« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

「成田人形・暫」の実物にまみえる。

Photo_9 京都の郷土玩具・伏見人形「成田屋人形」のひとつ「暫」の実物に宮川町のお茶屋で遭遇した。京都のお茶屋の文化の集積パワーに今更ながら思い至る。純朴で力強く愛嬌がある。

京都市伏見区の伏見稲荷大社は稲荷信仰の総本山として参詣客も多く,稲荷詣では,庶民の大きな楽しみであった。そんななか,門前には,江戸時代初期頃から数十件もの人形屋が並び,お土産として「 伏見人形 」が売られていた。日本最古・全国にある土人形の原型といわれ,種類も多く,それぞれのデザインに曰くがあり興味は尽きない。

続きを読む "「成田人形・暫」の実物にまみえる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

Wicked主要キャスト候補が公式ページにアップ

待ち望んだキャスト発表。贔屓目欲目抜きのマイ仮想キャストにほぼ一致する。是非もなし。栗原さんがオズというのに着目。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

心中宵庚申成功祈願と玉男師匠の墓参の記事

国立文楽劇場公式ページに予告記事が掲載されていて気になっていたところ,朝日ドットコムに写真入り記事が掲載されていた。また,公式ページには墓参後のインタビューも!
駆けつけられないワタクシは,前日の宵庚申に八坂庚申堂に成功祈願という善行を積んだので,少なくとも60日間は安泰だ。庚申堂はお守り系もかわいい。
これは何か?
Photo_7Photo_8

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "心中宵庚申成功祈願と玉男師匠の墓参の記事"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

七月の大阪松竹座に市川海老蔵丈がご出演

メルマガを開いてみるとうれしいお知らせが…。演目と配役も第一報の割に詳しい。
毎年夏の固定メンバーに加えて,今年は市川海老蔵丈が出演のようだ。河内屋与兵衛が眼目!しかし,肝心の方のお名がない。オロオロ。
公演日程:7月2日(月)初日~26日(木)千穐楽 
開演時間:昼の部11:00,夜の部16:15  
出演:片岡仁左衛門,片岡秀太郎,中村歌六,片岡孝太郎,市川海老蔵,片岡愛之助,中村壱太郎,坂東竹三郎

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "七月の大阪松竹座に市川海老蔵丈がご出演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

今宵は二の庚申

今宵は二の庚申
庚申堂では夜通しの祈祷が行われる。荒ぶる神だが善い人になろうとする人は好いてくれるとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘドウィグ&アングリー・インチ

Main_m 山本耕史さんのヘドウィグ&アングリー・インチ,25日(日)大阪千穐楽に行った。
ひとりの性転換ロックシンガーの数奇な人生を通し,愛を探し求める魂を描いた名作「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。1997年よりオフ・ブロードウェイで上演,2001年には映画化もされ,日本では三上博史さんが2004年・2005年に主演した舞台が大ヒット。今公演は山本耕史さんを主演に,中村中さんが助演を務める。
あらすじ
1960年代,少年ハンセルは旧東ドイツに生まれた。彼の夢は自由の国アメリカに渡り,ロックスターになること。もうひとつの夢は,少年時代に母親から聞かされた,魅惑的な『愛の起源』の物語の,自分の“カタワレ”を見つけることだった。
ある日,壁のそばで出会ったアメリカ兵との結婚を望み,渡米の為に性転換手術を受けたが失敗。ヘドウィグを名乗り渡米を果たしたが,あっという間に離婚し,ロックンローラーとなるが売れない。
さらに,歌を教え,愛を教えたトミーに裏切られ,追い続けるため至近距離でライブをやっている。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "ヘドウィグ&アングリー・インチ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月25日 (日)

玉三郎丈は救世(ぐぜ)観音,玉三郎丈の舞台は弘誓(ぐぜい)の船「初瀬/豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅」

P1010083_1 国立小劇場の舞台を17日に拝見し,21日に當麻の里ほか大和路を探訪をした。所感の後編(前編)を,玉三郎丈の演出のみに絞りまとめる。
玉三郎丈は,自ら演出方針を語っておられる。
場面転換の多い戯曲を,シャッフルせず原作どおりに上演するため,装置を抽象化し,照明で場所を表現する。芸能の原点を考慮し,あの世とこの世を交信する音として,殷々としたΩ(オーム)の音(琵琶)を採用する。戯曲の主題のひとつ・姉弟の禁じられた恋は,深い憧憬として透明化する。宿世の罪業を重く深く受け止め,全て背負うという女主人公の行動原理を絵空事でなく説得力を持って表現できる役者として坂東玉三郎を投入する。
作者による原題は「豊寿丸変相」とか。伝説では,3歳になるやならずで,実母に過って毒殺された無念の弟を,姉を激しく恋慕する美青年として主人公に設定する発想が素敵で,タイトルも,豊寿丸がさまよった心の地獄を髣髴とさせ,書き込みも充分だ。丈は,頑是無い少年とふてぶてしい青年が同居し,何をしでかすか危うい年代の若者を,段治郎丈の狩衣姿でビジュアル化され,ご自身も「浮舟」風十二単の神々しいお姿でご登場と,あるべき絵姿を提示されている。
中将姫伝説は21世紀にはなじみが薄く,宗教的解脱という主題は,締めのデウス・エクス・マキナ(神の登場)リスクが大きいと,僭越ながら案じたが,各紙や権威筋の評価はこぞって高い。玉三郎丈教信者としては思わず胸を張ってしまった。
衆生の苦難を自身の原罪として受け止め,救いの彼岸へ導こうとする姫の心のありようは,美の浄土をこの世に描こうとする丈そのものである。「自分が舞台に立つのだから,玉三郎を信じよ。」と言っておられるかのように感じた。で,タイトルの「玉三郎丈は救世(ぐぜ)観音,玉三郎丈の舞台は弘誓(ぐぜい)の船」と,安心して心を委ね,合掌した次第である。
観客ひとりひとりの顔を見ながらの上演が可能な劇場の条件を味方に,存分にお力を示されたことの幸運に思い至り,この演劇に関わった全ての方々に敬意を表するとともに,めぐりあえた僥倖に感謝する。(ホッ,まとまった。)
つづきは,おとみの妄想劇場と仮説等つぶやき…。賛否両論受けて立ちます。

続きを読む "玉三郎丈は救世(ぐぜ)観音,玉三郎丈の舞台は弘誓(ぐぜい)の船「初瀬/豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅」"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

霧太郎天狗酒醼・2度目

P1010128 京都南座三月花形歌舞伎通し狂言天下騒乱源氏三代世継争い霧太郎天狗酒醼(きりたろうてんぐのさかもり)千穐楽のひとつ前の公演を観劇した。
初日のエントリはこちら
本日は,補助席も出る大入り満員で,外の天候は荒れ模様だったが,劇場内は春爛漫だった。
正義・美男のパートを一身に担う我らの勘太郎丈は,皆さんのいじめが興が乗ってこられたのでますますかわいそうなことになっておられた。両手を縛られ厳しい体勢でも美しい形で微動だにされないところに,非凡さが光る。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "霧太郎天狗酒醼・2度目"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月22日 (木)

彼岸の奈良ミニトリップでならまち界わいにも…

P1010116_1P1010113_1  世界遺産の宝庫奈良市街地だが,市井のならまち界わいも歩いて楽しいまちなみが続く。まちなかのお寺も由緒のあるものばかり。↑十輪院・境内の馬酔木
↓中将姫生誕の地・誕生寺

続きを読む "彼岸の奈良ミニトリップでならまち界わいにも…"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

5万ヒット御礼リクエストエントリ・恋飛脚大和往来新ノ口村のご当地を探訪

P10101055万ヒットのスキップ様・御礼リクエストとして,大坂を代表するパーソナリティ・亀屋忠兵衛墓参のご報告を…。 お待たせしました。5万ヒットリクエスト取材によるエントリです。ちょっと拡大解釈しましたが,上方歌舞伎関連ということでご容赦を…。
恋飛脚大和往来・新ノ口村の場の舞台となるのは,忠兵衛の生家がある新ノ口村で,梅川と忠兵衛は,大坂から山を越えここまで逃れてきた。道中,二上山も見たことだろう。
此処で追っ手に捕縛され,忠兵衛は千日前で処刑,梅川は最下層の女郎に舞い戻る。復路の大坂に向かう旅路は,西方浄土ではなく,冥途への一本道だった。
さて,6月の鑑賞教室で,新ノ口村がかかる。公演の成功と梅川を演じられる上村吉弥丈の内外での活躍を祈り,忠様に参ってくる。

続きを読む "5万ヒット御礼リクエストエントリ・恋飛脚大和往来新ノ口村のご当地を探訪"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中将姫の墓所にも墓参した(早版)。

中将姫の墓塔に墓参
當麻寺から北へ少し離れたところで西方浄土を向いておわします。正面の二上山と対峙している。反対側は↓

続きを読む "中将姫の墓所にも墓参した(早版)。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

當麻寺で曼荼羅を拝んだ(早版)。

當麻寺から望む二上山
中将姫伝説の地・奈良県葛城市當麻寺で,本尊の国宝曼陀羅に参拝する。
今日は,二上山の間に夕陽が落ちる彼岸の中日だ。山上に,非業の死を遂げた飛鳥時代の天武帝の皇子・大津皇子がまつられている。

続きを読む "當麻寺で曼荼羅を拝んだ(早版)。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

国立劇場「初瀬/豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅」

1865_1 17日(土),国立劇場開場40周年記念歌舞伎脚本入選作・森山治男さんによる「初瀬/豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅(はちすのいと こいのまんだら)」を観劇した。
作・脚本/森山治男,演出/石川耕士・坂東玉三郎,美術/中嶋正留
出演
初瀬(藤原家息女・中将姫)/坂東玉三郎
照夜の前(継母)/市川右近,月絹(乳母)/市川笑三郎,豊寿丸(異母弟)・蓮介(宇陀の里の青年)/市川段治郎,田束(照夜の前の侍女)/市川寿猿,紫の前(亡母)/市川春猿,松井嘉藤太(刺客)/市川猿弥,藤原豊成(父)/市川門之助
あらすじ
古の奈良の都は花盛り,藤原横佩家の息女初瀬は,美しさと聡明さで帝の覚えもめでたく「三位中将」の官名を賜っている。継母の照夜の前は,嫉妬と憎しみを募らせていた。
2才年下の異母弟・豊寿丸は,そんな姉を激しく思慕し,気も狂わんばかり。ついに初瀬の居室に侵入し,思いを遂げようとするが,母に見とがめられ,とっさに,姉に色事を仕掛けられたと嘘をつく。激怒し,初瀬を打ち据える照夜。帰還した当主豊成は,照夜と豊寿の申し立てを鵜呑みにし,一切釈明しない初瀬を成敗しようとするが,乳人と忠臣の諫めにより,宇陀の雲雀山山中に蟄居させることとする。照夜は刺客を放ち,豊寿はこれを阻止しようと初瀬を追う。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "国立劇場「初瀬/豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅」"

| | コメント (12) | トラックバック (2)

猫に話し掛けるときは…

猫に話し掛けるときは…
礼節をもって接しなければならない。馴々しいのは禁物た。
今日はなごりの雪で外で遊べなかったの(獅子丸の知り合いのFigaro)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

キャッツのグッズが増殖中

キャッツのグッズが増殖中
ワタクシ的には久々のキャッツは,若さ溢れ躍動感のあるメンバーが中心になっている。杜ミストは,綺麗好きな潔癖猫とみた。ミストのイラストのノートを衝動買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木は,美術館トライアングル

六本木は、美術館トライアングル
新国立美術館の中を駆け抜けて六本木ヒルズに向かう。レストランポールボキューズが大人気のようだ。まもなく,サントリー美術館もオープンするようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬酔木も満開・玉三郎丈の中将姫

馬酔木も満開・玉三郎丈の中将姫
国立劇場小劇場で,新作歌舞伎「蓮絲恋慕曼陀羅」を鑑賞した。前庭では,さくら祭が開催されていたが,桜はまだ。しかし,平城京と当麻を舞台とする作品に相応しく,早春の奈良の都を象徴する花・馬酔木が,あたかも玉三郎丈のために咲いたように満開だ。
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君がありといはなくに
大伯皇女
(岩の辺りに生えている馬酔木を折ってみたが見せたいあなたが生きているわけではない)
大伯皇女は天武帝の皇女で万葉歌人である。「君」は同母弟の大津皇子。武勇に優れた大津皇子は,謀反の冤罪で刑死した。万葉集に彼女の歌は六首しか収められていないが,どれも弟大津を思う歌ばかりで悲しみの深さが胸に迫る。
生きた時代が異なる大津皇子と中将姫の魂の交信を,小説「死者の書」にしたのは,折口信夫である。大津皇子と同母姉大伯皇女は,母を早くに亡くし,二人きりで寄り添って生きてきたのであろう。馬酔木を手折り,弟に見せる慈愛深い姉上のお姿に玉三郎丈をイメージするのは,玉三郎丈教信者の妄想か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県立びわ湖ホールの次期芸術監督に沼尻竜典氏

滋賀県立びわ湖ホールの次期芸術監督に指揮者の沼尻竜典氏が決定とある。初代の巨匠・若杉弘氏の後任ということで,晴れがましさもひとしお。勉強不足のため,これまで,一度しか拝聴したことないが,気合を入れて応援することとする。
びわ湖ホールは,グランドオペラ,クラシックのコンサート,クラシックバレーが中心だが,楽しい演劇の巡業や,手作りのオペラ公演もある。2007年度のプログラムが出来上がっている。ワタクシの予定リストに入れたのは以下の2公演だが,グランドオペラのチケット争奪戦に勝ち抜き拝聴したいものだ。
9月2日(日)
 沼尻竜典就任記念コンサート NHK交響楽団,村治香織
 松竹大歌舞伎中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露公演
9月9日(日)
 子供のためのシェイクスピアカンパニー「真夏の夜の夢」

続きを読む "滋賀県立びわ湖ホールの次期芸術監督に沼尻竜典氏"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

近江のお兼は海津の人

Osakidera_1 舞踊「近江のお兼」は,人気スタンダードナンバーで,舞踊会や歌舞伎公演でもよくかけられる。今年は,美吉屋師弟がそれぞれ,吉弥丈が岡山で,純弥丈がワッハで舞われる。このお兼伝説は,滋賀県高島市マキノ町海津に伝わる。海津は,旧街道に造酒屋などの古い町並みが残るが有名なのは桜。湖からのお花見は最高。
海津にお兼という力持ちの遊女がいた。ある日西国から来た武士が,旅で汚れた馬を湖岸で洗っていたところ,立てかけてあった竹ざおが馬にあたり暴れだした。お兼が暴れ馬に立ちはだかり馬の手綱を高げたのままでグイと足を踏みしめて馬を引きとめてしまった。ところが,いつしか舞台は大津市堅田に移り,近江の風景を読み込んだ舞踊劇となった。
ぜひ,ご当地びわ湖ホールで近江のお兼を舞って頂きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

片岡我當丈一門の歌舞伎鑑賞教室

Pic142v_89e6919c8db6i_89e6919c8db681i89a_1 歌舞伎美人の公式ページに全日程が掲載されている。
平成19年度の松嶋屋の歌舞伎鑑賞教室は,「恋飛脚大和往来・新ノ口村の場」。十三世片岡仁左衛門丈が,晩年,心血を注いでこられた鑑賞教室は,我當丈の暖かいお人柄が心地よく,上方若衆も大活躍する楽しいイベントだ。
いつ,どこで見るかが大問題だが,バックステージツアー付きの,堺市民会館がよさげかも。17日(日)は大阪市民歌舞伎で森之宮ピロティホール。
正月に大阪松竹座で封印切,国立文楽劇場で淡路町から道行相合かごまでみたことやし,ぜ~たい新ノ口村まで見届けなあきまへん。
日時 平成19年6月9日(土)午後2時
会場 堺市民会館大ホール
演目
 歌舞伎へのご案内
 恋飛脚大和往来 新口村の場
  孫右衛門/我當,梅川/吉弥,忠兵衛/進之介
チケット 全席指定
  一般券/2,500円(前売2,000円)
  バックステージツアー付き/3,000円(前売2,500円)

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "片岡我當丈一門の歌舞伎鑑賞教室"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

桜のテンプレート最初に使う人になりました。

Sakuramoti01_1 地味メのブログには晴れがましいかも…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文楽素浄瑠璃の会

国立文楽劇場公式ページに,第10回文楽素浄瑠璃の会の詳細がアップされている。
日時 2007年7月7日(土) 午後2時
演目・主な出演者
 絵本太閤記 尼が崎の段
  豊竹英大夫/竹澤団七
 艶容女舞衣 酒屋の段
  竹本住大夫/野澤錦糸/高音 豊澤龍爾
 染模様妹背門松 油店の段
  豊竹咲大夫/鶴澤燕三

くどき中心のしっとりとした語りが聞けると思われる。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

ときわ会が公式ページにアップ

Tokiwa_02 松竹公式サイトにときわ会の案内がアップされている。チラシは手作り風。
片岡我當丈一門の勉強会として2004年から毎年素踊りの会として行われているが,今年は,”近江のお兼” ,”巽八景” ,”釣女”の3演目は,扮装付きだ。たぶんお馬も…。
日時 2007年6月26日(火)午後2時・午後6時
会場 上方演芸資料館5F ワッハホール

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

ピッコロ劇団のハムレット

Casttop1 栗田ハムレットかワレリーハムレットか,それが問題だ。安寿ハムレットか剣ガートルードか,それが問題だ。兵庫県立芸術文化センターはすんごい難題を出してくれた。
兵庫県立芸術文化センターで,ピッコロ劇団・ワレリー・ベリャコーヴィチ演出のハムレットを観劇した。11日(日)は,終演後,演出家,翻訳家,演出助手,出演者らによるアフタートークも開催された。
原作:W.シェイクスピア,翻訳:堀江新二,台本・演出・美術:ワレリー・ベリャコーヴィチ
キャスト
ハムレット/橘義,クローディアス/岡田 力,オフィーリア:平井久美子,ガートルード/剣幸(客演),亡霊/孫高宏,ポローニアス/福島栄一,ホレーシオ/梁瀬満,レアティーズ/穂積幸良,ローゼンクランツ/吉村祐樹,ギルデンスターン/原竹志,マーセラス/風太郎,墓堀1/内藤裕敬(客演),墓堀2/奇異保,座長/森好文,オズリック/今仲 ひろし,宮廷の侍女/安達朋子,宮廷の侍女/木全晶子,宮廷の侍女/和田友紀,宮廷の侍女/本田千恵子
ワレリー・ベリャコーヴィチ氏
モスクワ・ユーゴザーパド劇場主宰・演出家。
モスクワ南西(ユーゴザーパド)地区で,弟や友人と青年演劇サークルを指導し,現在のユーゴザーパド劇場に育て上げた。1987年に上演した衝撃的な「ハムレット」により,一躍世界的な評価を得た。
日本とのご縁は,3年前にピッコロ劇団を演出した「ハムレット」が好評を博し,2度目の来日となった。劇団員さんたちとのコミュニケーションも,迫力と情熱を共通言語に,楽しみながら築かれたご様子。宝塚歌劇もご贔屓とか。スターの剣幸氏と一緒に仕事が出来たことをお国で自慢なさるそうだ。次なる機会にも並々ならぬ意欲を示されておられた。
ロシア民族のパワーを見せつける大きく暖かな風貌にして,緻密かつ細部に拘りのある芝居づくり。オリジナリティの高いメソッドを駆使なさる非凡な才能が光る。
自身がご出演のときの持ち役はクローディアス。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "ピッコロ劇団のハムレット"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月10日 (土)

さくらん

さくらんオフィシャルガイドブック
『1週間』編集部編
講談社 (2007.2)
通常24時間以内に発送します。

原作:安野モヨコ,脚本:タナダユキ,監督:蜷川実花,音楽:椎名林檎
出演:土屋アンナ,椎名桔平,成宮寛貴,木村佳乃,菅野美穂、石橋蓮司,夏木マリ,市川左團次,安藤政信
舞台は吉原遊郭の置屋・玉菊屋。桜の頃,売られて来た少女はきよ葉と名付けられた。太夫をのぞめる天神にまで駆け上がり,束の間の恋や朋輩との確執もあったが,限られた世界でも,自分らしく生き抜こうとしていた。そして,とうとう最高の松の位の花魁となる。

続きを読む "さくらん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

京津線浜大津駅の滑り止めの砂

京津線浜大津駅の滑り止めの砂京津線ネタの続き。浜大津駅ホームは,琵琶湖からの風と比叡降ろしで冬場は凍てつく。再生ゴム系の床材を使用し,転倒防止に配慮しているが,それでも吹雪く日のために,とっておきの秘密グッズがホームに備えられている。それが,滑り止めの砂である。
しかし,この砂,験が良いので受験生が本番にも借りてゆかれる。で,返して欲しいというメッセージがこのボックスだ。
駅員さんたちの沿線の学生を応援するエスプリある計らいに,心がほこほこ暖まる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日はびわ湖開き&京阪石坂線はラブトレイン

湖から陸からびわ湖に春がやってくる。暖かかった4日(日)は,びわ湖毎日マラソンだった。
Ship 明日9日(土)は,湖国に春の幕開けを告げ,湖上安全を祈念し,環境保全などを呼びかける「びわ湖開き」だ。毎年この日は,遊覧船の一日船長をNHK朝ドラのヒロインが務められるが,今年は「芋たこなんきん」のヒロイン町子(少女時代)役・山崎奈々さんと徳永由利子役・邑野みあさんの予定。
Valentine7 さて,京阪電鉄石山坂本線の活性化を目指し,大津市の市民グループ「石坂線21駅の顔づくりグループ」が募集していた電車にまつわる初恋や青春のメッセージのコンクールの優秀作品が決まった。全国から2,355点の応募があり,歌人の俵万智さんが最終選考し,最優秀賞は「好きもさよならも同じ駅」が選ばれた。
京都新聞ニュースに,俵さんの講評や他の印象的な作品の一部が掲載されている。作品は10日から28日まで電車の車体に描かれたり,車内に掲示されるとか。また,かわいらしい手作りで好感度大の京阪石坂線のラッピングトレインは,バレンタインから,ピンクのハートが一杯のホワイトデー仕様にマイナーチェンジ中。
青少年&乙女子たちよ!
ラブラブモードの京阪石坂線に乗車しよう。麗らかなびわ湖の風景を眺めながら,告白するもよし,きっぱり別れを告げるも更によろし。
石坂線石山から坂本までの乗車時間32分では短すぎるという方は,クルージングを選ばれると良いが,凶と出た場合,すぐ下船できないのが難点だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

タガーは福井さんと阿久津さんのダブルキャスト

福井さんならよし。阿久津さんならもっとよし。是非もない。
┌(=^‥^=)┘♪└(=^‥^=)┐♪┌(=^‥^=)┘♪└(=^‥^=)┐♪ ニャンキーニャンキー♪

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

シネマ・マリー・アントワネット

懲りないおとみはシネマにも行ってきた。
マリー・アントワネット MARIE ANTOINETTE
監督 ソフィア・コッポラ
出演 キルスティン・ダンスト,ジェイソン・シュワルツマン,リップ・トーン,アーシア・アルジェント,マリアンヌ・フェイスフル,オーロール・クレマン

18世紀末,14歳でオーストリア皇室からフランス王家へ皇太子妃として嫁ぎ,18歳で王妃となったマリー・アントワネットは,どこにでもいる考えることのきらいな遊び好きの女の子だった。ベルサイユ宮での暮らしは,遊興に明け暮れ,何不自由なかったが,両国の同盟の維持という重責と孤独に押しつぶされそうであった。

続きを読む "シネマ・マリー・アントワネット"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

京都伝統産業の日イベント3/10~3/21

京都伝統産業の日は3月21日(祝)だが,うれしいイベントとして10日(土)~21日(祝)までの期間,きものでおでかけの場合,市営交通と市内の殆どのミュージアム等が無料となる。その他の特典も一杯で,これ,かなり使えるゾ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

宝塚雪組公演・エリザベート配役決定

宝塚歌劇次回雪組公演「エリザベート」の配役の全容が,公式に昨日発表になっていた。
主要な男役は既に発表になっていたが,大役の皇太后ゾフィーに未来優希さん,少年ルドルフに冴輝ちはやさんとなっている。
期待がだんだん高まってきた。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

明日から福井さんがラム・タム・タガー

ザ・キャット・オブ・キャッツ!
4週間ぶりに猫劇場に復帰。おかえりなさい,福井さん!
((ヘ(=^・ω・^=)m らっきーかもぉーんニャ

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

ミュージカル・マリー・アントワネット

千穐楽間近の3月3日(土)マチネを鑑賞した。
原作/遠藤周作,脚本・作詞/ミヒャエル・クンツエ,音楽/シルベスター・リーヴァイ,演出/栗山民也
出演:涼風真世/マリー・アントワネット,新妻聖子/マルグリット・アルノー(孤児),土居裕子/アニエス・デュシャン(修道女),井上芳雄/アクセル・フェルセン,石川禅/ルイ16世,山路和弘/ボーマルシェ(劇作家),髙嶋政宏/オルレアン公,山口祐一郎/カリオストロ(錬金術師)
あらすじ
1779年パリ。
フランスでは,人民達が貧困に喘ぎ,王室と貴族は贅沢と快楽の限りを尽くしていた。王は錠前造りに,王妃はドレスとスエーデン貴族フェルセンとの恋が最大の関心事。王位を狙うオルレアン公,風刺劇で人気を博したボーマルシェ,悪魔的な錬金術師カリオストロ達は王家への叛意を募らせている。
もうひとりのM.A.マルグリッドは,天涯孤独の最下層の孤児で,誰よりも王家を憎んでいた。王室への反感は,首飾り事件を発端にに革命に向かって野火のように広がる。
にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "ミュージカル・マリー・アントワネット"

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2007年3月 3日 (土)

ドリームガールズ

ドリームガールズ DREAMGIRLS
監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス,ビヨンセ・ノウルズ,ダニー・グローバー,アニカ・ノニ・ローズ,ジェニファー・ハドソン,エディ・マーフィー
現代最高の歌姫ビヨンセ・ノウルズを主演に,1960年代から70年代にかけて,モータウンサウンド隆盛期を背景に,仲の良い友人同士で作った女性ボーカル・グループが,時代を代表するスーパースター「ザ・ドリームス」になり,解散するまでを描いた栄光と苦悩のミュージカル。
パワフル&ソウルフルな歌唱力を持つエフィー,スーパーモデル並みのルックスのディーナ,献身的な愛に生きるローレル,辣腕プロデューサー・カーティス,ベテランアーティスト・ジェームズ,老マネージャー,若い作曲家…。ファミリーとしての結束力が,世界に立ち向かう力の源泉であったが,成功が友情や愛情に影を落とす。

黙ってサウンドを聴く以外に言葉を失う。最高のクリエーターとエンタテイナーの仕事とはこのようなものというしかない。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年3月 2日 (金)

四条南座・霧太郎天狗酒醼開幕

Nec_0509_1 2日,三月花形歌舞伎『霧太郎天狗酒醼(きりたろうてんぐのさかもり)』の幕が上がった。今日の京都は暖かく晴れとなった。あー楽しみだった。落ちついた。
当初,橋之助カルテットだったポスターもセプテットになって華やか。
写真は,開幕前から舞台上に並んでいる前説のため人形。
配役
盗賊霧太郎実は鬼一法眼/橋之助,源実朝:薬売り喜之平/愛之助,北條義時/勘太郎,傾城櫻木実は千代姫/七之助,悪禅師公曉/薪車,比企軍太夫/亀鶴,和田新左衛門/彌十郎,北條政子:母妙正/萬次郎
あらすじ(公式より)
鎌倉二代将軍・頼家の死後,その弟・実朝が後継となり,将軍になる日も近い。母・尼御台政子は源家繁栄を願っている。
ところが,天狗の妖術を使って天下を騒がす霧太郎は,天下を掌中に納めようと画策。頼家の遺児・悪禅師公暁と徒党を組み,源氏の宝である白旗と名剣鬼切丸を奪う。
一方,大磯の傾城・櫻木は比企軍太夫に言い寄られるところを,幕府の重臣・北条義時に救われる。櫻木は義時にかねての思いを告げるが…。
義時は鬼切丸を奪われた罪を問われ,勘当の身に。薬売りの喜之平は,元の主人である義時のために奔走するが,かつて霧太郎にも仕えていたことから板ばさみになり,苦悶する。霧太郎は,源義経の娘である櫻木を連れ去り,大将に仰いで鎌倉を討とうとするが,和田新左衛門の働きにより野望は阻まれる。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "四条南座・霧太郎天狗酒醼開幕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NINAGAWA十二夜 in Hakata

Hakataza200706b_handbill 美しい仮チラシがアップされている。2月博多座に行かれた方はゲットなさったのだろうか。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (6) | トラックバック (1)

フール・フォア・ラブ

Fool_love_061116 見たい芝居を見ているとそれがシリーズであったことに後で気付く。
フール・フォア・ラブを2月28日に観劇。音羽屋贔屓としては,愛ルケも見たのだから,言わんやこれは外せない。
豪華キャストの4人芝居だ。
脚本:サム・シェパード,演出:行定勲
出演:香川照之/エディ,寺島しのぶ/メイ,
甲本雅裕/マーティン,大谷亮介/老人
あらすじ
ニューメキシコのモハベ砂漠に建つモーテルに住むメイのもとへ,かつて愛し合った仲のエディがやってくる。はるばる会いに来た,逃さないというエディ。激しく反発するメイ。メイの今のボーイフレンドであるマーティンが登場し,状況は一瞬緊迫するが,二人の男は一緒に酒を飲み始める。
エディはマーティンに,「本当は俺たちは母親違いの兄妹だ」という話を始める。そして,二人の生い立ちと自分たちの母親たち,父親に言及する。
なぜか,部屋には一人の老人が…。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "フール・フォア・ラブ"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年3月 1日 (木)

NHKステラの表紙は信玄公

Hyousi_1 今週号は,市川亀次郎丈のインタビュー記事が掲載されていた。あわてて購入した♪~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »