« 彩の国シェイクスピア・シリーズ「お気に召すまま」再演決定! | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »

2007年1月 6日 (土)

壽初春大歌舞伎・昼の部

Nec_0377 1月2日,初日の大阪松竹座に駆け付けた。例年により昼夜通しである。←紅白餅(2日の夜食となった。)
壽初春大歌舞伎 昼の部
彦山権現誓助剱「毛谷村」
 
毛谷村六助:翫雀/微塵弾正:進之介/お幸:竹三郎/お園:扇雀
翫雀丈はお声が良い。太っ腹の好人物,騙されやすいが度量もある六助のイメージそのもので,新年の幕をさわやかに開けられた。扇雀丈はどちらかと言えば大磯の虎のような豪華な拵えがワタクシはお似合いと思っているが,女武道お園のすっきりとした拵えもなかなか。急にしおらしくなるコメディセンスも抜群。かわいそうな弥三松ちゃんは落とされてしまう。市蔵丈の斧右衛門は,悲しくもおかしい場面の芯を手堅くとられ,竹三郎丈の後室お幸が登場するときりっと舞台が締まり存在感を示された。
義太夫は葵大夫。華やかだが緊張感のある語り。

歌舞伎十八番の内「勧進帳」
 武蔵坊弁慶:團十郎/富樫左衛門:海老蔵/源義経:藤十郎
何にも申し上げることがないというのがこの舞台。暖かく舞台全てを包み込むオーラ溢れる團十郎丈の弁慶,硬質な煌めきの海老蔵の富樫,藤十郎丈らしくはんなりと美しい義経。どなたがなさっても勧進帳は良いのだが,このお三方が揃うという目出度さに酔おう。

恋飛脚大和往来 玩辞楼十二曲の内「封印切」
 亀屋忠兵衛:藤十郎/傾城梅川:秀太郎/丹波屋八右衛門:我當
 井筒屋おえん:吉弥/槌屋治右衛門:竹三郎
一転して,ドラマで魅せる上方歌舞伎が空気を変える。我當丈は,河庄の孫右衛門,近頃河原の達引の与次郎など,人情に篤いお兄ちゃんがベストアクトと信じているが,げじげじの八っつぁんもいける。しかし,「冥途の飛脚」の実は義理と友情の人・八右衛門が見え隠れしてしまうのは,先入観有りすぎというののだろうか。絶品の難儀なお人は藤十郎の忠兵衛。頼りなげなじゃらじゃらした秀太郎丈の梅川との相性は抜群で,この二人ではどないもよーせーへんやろなとナットク。それに引き替え,吉弥丈のおえんは知的で上品,且つ明瞭な台詞回し。また,竹三郎丈の治右衛門もすっきりした知的なオトコマエ。若く美しい駄目駄目カップルと大人の夫婦の対比がドラマを際立たせた。

ベストキャストの醍醐味を感じた昼の部だった。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

|

« 彩の国シェイクスピア・シリーズ「お気に召すまま」再演決定! | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>スキップさま
このめでたさが一月続くと思うとうれしくなります。
めでたいめでたいの初日から,終盤近くになるとドラマが深化しますし,また,見たくなりますね。
100歳の関寺小町目指して頑張りましょう。

投稿: とみ | 2007年1月 8日 (月) 10時07分

とみさま
「そやそや」と大きく頷きながらとみさんの観劇記を読ませていただきました。同じ日に観劇したせいか感じたことも重なることが多く、私も少しはとみさんの域の端っこに近づくことができたかしらとうれしくもなりました。(100年早いわい!というお叱りは百も承知)

投稿: スキップ | 2007年1月 8日 (月) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/13354382

この記事へのトラックバック一覧です: 壽初春大歌舞伎・昼の部:

» 壽初春大歌舞伎 [地獄ごくらくdiary]
あけましておめでとうございます。めでたい(何がめでたいのかよくわからないが)。今年も明るく前向きに、地獄もごくらくも楽しみたいと思います。2007年が皆さまにとりましてすばらしい年になりますようお祈り申しあげます。 さて、今年のエンタメ始めは東西の2大名跡 市..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 01時07分

« 彩の国シェイクスピア・シリーズ「お気に召すまま」再演決定! | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »