« 京鹿子娘二人道成寺がシネマ歌舞伎に! | トップページ | 船場言葉で文字アート・北船場くらぶの取組 »

2006年11月 5日 (日)

大阪文楽観劇会・国立文楽劇場

P1010601 11月15日(日),株式会社イヤホンガイド主催の文楽鑑賞会に参加した。国立文楽劇場夜の部伊賀越双六道中・紅葉狩の上演前に,吉田幸助さんの文楽人形のネタバレ実演とバックステージツアーが付いたもの。イヤホンガイド解説者の高木秀樹さんのお話もあった。左遣いは吉田玉勢さん,足遣いは吉田玉誉さん。石橋から飛んだお三方。今日は滅多にない女形で。ウフフ…オホホ…。ちゃんと書かんかい(``)/゙オマイナァ!!

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

Nec_0412 吉田玉男師匠がご逝去されて初めての本拠地公演となる。プログラムには,技芸員さんの人形の部のトップに空白があり,追悼記事が掲載されているので,ああそうなんだと思わずにはいられない。
舞台はこんな感じ。予想より大きく,人形の身長は140cmなので,子供歌舞伎に丁度よい大きさ。

|

« 京鹿子娘二人道成寺がシネマ歌舞伎に! | トップページ | 船場言葉で文字アート・北船場くらぶの取組 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

>おりんさま
まー,そーだったのですか。楽しかったですね。幸助さん元より明るく楽しそうな方と思っておりましたが,人形のとおりの方でしたね。
連獅子で,プライドロックから飛んだシンバに「お前こそ王になる~。」と心の中で歌ってました(ちょっと演目が違うようですが…。)。

投稿: とみ | 2006年12月26日 (火) 12時28分

いまさらながらですが、私も参加していました。
あの会議室の中にとみ様もいらっしゃったのですね~

1月も参加しますがとみ様は参加されますか?

投稿: おりん | 2006年12月26日 (火) 02時09分

>じゅんじゅんさま
はじめまして。ようこそ拙宅に。
人形のお三方は固定ではなく演目によって組み替えられるのですね。お顔が見えないのとプログラムに書かれていないので,なかなか頭に入りません。もし,完全版の情報の入手先があればありがたいです。
昔から使ってましたは,ジョークであられましたか(爆)。
はい,しっかり拍手しました。杵造さん,子獅子など印象的なお役が続きます。応援します!

投稿: とみ | 2006年11月 8日 (水) 08時01分

石橋から飛んだ!のは、多分幸助さんを除いては違うお二人だったかと。。。?子獅子も汗だくだったけれど、青いハンカチは使ってなかったかも?うふふ!
今月は、杵造と、後の捕り手頭とのギャップが面白いですね!幸助がんばれ~!

投稿: じゅんじゅん | 2006年11月 8日 (水) 07時22分

>mayaribeさま
携帯ではなくデジカメですからちゃんと写ってます。楽屋は撮影禁止でした。このあと,団子売りの杵造で本舞台にご登場です。しっかり拍手しました。
ハンカチ王子は健在でした。昔からご愛用とか…。

投稿: とみ | 2006年11月 6日 (月) 21時58分

わーこのレポを待っていました!(笑)
この画像、楽しませていただいても良いでしょうか…。(笑)
幸助さんはメガネなのですね。青いハンカチは持ってませんでしたか?

>ウフフ…オホホ…。ちゃんと書かんかい(``)/゙オマイナァ!!

この文章で十分に興奮ぶりが伝わって参ります。(笑)

投稿: mayaribe | 2006年11月 6日 (月) 20時12分

>ゆきよさま
清志郎さんの三味線セミナー付き…。気になります。今日は清二郎さんの三味線が熱かったです。火を噴いておられました。

投稿: とみ | 2006年11月 5日 (日) 23時58分

とみさま 
こんばんは。
イヤホンガイドさん主催ですか。こういう鑑賞会があるのですね。実は私も、セミナー付きの鑑賞会に参加する予定です。三味線セミナーで講師は鶴澤清志郎さんなので、とても楽しみにしています♪

投稿: ゆきよ | 2006年11月 5日 (日) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪文楽観劇会・国立文楽劇場:

« 京鹿子娘二人道成寺がシネマ歌舞伎に! | トップページ | 船場言葉で文字アート・北船場くらぶの取組 »