« 京都市交響楽団第494回定期演奏会 | トップページ | 雑誌「上方芸能」とはこんなもん »

2006年11月14日 (火)

上方芸能と文化・木津川計著

上方芸能と文化
木津川 計著
日本放送出版協会 (2006.3)
通常2-3日以内に発送します。

上方文化のエリア別特質と,都市史に係る私的考察を書いて見ようかと思い立ち,まずは木津川先生から読み始めた。
雑誌「上方文化」といえば,文楽研究家・藤十郎師も執筆されている老舗の雑誌である。
千里・宝塚文化圏という阪急電鉄が形成した文化と,中心市街地の文化は一見対立するようで一人の人間のライフスタイルを矛盾無く彩る。

(事務連絡)藤十郎センセ,上方比較文化論も師事させてくださいませ~。

|

« 京都市交響楽団第494回定期演奏会 | トップページ | 雑誌「上方芸能」とはこんなもん »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>藤十郎さま
森西真弓センセ,あこがれます。
情報は発信してこそ集まるもの。西へ東へ大忙しの先生のようですが,東京でしっかり発信していただきたいものです。

投稿: とみ | 2006年11月16日 (木) 21時11分

>ぴかちゅうさま
楽しげな貴宅にお邪魔しながら,遠征の目処(地元でも目処立ってませんが…。)も立たずロムしていました。
>渡辺保先生の十文字学園での特別講座に申し込みました
おー,本格的ですね。たぶん,ワタクシは事例が少ないうえ,記号としての型を見抜く目もありませんので,お話についてゆけそうにないですが,ゴールドのぴか様,ぜひ,しっかり拝聴いただき詳報お願いします。
ご本早速図書館にリクエストします。

投稿: とみ | 2006年11月16日 (木) 20時52分

これは私個人の思いですが、治兵衛、忠兵衛らのような二枚目になりたいという夢はないのです。というか、なりたくはないのです。
ただ、ああいう人間の弱さを自分が持っていることを思い知らされるので、近松作品はひしひしと身にしみるものがあります。
『上方芸能』は私と同世代の森西真弓さんが今は編集長。彼女は玉男師匠とも親しく、国立劇場の上演資料集で長らく玉男師匠の芸談の聞き役になっていらっしゃいました。
今は朝日舞台芸術賞の審査員にもなっており、上方芸能だけでなく舞台芸術全般に目を光らせているコワイ(ウソ、やさしいです)お姉さんです。

投稿: 藤十郎 | 2006年11月16日 (木) 09時04分

木津川計さんが編集長だったはずの「上方文化」の編集長として確か女性の方が紹介されていたのを先日TVで見て、「代替わりされたんだなぁ。それにしても木津川さんはお元気かしら」と気にしていたところでしたので、こちらの記事を読んで嬉しかったです。大阪にいた頃にこの雑誌を手にとる機会があればよかったんですけれどね。
さて、今度の土曜日に渡辺保先生の十文字学園での特別講座に申し込みました。yukari57さんの強いおすすめがあったのです。今ちょうど『歌舞伎 記号の森』を奥村書店で見つけて読んでいるのでお話もより頭に入りやすいはずです。大学の教室で話を聞くなんて何年ぶりだろうと考えて遠い目になる私でした(^^ゞ

投稿: ぴかちゅう | 2006年11月16日 (木) 01時34分

>藤十郎さま
重ねてのコメントありがとうございます。ご執筆の最新号ゲット致します。
網島は近松の最高傑作です。しっかしです。リアリティありすぎて子供心に,そやそや大坂の男はんはみんなこんなもんと思うてしまいました(爆)。即ち,玄人女性に入れあげる,お商売や金策は女房任せ,妻子を顧みない,簡単に自殺する。上方芸能の男主人公(亀忠,与兵衛,紙治,伊左衛門)は,男はんの夢やったんかもしれません。一見すぐ叶いそうな危うい夢ですね。

投稿: とみ | 2006年11月15日 (水) 21時45分

>mayaribeさま
展示室も見応えありますよ。充分時間をとって行きたいです。この本は悲観に陥らず中華思想に凝り固まらずエエ感じです。昼の紙治は人気でなかなか良席が確保できませんでした。伊賀越え,きっと昼の部になるのを待ってたくさん入場なさることでしょう。日曜の夜の予定ですが,昼も行っているかも…。

投稿: とみ | 2006年11月15日 (水) 21時22分

上方芸能は162号が出ましたが、劇場には入ったかな?
英大夫さんの記事、寛治さんにまつわるお話なども出ています。
昼間は耳の具合が悪くて行けないため、すべて夜の部に行くという事情で、まだ網島には行ってないんです。
でも、いよいよ明日からです。

投稿: 藤十郎 | 2006年11月15日 (水) 19時09分

初めて文楽劇場に行った時に、展示室の奥で「上方芸能」を発見し、思わず読みふけってしまいました。
特に藤十郎さんのところを…。
今週末文楽劇場に行くので、上方芸能も拝読しようと思っているところでした。
こちらの本も気になる…。
往復の友にしようかしら。
ご紹介有難うございます。

投稿: mayaribe | 2006年11月15日 (水) 09時50分

>藤十郎さま
「上方芸能」に触発されたエントリですので,この読後感で正しいのか自信が持てず,トラバさせていただきましたっ!
むずかしことより,はよ心中天網島みな~。

投稿: とみ | 2006年11月14日 (火) 21時48分

だ、誰が、だ、誰に師事するんですか???
私はむずかしことわかりまへん~~。

投稿: 藤十郎 | 2006年11月14日 (火) 21時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上方芸能と文化・木津川計著:

« 京都市交響楽団第494回定期演奏会 | トップページ | 雑誌「上方芸能」とはこんなもん »