下の段 伊達大夫&清友
 長局の段 綱大夫&清次郎,千歳大夫&清治
 奥庭の段 文字久大夫&清志郎
 局岩藤/玉女,中老尾上/紋寿,お初/和生
 叔父弾正/玉志,鷲の善六/簑一郎,安田庄司/紋豊
岩藤は,十九大夫→伊達大夫→文字久大夫の意地悪リレー。普段は立役の玉女さんが遣われることもあり,堂々とした恫喝タイプとお見受けした。
尾上は綱大夫さんが中心となる。うら若い主従の心の交流を,息詰まる語りで進められるが,敢え無く沈没m(_ _)m。
自害した尾上を,お初が発見するところで,大夫三味線は千歳大夫&清治さんに変わる。空いている床前の席に走って行かれる方が…。このお二方は,声量と音量が大きい。お顔に似合わず少女がはまられる。リズムもアップテンポ。シャキーンと目が覚める。和生さんが遣われるお初ちゃんは衣装はかわいいし,見得は立派。遅かった,遅かった遅かったは,気持ち良う泣けまする。亡き尾上に対する敬愛の念が,ビシバシ伝わり,文楽を観る醍醐味とはこれだ!と実感。
辺り見回し奥の間へ真一文字に~
最高潮の床に,鬱屈していた気分が一気に晴れる。このまま終わっても文句ゆわへん~。

P.S. 申し上げるまでも無いが,尾上は坂東玉三郎丈,お初は尾上菊之助丈というキャストで拝見した加賀見山の記憶はきっちりリセットしてのぞんでいる。
P.S. 今月国立文楽劇場へ何を着てゆくか悩んでおられる方は,断然,黄八丈だ。心中宵庚申の道行ペアルック,お初ちゃんの雄姿がいずれも黄八丈だ。

|

« 文楽四月公演第一部 | トップページ | 「芸の真髄 鶴澤清治」のテレビ放送があるとか。 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

>おりんさま
細かいところようわかってへんのですが,長局は,ほんまに長い局で,もうちょっと装置何とかならへんもんかと思いました。
お初ちゃんの安兵衛ばりの走りで欝憤吹っ飛びます。

投稿: とみ | 2007年4月26日 (木) 20時06分

イヤホンガイドの高木さん著の「あらすじで読む名作文楽50」に、藤の花(=岩藤)スパーンひらひらひらで溜飲が下がる憎い演出と書いてありまして。
別の演出もありなんですね。

投稿: おりん | 2007年4月26日 (木) 17時50分

>おりんさま
沈没船に乗り合いとは面目次第もございません。不心得エントリにコメント頂き恐縮でございます。
藤の花スパーンはありませんでした。
万雷の拍手の中,真一文字に駆けてゆくお初ちゃんかっこよろしー。

投稿: とみ | 2007年4月25日 (水) 19時26分

私も綱さん撃沈しました。
30日は決して落ちまいぞ!!と昨日から睡眠不足解消を目指しています。

千歳さんに変わると大音量でパチッと目が覚めて、ぼろぼろぼろ~でした。
ところで、千歳さんの語りの途中、右手に飾ってある藤の花をお初ちゃんがスパーンはありましたか?
初日は期待していた藤の花スパーンが無くてあれれ?でもあの藤の花何もしないにしては飾り方不自然よね~と思っていたのです。
後日、和生さんがあの段は手数が多いので浄瑠璃が早いと間に合わないと言われていたというのを読んで、間に合わなかったのね~と納得したのですが、公演も中盤になって、手数間に合うようになっていたのかが気になっております。

投稿: おりん | 2007年4月25日 (水) 15時26分

>直次さま
トホホ,大ハンセイのレポ,ご覧いただきありがとうございます。
人気演目を一当たり拝見するには,5年はかかりそうです。頑張りましょう。
今公演は,昼夜入れ替え無しですね。加賀見山はOL向けということでしょうか。文楽が最も良い演目,歌舞伎では演目が難題過ぎて最近かからないものをチョイスなさるのが良いように思われます。

投稿: とみ | 2007年4月25日 (水) 12時43分

とみさま、続報感謝!
鳴神上人のひっこみの六法が、ひとつのおおきな見せ場になっている歌舞伎の出し物を、文楽はどんな知恵と工夫で見せてもらえるのか、龍は?と、わくわくしてます。
わたしは、大阪に着いて夜の部、翌日昼の部。レポート拝読後、逆じゃなくてほっとしました。
それでは、当日、黄八丈姿のとみさまを、探します!

投稿: 直次 | 2007年4月25日 (水) 09時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文楽四月公演第二部:

« 文楽四月公演第一部 | トップページ | 「芸の真髄 鶴澤清治」のテレビ放送があるとか。 »