« 坂東玉三郎丈が国立小劇場で新作歌舞伎を演出・出演 | トップページ | 南座顔見世十八代中村勘三郎襲名披露 »

2006年12月16日 (土)

犬神家の一族

初日駆け付けた!
犬神家の一族
監督:市川崑
出演:石坂浩二,松嶋菜々子,尾上菊之助,富司純子ほか
昭和22年。製薬で莫大な財を成した信州の犬神佐兵衛は謎の遺言状を残して永眠した。遺言状には,恩人の娘・珠代(松嶋菜々子)に,犬神家の腹違いの3人の娘の息子の一人と結婚することを条件に,全財産を譲るとあった。遺言状を作成した弁護士の助手は,密かに名探偵金田一耕助(石坂浩二)に,犯罪を未然に防いで欲しいという依頼をするが,あっけなく殺害された。程なく,事件の鍵を握る男が,長女松子(富司純子)の子息佐清(尾上菊之助)と名乗り復員してきた。その男は南方戦線で顔を負傷し,不気味な仮面をかぶっていた。

尾上菊之助丈はお声が良いのでどのようなお姿でも分かってしまう。勿論,復員兵の拵えでもキラキラ光っておられる。白い仮面は,十二夜の吹き替えを思い出させてくれる。御母堂様もお綺麗。

|

« 坂東玉三郎丈が国立小劇場で新作歌舞伎を演出・出演 | トップページ | 南座顔見世十八代中村勘三郎襲名披露 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>藤十郎さま
何のブログか分からない雑食系でございますが,芝居浄瑠璃玉菊マンカスと申し上げれば当たってます。
で,菊&音羽屋です。佐清さんに見とれ聞き惚れているうちに終わっていました。アガサクリスティーの本格ミステリーの舞台のような感じで,芝居好きには大満足でした。
たたりじゃ~という八つ墓村は大人気だった記憶ありますが,犬神家も人気あったのですね。
ところで,「ひばり山姫捨松」中将姫雪責めの段を拝見したこと無いのですが,平成15年1月公演でかかっていると気が付きました。中将姫伝説の世界が気になってエントリ書きましたが,また,お教え下さいませ。

投稿: とみ | 2006年12月19日 (火) 23時36分

そうですよね、このブログではやはり菊之助とお母上に注目するんですよね。
つい主演女優さんはどうだったんだろう、ってそっちを考えてしまいます。
前作のあおい輝彦さんは特に強い印象がありません。
覚えてるのは島田陽子さん、岸田今日子さん、高峰三枝子さん、坂口良子さんらの女優陣が多いです。ただ、島田さんはちょっと体格が大き過ぎました。
男優では三国連太郎さん、小沢栄太郎さん、加藤武さん。
あ、石坂さんも。

投稿: 藤十郎 | 2006年12月19日 (火) 19時51分

>noppyさま
長生きはしていますが30年前は日本映画見ていなかったような…。横溝先生の作品は大人気でした。
菊之助丈のご不在は長く寂しかったですが,何だかホッとしました。

投稿: とみ | 2006年12月18日 (月) 00時10分

>悠さま
ご母堂さまは貫禄おありでした。なんといっても,犬神家本家の総領らしい気品があられます。三姉妹怖かったです。

投稿: とみ | 2006年12月17日 (日) 23時59分

>はるきさま
尾上菊之助丈あっての企画と思われます。30年前にはお生まれではなかった。監督も長生きしないといけません。勿論観客も長生きしなくては…。

投稿: とみ | 2006年12月17日 (日) 23時56分

ハローとみさま
音羽屋母子は揃って姿勢が良かったですよね...
確かに復員兵の格好でも気品があったなー素敵だったなー。
もう一回観たい...とか思っちゃいました。
とみ様は前作はご覧になったのでしょうか?
あおい輝彦(でしたっけ?)とちょっと比べてみたいデス。

投稿: noppy | 2006年12月17日 (日) 22時36分

お母様の貫禄ぶりがすごかったの一言につきます。もう、音羽屋って、声かけたいくらいでしたよ(^^ゞ。
奈々子さんに、息子との結婚をせまるときの、声の大小、つめ開き、ほんとよかったですわ。煙草をすうときの貫禄、もう御母堂か、kaori姉さん(sayuri)を超えてますね\(~o~)/。
私も、初日駆けつけ組です(笑)ブログは書き込み日で表示してますけど。

投稿: 悠 | 2006年12月17日 (日) 21時51分

とみさん、こんにちは。
私も初日に見て、大感激です!ネタバレだらけなのでTBはしませんが、女形の時と変わらぬ菊之助君の高雅さには溜息のつき通しでした。シンデレラのように、みすぼらしい姿でもきらきらしていましたよね。仮面をとって目を剥いたふてぶてしい姿も、自雷也を思い出させる男の色気があって。「よきこときく」ですもの、やっぱり音羽屋さんに御登場戴かなくっては。勿論お母様も良かった!!
京極堂シリーズの映画化も、市川崑さんにお願いしたくなってしまいました。

金田一耕助は石坂浩二さんできまりですね♪

投稿: はるき | 2006年12月17日 (日) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の一族:

» 2006-12-17映画 [こ・と・ば・言葉]
「犬神家の一族」リメイク版ですが、もとの映画をみたことがなく、本も読んだことがな [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 21時52分

« 坂東玉三郎丈が国立小劇場で新作歌舞伎を演出・出演 | トップページ | 南座顔見世十八代中村勘三郎襲名披露 »