« みをづくし難波に咲くやこの花の | トップページ | 愛の流刑地 »

2007年1月13日 (土)

現代劇に挑戦される市川段治郎丈

AllAbot歌舞伎の最新記事に,ストレートプレイにご出演の市川段治郎丈の記事が掲載されている。インタビュアーは五十嵐晶子さん。
緻密に読み込み,一旦ぶっ壊して次に体に叩き込むプロセスの役作りをなさる方とナットクする。過激,過剰,思いが溢れる舞台を見続けたい。いや,今すぐこの舞台見たいゾ。
さて,坂東玉三郎丈との共演についても言及されておられるので,ますます次の舞台も楽しみとなっているが,平常心,平常心。縁があれば見られるという気持ちで…。

|

« みをづくし難波に咲くやこの花の | トップページ | 愛の流刑地 »

コメント

>はるきさま
うらやましー。文字どおり真剣勝負の二人芝居でしたか。また,のぞきに行きますね。

投稿: とみ | 2007年1月14日 (日) 00時46分

とみさん、今年も宜しくお願い致します。
今日拝見してきました。舞台を後ろから見る形ではありますがかぶりつきで♪ジェリーに壊されてゆく段治郎さんにハラハラし通し…なんて、ミーハーな見方をしてしまいました。すみません。
ですが、こちらの記事で段治郎さんの意気込みや視点を知って色々気付かされましたし、安堵しました。
とみさん、素敵な記事の御紹介を有難うございました。

投稿: はるき | 2007年1月13日 (土) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代劇に挑戦される市川段治郎丈:

« みをづくし難波に咲くやこの花の | トップページ | 愛の流刑地 »