« 壽初春大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 文楽初春公演・第一部 »

2007年1月 6日 (土)

寿初春大歌舞伎・夜の部

2日初日。夜の部は,餅はなし。
壽初春大歌舞伎 夜の部
歌舞伎十八番の内「毛抜き」
 
粂寺弾正:海老蔵/秦民部:右之助/八剣玄蕃:家橘
 秦秀太郎:吉弥/八剣数馬:薪車/腰元巻絹:扇雀
歌舞伎十八番でおおらかな江戸歌舞伎の旋風が大阪松竹座に吹き荒れた。弾正の海老蔵丈の拵えが凄い。三升づくし,絢爛たる海老柄の裃,正に一幅の絵である。タッパはあるし,お声も大音声,悪ガキそのもののスーパーヒーローの姿は幸福感に満ちあふれる。
無敵の海老蔵丈の弾正とはいえ,上方勢も華やかに迎撃する。幕開きは,吉弥丈のええもんのお小姓・秀太郎v.s.薪車丈のわるもんの若者・数馬の立ち回り。思わず力が入るが危なげは全くなし。すんなりすっきりの秀太郎に迫るお茶目な弾正の場面もよろしい。ゴージャス系の巻絹に迫るらぶりーな弾正もしっかり笑わせていただいた。
したい放題の海老蔵丈を見て元気になろう!

仮名手本忠臣蔵「九段目山科閑居」
 戸無瀬:藤十郎/加古川本蔵:我當/大星力弥:翫雀
 小浪:扇雀/お石:秀太郎/大星由良之助:團十郎
忠臣蔵年の昨年。また,二月歌舞伎座は仮名手本忠臣蔵通しと,まだまだ忠臣蔵は健在だ。中でも九段目は,戸無瀬役者を中心に大顔合わせが出来なければあっさり飛ばされる。お正月の大阪松竹座は,この幸福が実現した。
情の加古川本蔵一家と義の大星由良之助一家のバランスも良く,小浪の扇雀丈が小柄な娘に見えるのが収穫。我當丈はええお父ちゃん,團十郎丈も温かい人柄のよき父上であるから,確執が若干早く氷塊した気がしたが,そんなもんはええんや!

上「藤娘」/下「供奴」
 藤の精:扇雀/奴駒平:翫雀
藤十郎が出てこられたかと見紛う扇雀丈の藤娘。大虎にもなられず神妙に舞っておられたのが好感度大。
何をなさっても目出度さと有難味のある翫雀丈の奴で幕が閉まる。あー楽しかった。
そういえば,なにげに扇雀丈奮闘公演になっている。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

|

« 壽初春大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 文楽初春公演・第一部 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/13354940

この記事へのトラックバック一覧です: 寿初春大歌舞伎・夜の部:

« 壽初春大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 文楽初春公演・第一部 »