« おおさか元気文楽義経千本桜・道行初音旅 | トップページ | 国立劇場三月歌舞伎公演「蓮絲恋慕曼荼羅」のチラシがアップ »

2007年2月 6日 (火)

住大夫さんが摂州合邦辻の抱負を語る

Nec_0456 YOMIURIONLINEで,竹本住大夫さんの二月東京公演に向けてのインタビュー記事が掲載されている。
「玉手が好きやし,(父の)合邦もかわいそう。親子の情愛や義理人情が描かれ,ええ浄瑠璃でっせ」と,作品への思いを語る。
「若い時分から,ようやらせてもろた」が,「何べんやっても迷てまんねん」と明かす。「語り出しから難しいし,(親が)玉手に意見する所は体力的にしんどい。『これでええ』いうことは,おまへんなあ」
浄瑠璃をこよなく愛し,生涯をささげておられることに頭が下る。↑昨秋現地踏査(合邦庵室)もしたし,もう少し知識を補強して聴きに行くこととする。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

|

« おおさか元気文楽義経千本桜・道行初音旅 | トップページ | 国立劇場三月歌舞伎公演「蓮絲恋慕曼荼羅」のチラシがアップ »

文楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住大夫さんが摂州合邦辻の抱負を語る:

« おおさか元気文楽義経千本桜・道行初音旅 | トップページ | 国立劇場三月歌舞伎公演「蓮絲恋慕曼荼羅」のチラシがアップ »