« 文楽の女・お園と操 | トップページ | こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め »

2006年12月 1日 (金)

摂州合邦辻閻魔堂は脳にご利益が

Nec_0428_1摂州合邦辻閻魔堂は脳にご利益が

四天王寺界わいは浪花の信仰の地。付近には真田幸村終焉の地,一心寺,新清水寺などあり,上町台地から下寺町へ下りる西向きの坂は夕陽ケ丘の名に相応しい風情がある。七坂を散策し,料亭浮無瀬で景色を楽しむ観光スポットだったようだ。
松屋町筋と天王寺公園の交差点が浄瑠璃の舞台となった合邦辻。西方寺の閻魔堂前に玉手御前の石碑がある。病気平癒と阪神球団守護の信仰だけでなく,脳の健康にも良いようでご利益てんこ盛りだ。

|

« 文楽の女・お園と操 | トップページ | こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め »

文楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摂州合邦辻閻魔堂は脳にご利益が:

« 文楽の女・お園と操 | トップページ | こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め »