« こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め | トップページ | 美術館「えき」KYOTOで勘三郎丈の襲名記念展 »

2006年12月 2日 (土)

ウィンターソング

ウィンターソング 如果愛/Perhaps Love
監督:ピーター・チャン
出演:金城武,ジョウ・シュン,ジャッキー・チュン,チ・ジニ
香港の俳優・見東と中国の女優・孫納は,ミュージカル映画の主演として上海で運命の再会をした。10年前,映画監督を目指す見東と女優を夢見る孫納は北京で若い愛を育んだが,仕事欲しさに孫が去り,見東は失意の10年を送っていたのだった。現在の孫は監督・轟文の恋人となっている。
映画は,古い上海の曲馬団を世界に,団長,花形芸人とかつての恋人のラブトライアングルという,現実を仮託したかのようなプロットだった。二人の愛は,撮影と平行して甦り,三者三様の愛の着地点は何処へ…。

ミュージカル仕立ての華やかなラブストーリーに見えるが,愛の物語は,残酷で身勝手で思いこみのきつさにリアリティがある。悪くない。タイトルがそのことをしっかり物語っているが,邦題はロマンチックだ。
バリバリのオペラ座の怪人に,夢から醒めた夢,エビータ,ムーランルージュも見え隠れ…。メロディーラインも分かりやすく,J.チュンさんがJ.バトラー並みの美声を披露。ミュージカル好きにはよし。

|

« こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め | トップページ | 美術館「えき」KYOTOで勘三郎丈の襲名記念展 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>あさこさま
怒り狂う映画ありますね。うなだれる映画も…。誤解で別れた恋人どおしが,いまわの際に誤解が解ける物語など脚本家永久追放したくなります。
ムーランルージュと夜半歌声に最も近いでしょうか。現在と過去が瞬時にフラッシュバックするのは映像ならではの技術。舞台だとそうはいきません。あさこさまの記述を読まないとミュージカルということが分からず,見落とすところでした。
今日10日は,トーチソングトリロジーです。硫黄島も行かないと…。先週は,日付変わっての労働が続き,土曜は脳が溶けてました。

投稿: とみ | 2006年12月10日 (日) 07時57分

とみさま、こんばんは!
コメントありがとうございます。ご覧になってくれたのですね(感涙)。
見る人によってはかなり微妙な映画だと思うのですが
満足していただいたようで安心しました。
レスリーの「夜半歌声」をご存知なのですか?さすがです。
TBさせていただきました。

投稿: あさこ | 2006年12月 9日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンターソング:

» ウィンター・ソング [とっさの絵日記]
時間が許せばもう一回劇場で見たいです。やっぱりピーター・チャンはいいなぁと心か [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 21時46分

« こゝから視れば長屋だが,…大阪城天守の眺め | トップページ | 美術館「えき」KYOTOで勘三郎丈の襲名記念展 »