« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

明日から芝さんがマンカス

標題とおり。ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪
福井さんはラム・タム・タガー続投。
(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗
ジェームズ・ブラッドリー著 / ロン・パワーズ著 / 大島 英美訳
イースト・プレス (2006.10)
通常1-3週間以内に発送します。

父親たちの星条旗 FLAGS OF OUR FATHERS
監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ,ジェシー・ブラッドフォード ,アダム・ビーチ
一枚の写真が戦局を変えた。戦場に星条旗を打ち立てる米軍兵士たち。それは遠い本国に長期化した戦争の終焉に期待を持たせるものであった。激戦の硫黄島で,日米の兵士たちの命が失われた。それぞれの立場で一つの戦を描くC・イーストウッド監督の二部作の前編は米国側から…。
勝利のシンボルともいうべきこの写真の真実とは…。本当の英雄的行動とは…。偶然,英雄に祀り上げられた3人のアメリカ兵たちどのような戦中戦後を生きたのか。

続きを読む "父親たちの星条旗"

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2006年10月27日 (金)

平幹二朗氏のオセロ

YOMIURI ON LINEに平幹二朗丈演出・出演の「オセロ」の記事が掲載されている。
11月2日~8日まで,東京グローブ座で上演される。共演は,デスデモナに三田和代さんをはじめ,勝部演之さん,榛名由梨さん,坂本長利さん西山水木さんら。イアーゴー役は子息の平岳大さんとなっている。
全国公演まで待てるか?

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

「蔦模様血染御書」の上演台本と錦絵

大阪松竹座・十月花形歌舞伎「染模様恩愛御書」は,大盛況のうちに明日千穐楽を迎える。一足早くマイ千穐楽を済ませてしまった。エントリも書いた。気になっていた小ネタで締めくくる。
舞台写真入りの筋書きを拝見して驚いた。百年ぶり幻の血達磨狂言の復活とあったが,「蔦模様血染御書」は実はたいへんな人気狂言で,昭和10年まで上演が続いていたようだ。その前身となる作品は18世紀初頭に遡るとか。国会電子図書館に上演台本も残されている。プリントすれば充分読める。錦絵も電子アーカイブに保存されていて,三枚組のものなど合成してみるとなかなか興味深い。
本題,ブラボーな奥方様の防災頭巾が画像として残されている\(^O^)/。そーだったのか。
切腹の場の演出は元台本にはなく,新演出だった(^O^)!やはり!
All Aboutの五十嵐さんのサイトに江戸時代の記録も含め詳しい~記事が掲載されている。嵌られたようだ。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "「蔦模様血染御書」の上演台本と錦絵"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

「染模様恩愛御書・細川の男敵討」ボーイミーツボーイ!

大阪松竹座十月花形歌舞伎
通し狂言 染模様恩愛御書 細川の男敵討
(そめもようちゅうぎのごしゅいん ほそかわのかたきうち)

10月22日(日)夜の部を拝見した。
作:三世河竹新七,脚本:今井豊茂脚本,演出:奈河彰輔
配役 大川友右衛門/染五郎,横山図書:猿弥,腰元あざみ/春猿,細川越中守/段治郎,印南十内・堀尾帯刀/薪車,一ノ瀬九郎右衛門/寿猿,数馬母お民・細川奥方照葉:吉弥,印南数馬/愛之助

会津藩の剣術指南役横山図書が,朋輩の印南十内を刺殺し,妻の不義相手に仕立てあげたうえ逐電するところから物語は始まる。
10年後,十内の忘れ形見数馬は美しい少年に成長し,細川家に小姓として取り立てられていた。浅草寺に参詣していた数馬は,杜若咲き誇る境内で,凛々しい青年武士大川友右衛門と運命的な出会いをする。一目で恋におちた二人。友右衛門は武士の身分を捨て,数馬を慕って中間として細川屋敷に奉公し,その思いを遂げる。二人は義兄弟の契りを結び,友右衛門は数馬の仇討ちの助太刀を誓うが思わぬ男敵が出現する。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "「染模様恩愛御書・細川の男敵討」ボーイミーツボーイ!"

| | コメント (11) | トラックバック (4)

京都劇場で「クレイジー・フォー・ユー」が開幕。早く見たい!

ボーイミーツガールの王道ミュージカル「クレージー・フォー・ユー」が劇団四季京都劇場で21日(土)に開幕した。先発ボビーは加藤敬二さん。よい席で見たい!
明日から,福井さんは順当にラム・タム・タガーで五反田へ復帰。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

宝塚雪組公演「堕天使の涙・タランテラ!」マイ千穐楽

宝塚雪組公演 「堕天使の涙&タランテラ!」21日(土)夜の部を拝見した。二度目でマイ千穐楽である。
前回は主演コンビのデュエットダンスに只々魅了されているだけであったが,こんな朝海さんと舞風さんを見たいという観客の願望を忠実に具現化した作品をトータルに楽しませて頂いた。
堕天使の涙!今回は台詞を捨てた(笑)。舞踊劇として鑑賞すると,見えなかった主題が鮮やかに浮かび上がる。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "宝塚雪組公演「堕天使の涙・タランテラ!」マイ千穐楽"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

琵琶湖一周新快速の輪が今日から

0541409_l 今日からJR西日本北陸線・湖西線がダイヤ改正され,敦賀まで新快速が直通で乗り入れる。これで,琵琶湖一周が新快速で可能となった。
結節点となる近江塩津はなかなか風情のある駅舎が保全されている。
青春18きっぷの使用開始日が待たれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪組・水夏希さん主演公演は名古屋から

宝塚歌劇公式ページに,名古屋市・中日劇場の来年二月雪組公演の演目解説がアップされている(星影の人,Joyfull!)。
柴田侑宏さん作・演出の「星影の人」は,1976年,汀夏子さん主演により雪組で上演され,好評を博した日本物の名作の初の再演とある。当時の新進の作家さんが今も重鎮として健在というところが伝統を感じさせてくれる。学習,学習…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

十二月大歌舞伎・歌舞伎座

前後するが,歌舞伎座十二月の演目及び配役が発表になっていた。
昼の部
八重桐廓噺
八重桐/菊之助
忍夜恋曲者・将門
如月・滝夜叉姫/時蔵,光圀/松緑
芝浜革財布
政五郎/菊五郎,おたつ/魁春,おかね/東蔵,梅吉/彦三郎,大家/田之助
勢獅子
鳶頭/梅玉,松緑,芸者/雀右衛門
夜の部
神霊矢口渡
頓兵衛/富十郎,お舟/菊之助
出刃打お玉
お玉/菊五郎,おろく/時蔵,広円和尚/田之助,増田正蔵/梅玉
紅葉狩・新歌舞伎十八番の内
更科姫・鬼女/海老蔵,平維茂/松緑

人間国宝,中堅,花形とバランスのよい座組に,スペクタクル&ヒューマニティ双方満喫のラインアップ。菊之助丈,時蔵丈,海老蔵丈が美女から鬼女に!

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

壽初春大歌舞伎・大阪松竹座

松竹公式ページが上品にリニューアル。壽初春大歌舞伎・大阪松竹座の演目も発
表されている。
昼の部
彦山権現誓助剣・毛谷村
毛谷村六助/翫雀,微塵弾正/進之介,娘お園/扇雀
勧進帳
武蔵坊弁慶/團十郎,富樫左衛門/海老蔵,源義経/藤十郎
恋飛脚大和往来・封印切
忠兵衛/藤十郎,梅川/秀太郎,八右衛門/我當
夜の部
粂寺弾正/海老蔵,腰元巻絹/扇雀
仮名手本忠臣蔵九段目・山科閑居
戸無瀬/藤十郎,加古川本蔵/我當,大星力弥/翫雀,
小浪/扇雀,お石/秀太郎,大星由良之助/團十郎
藤娘・供奴
藤の精/扇雀,奴駒平/翫雀

手堅い演目が並ぶ。何気に扇雀丈奮闘公演になっているかも。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LAコンフィデンシャル

LAコンフィデンシャル 上
ジェイムズ・エルロイ著 / 小林 宏明訳
文芸春秋 (1997.11)
この本は現在お取り扱いできません。

続きを読む "LAコンフィデンシャル"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月16日 (月)

ブラック・ダリア

Benikazaguruma3 ブラック・ダリア The Black Dahlia
監督:ブライアン・デ・パルマ,原作:ジェームス・エルロイ
出演:ジョシュ・ハートネット,スカーレット・ヨハンソン,ヒラリー・スワンク,アーロン・エッカート
第二次世界大戦直後のロサンゼルス。ロス市警のリーとバッキーは,元ボクシングの好敵手で今は相棒同士。「ファイアー&アイス」というスター捜査官だった。リーの恋人ケイとバッキーの3人は微妙な均衡の友情に結ばれていた。
1947年,二人は凶悪強盗犯を追っていたが,ダウンタウンの空き地で,若い女の猟奇死体が見つかり,ロス市警の威信に賭けて二人はその担当に配属される。黒髪に黒いドレス,スターを夢見て欲望の餌食となったその娘は「ブラック・ダリア」と呼ばれる。やがて,捜査線上にダリアと瓜二つの大富豪の娘が浮かぶ。ダリア事件に異常にのめりこむリー。忌まわしい過去を恐れるケイ。ロスの闇に巣食う巨悪は3人の運命を狂わせる。

続きを読む "ブラック・ダリア"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年10月15日 (日)

曾根崎心中「上方文化講座」

曾根崎心中
曾根崎心中
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.15
大阪市立大学文学研究科「上方文化講座」企画委員会編
和泉書院 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

文楽界の名手と大阪市立大学による初のコラボレーション。人間国宝・竹本住大夫をはじめ,竹本津駒大夫,鶴沢清介,桐竹勘十郎が芸の奥義を語る。切り口が多角的で楽しめる構成となっている。曾根崎は,演劇史的レボリューション且つ恋愛史上のクーデターだったようだ。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさか・元気・文楽公演で「生写朝顔話」笑い薬の段付き。笑いが止まらない。

真ん中な日々のまこさまに教えてもらった速報。財団法人文楽協会野澤錦糸さんのサイトに,来年の三月までのスケジュールが公表されている。
「笑い薬の段」を住大夫の語りと蓑助さんの祐仙で!
笑いが止まらなくなった!

博多座,地方公演,日高川公演の情報も!
おおさか・元気・文楽公演
2007年2月2日(金)・3日(土) 於 NHK大阪ホール
第一部  2日午前10時開演,3日午前11時開演
 文楽へのご招待
 義経千本桜
  道行初音の旅/河面法眼館の段
第二部  2日午後7時開演,3日午後2時半開演
 文楽へのご招待
 生写朝顔話
  笑い薬の段/宿屋の段/大井川の段

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "おおさか・元気・文楽公演で「生写朝顔話」笑い薬の段付き。笑いが止まらない。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

今更ながら「籠釣瓶花街酔醒」秀山祭九月大歌舞伎

Nec_0356_1 秀山祭眼目の籠釣瓶!誓って染五郎丈だけを見ていたわけでない。
籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)
佐野次郎左衛門/吉右衛門,八ツ橋/福助, 立花屋長兵衛/幸四郎
下男治六/歌昇,繁山栄之丞/梅玉,立花屋女房おきつ/東蔵,
釣鐘権八,芦燕,九重/芝雀,七越/高麗蔵,初菊/宗之助

田舎商人の次郎左衛門は,下男治六と吉原見物をしていたところ,親切な揚屋の亭主立花屋長兵衛に,早々に宿に帰った方が身のためと諭されていた。折悪しく全盛の傾城・兵庫屋八ツ橋の道中とすれ違う。見惚れる呆け顔に,八ツ橋は何を思ったか,にっこり微笑んでしまった。
数ヶ月後,治郎左衛門は八ツ橋に通い詰め,金離れの良いお大尽として,立花屋では下へも置かぬ扱いとなり,身請け話もまとまろうとしていた。好事魔多し。了見の良くない八ツ橋の後見人権八の画策で,間夫栄之丞の知るところとなり,八ツ橋は身請け話を断念する。立花屋座敷の満座の中で,愛想づかしをする八ツ橋。恥辱,絶望,憤怒にかられる治郎左衛門であったが,激昂する治六を諫め静かに郷里に戻る。
さらに4箇月後,何事もなかったように,治郎左衛門が立花屋を訪れるが…。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "今更ながら「籠釣瓶花街酔醒」秀山祭九月大歌舞伎"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

今更ながら「鬼一法眼三略巻」秀山祭九月大歌舞伎

Nec_0355 染五郎丈の若衆姿は,引き締まったフェイスとスレンダーなプロポーションで徒者ではない少年の風情が漂う。と,考えていたら,エントリ書かなければと思い立つ(染五郎丈以外考えることないんかと突っ込みを入れられそうだが,否定はしない。)。
鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき・菊畑)
智恵内 実は鬼三太/幸四郎,虎蔵 実は牛若丸/染五郎
鬼一法眼/左團次,皆鶴姫/芝雀,笠原湛海/歌六

鬼一,鬼次郎,鬼三太という吉岡三兄弟が源平に分かたれての苦悩を描く,「鬼一法眼三略巻」は,四段目の「一条大蔵譚」が人気で,これはその三段目だ。繻子奴の智恵内,若衆の虎蔵,赤姫の皆鶴姫,鬼一首,端敵と丸本歌舞伎味溢れる浄瑠璃狂言である。
平家の世。幼い頃に生き別れとなった吉岡兄弟の長兄鬼一法眼と末弟の鬼三太は,平家に仕える兵法学者と,主君・牛若丸と共に兵法書を奪おうと潜入している奴という敵どおしとなっている。虎蔵と皆鶴姫は恋仲で,湛海が横恋慕というのもお約束。
やつし,巻物の奪い合い,もどり,主君の打擲,恋の馴れ初めに絡む恋敵と,名作のコラージュであれやこれや(?)あって絵面引っ張りの見得となり幕。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "今更ながら「鬼一法眼三略巻」秀山祭九月大歌舞伎"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月13日 (金)

今頃夕顔が咲くのだろうか?

Nec_0353_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら「鬼揃紅葉狩」秀山祭九月大歌舞伎

Nec_0354 染五郎丈の写真を眺めていて,急に書きたくなった。観劇したのは,9月21日(木)夜のこと。購入したお写真と絵看板が同じ構図だった。
萩原雪夫さん作,今井豊茂さんの補綴

鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)

 更科の前実は戸隠山の鬼女/染五郎
 従者雪郎太/松江,月郎太/種太郎
 男山八幡の末社/廣太郎/廣松/隼人
 侍女かえで/高麗蔵,ぬるで/吉弥,もみじ/吉之助,かつら/宗之助
 平維茂/信二郎

平維茂一行が戸隠山で紅葉狩を楽しんでいたところ,麗しい上臈とその侍女たちに行き逢う。女たちに酒宴に誘われた維茂は,手も無く眠らされる。女たちが引っ込んだところへ,男山八幡の少年神が現れ,起こしてもらったうえ,妖魔を斃す刀を授かる。
女たちは戸隠山の鬼女の正体を現し,維茂一行と大立ち廻りとなる。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "今更ながら「鬼揃紅葉狩」秀山祭九月大歌舞伎"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年10月11日 (水)

2007年3月南座花形歌舞伎の出演者

2007年3月,南座花形歌舞伎の出演者が公式に発表になっている。演目は未定。座頭は中村橋之助丈で,愛之助丈,勘太郎丈,七之助丈の4方のようだ。

続きを読む "2007年3月南座花形歌舞伎の出演者"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

鹿鳴館 in Kyoto 千穐楽

10月9日(月),鹿鳴館・京都千穐楽を観劇した。
キャストは変更無し。いよいよ西征から折り返す。

楽日は影山朝子さんと清原永之輔さんの熱愛ぶりに尽きる。
三島さんは,二十年会わなかった熟年男女が,心の底から愛し合い信頼し合っていたという化け物が成せる業を,あたかも真実であるかのように言語で紡ぎ出す。

「母であることを忘れたころから,私はもう一度女になりました。浅ましいとお思いでしょうね。そのころから日毎に月毎に…。」ドカーン「えっ」,「月毎に年毎にだんだん深くお父様をお慕いして,忘れることができなくなりました。」
「あなたの髪,…この黒い髪,会わないでいた二十年の間というもの,夜の闇が夜毎に染めて,ますます黒く,ますます長く,ますますつややかになったこの髪…。」

対になっているこの台詞に,深まる愛が表現されている。こんな恥ずかしい台詞を真実として言えるのは宝塚歌劇では轟悠さん,劇団四季では広瀬明雄さん,歌舞伎では(獅子丸推薦の)中村吉右衛門丈であろう。お三方とも硬派である。逆説的であるが,武ばった益荒男ほど歯の浮くような甘い台詞が似合う。思い続けた甲斐があったと納得の格好良さ。広瀬さんは,志と高潔さが少年のように輝かせて…という三島さんの描写を絵姿として見せてくれる。
野村さんは,恋する女になっておられた分,生き生きと我が儘に自在に振る舞っておられた。朝子はこうでなくては…。
心配された日下さんは無難に演じておられたが,いぎたない亭主以上の存在ではないのでトライアングルの均衡が崩れ残念だ。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "鹿鳴館 in Kyoto 千穐楽"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月 9日 (月)

姉エレクトラ運そこそこ(BlogPet)

獅子丸が占ってあげるね。

今日は「姉エレクトラ運そこそこ」だよ。

亀治郎さんには,姉エレクトラさんの語りがよく似合いますよね。


*このエントリの獅子丸占いは、BlogPet(ブログペット)の「獅子丸」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オレステス

Img113 蜷川さんのギリシャ悲劇の最新作「オレステス」がやっと大阪に!
8日,昼の部を観劇してきた。
以下敬称略
原作:エウリピデス,翻訳:山形治江,演出:蜷川幸雄
美術:中越司,照明:原田保,衣装:小峰リリー
出演:オレステス/藤原竜也,エレクトラ/中嶋朋子,ピュラデス/北村有起哉,メネラオス/吉田鋼太郎,ヘレネ/香寿たつき,アポロン/寺泉憲,テュンダレオス/瑳川哲朗,コロス/市川夏江他
物語の背景
ゼウスとレダの娘,絶世の美女・スパルタ王妃ヘレネの駆け落ち騒動に端を発したトロイア戦争は,10余年に及ぶ戦闘の末,ギリシャ軍の大勝利に終結し,トロイアは消滅した。しかし,凱旋したギリシャ連合軍の各国の戦後も,愛欲と殺戮の連鎖に混迷していた。
ミュケナイのアトレウス王家では,ギリシャ軍総大将のアガメムノン王が王妃クリュタイムネストラと愛人のアイギュストスに惨殺された。その数年後,帰国した子息オレステスは,アポロンの神託を力に,姉エレクトラ及び親友ピュラデスと共謀し,夫殺しの実母を殺し,父の仇討ちを果たした。物語はその6日後に始まる。
あらすじ
オレステスは復讐の女神たちに呪われ,正気と錯乱を繰り返して衰弱し,アルゴス人たちは,父の仇討ちの正当性を認めず,姉弟を処刑しようとしていた。必死に看護する姉エレクトラ。エレクトラの怒りを逆撫でするヘレネ。
絶体絶命の姉弟は,帰国したスパルタ王・叔父のメネラオスと祖父テュンダレオスに,助命を懇願するが,祖父には一蹴され,優柔不断の叔父には背を向けられる。
そんな中,親友ピュラデスが駆け付け,公開裁判で弁明するが,二人の死刑は決定してしまう。
ピュラデスは,進退窮まった姉弟に,起死回生の計画を提案する。諸悪の根元ヘレネを殺し市民の賛同を得,娘ヘルミオネを人質に助命と復権を要求し,叶わなければ,王城に火を放ち全てを焼くというものである。
3人は計画を実行し,大混乱となるが,神アポロンが現れる。

にほんブログ村 トラコミュ 演出家 蜷川幸雄へ
演出家 蜷川幸雄

続きを読む "オレステス"

| | コメント (30) | トラックバック (10)

2006年10月 7日 (土)

まもなく5万ヒット

ご覧頂きありがとうございます。たぶん今夜です。
渾身の観劇記がシ~ンだったり,さっくり記述したのが気に入って頂けたり,これも楽しみのウチです。

続きを読む "まもなく5万ヒット"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

NINAGAWA十二夜再演

2006年6月,博多座で上演されるとある。菊之助丈の財産として演じ続けられて欲しい。しかし,成功作品ほど換骨奪胎されるのも蜷川さんの性分。気になる。
獅子丸も楽しみにしているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

染五郎丈のチラシを見て大阪松竹座へ…。

新感線☆NEXUS「Cat in the Red Boots」の会場で,「朧の谷に棲む鬼」のチラシを入手。こうしてはいられない。堪え性と節操は元より家訓にないワタクシは,急に染五郎丈を見たくなり,道頓堀を走り「染模様恩愛御書・細川の男敵討」夜の部を鑑賞してきた。
いのうえさんの演出で見たい良い脚本だ。いのうえテイストの演出があり,そのスイッチがオンになったまま観劇したので,客席で浮くほど爆笑してしまった\(__ ) ハンセィ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Cat in the Red Boots

ファミリーミュージカルが続くが,新幹線☆NEXUS「Cat in the Red Boots」,本日昼の部見た。
以下箇条書き!
観客が静か。ジャニライブでも新感線でもこんなハズはない。
音楽が弱いか。帰ってきてPCに向かえる。
メタマク&アマテラスは二日酔いした。

主演のトーマは異星人のように美しい。動きもしなやか。
お主,太刀風を読んでいるな。
ヒロインの赤猫も声がきゅーと。
セットは可愛いが,舞台が狭い。斗真さんに広い舞台を!
剣劇の劇団には広い舞台が必要だ。セット無しでもよろし!
その劇団員さんはさすが安心して見てられる。
メタルさんかっこええ。
粟根さん,しんぺーさん,さとみさんは出番多過ぎ(笑)。
善さん,カナコさんは定番キャラ。
サンボさんは,久し振りに本来のキャラ(どんなんやねん)。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

続きを読む "Cat in the Red Boots"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年10月 6日 (金)

宝塚雪組公演「堕天使の涙」&「タランテラ!」

Cut_lilith_w_blue200 朝海ひかるさんと舞風りらさんのサヨナラとなる雪組公演も開幕から2週間を過ぎ,殆どのご贔屓さまは劇場に足を運ばれたことと思われる。気になるところがあって書きにくかったが,解決したのでエントリアップに踏み切る。

堕天使の涙 作・演出・植田景子
植田景子さんの作品は,凝りに凝った設定で,気配りが細やかで演技者に思いやりがある。対位や変奏を意識した音楽と振付,宗教画やアールヌーボー美術を引用した装置と衣装,バロック建築の室内を意識した照明と,芝居好きの泣き所のツボを抑えてくださる。観客の視座からの作品づくりには定評があり,今回の作品も期待に違わぬものである。

主人公は堕天使ルシファー。彼は,20世紀初頭のパリに,ニジンスキーと見紛う妖しく美しいダンサーとして舞い降りた。彼を主演とする新作バレエ「地獄の舞踏会」をめぐり,興行界では,振付家,作曲家,パトロン,新進舞踊手たちが,自らの名誉欲に翻弄され不幸を招き寄せる。ルシファーは手を汚さない。
神や人間を呪うルシファーは,行き倒れの盲目の街娼と出会う。その女リリス↑は,元バレリーナだった。苦難だけの人生を孤独に終えようとするリリスであったが,宿命を与え賜うた神や母も含め全てを許していた。天に召されるリリスと改心したルシファーは「光のパ・ド・ドゥ」を舞う。

続きを読む "宝塚雪組公演「堕天使の涙」&「タランテラ!」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

彩の国シェイクスピアシリーズ「恋の骨折り損」大阪公演決定!

蜷川さんの彩の国シェイクスピアシリーズは,「コリオレイナス」だけでなく,「恋の骨折り損」も大阪公演が打たれると公式に掲載されている。
ただし,会場は異なるようだ。どちらかといえば,プロセニアムを高くとれるシアターBRAVA!で「コリオレイナス」,トランスジェンダー専科のシアタードラマシティで「恋の骨折り損」にして欲しかった。セットチケットはないだろうか。

続きを読む "彩の国シェイクスピアシリーズ「恋の骨折り損」大阪公演決定!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 4日 (水)

週刊人間国宝の上方歌舞伎の巻

Tky200610020297 週刊人間国宝・歌舞伎4は二世中村鴈次郎丈,当代坂田藤十郎丈,十三世片岡仁左衛門丈のお三方。上方歌舞伎全般についても詳しく記述されていて,南座歌舞伎鑑賞教室も1ページを割いて記載されている☆☆。
平成17年,南座顔見世の「夕霧名残の正月」の人間国宝共演(with 雀右衛門丈)のお写真が綺麗だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

ジョン万次郎の夢

劇団四季の地方公演は,若い俳優さんが頑張っているだけでなく,未来のプレイヤーやファンを育てようというしっかりした企業目標も持っているため,良質な感動が得られる造りになっている。なかでも,「ジョン万次郎の夢」は,少年の勇気と決断と行動の物語であり,いまどきの少年に是非見て頂きたい。
幕末。土佐の漁師・万次郎少年が,漂流の果てに合衆国で成人し,望郷の思いと大志を抱いて帰国するまでが一幕。二幕目は,日本の幕末の諸士との交流を通じて,閉ざされた幕閣の心を開き,咸臨丸の指揮官として合衆国に赴くところまで。硬派だ。

続きを読む "ジョン万次郎の夢"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月の覚書

事情は割愛するが,曇りの無い目,愛ある観劇記を書くには時間不足であった九月をハンセイし,エントリ・チェックリストを作成した。多くのコメントをいただき,返事で語りつくしたものもある。早期完成を目指す。

続きを読む "9月の覚書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Song & Dance ハムレット

082_ll2 兵庫県立芸術文化センターのサイトをうろうろしていたら,目がダイヤに!大評判をとった安寿ミラさん主演のハムレットがパワーアップされて来年2月に再演される。
演出,美術,音楽,振り付けのメンバーを見よ!
しかもキャッチコピーに劇中ハムレットが三度上演されるとある。友の会入会決定。こうして会員ナンバー,パスワードがどんどん分からなくなってくるのである。
安寿さんといえば,「グリークス」でのノーテンキなヘレナが思い出される。「トロイアの女たち」,「ヘレナ」,「オレステス」…。裸同然の衣装(?)がお似合いで,ソング&ダンスもご披露されてた。

続きを読む "Song & Dance ハムレット"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年はシラノの当たり年

4182112104_20060830105237 今年は,国立劇場,緒方健さん主演で一人芝居「シラノ」,文学座で江守徹さん主演(一世一代)ほか意欲的な上演が続く。気になっていたが,YOMIURI ON LINEの記事でしっかり取り上げられていたので,懐かしさと見たさの虫が騒ぎ出した。
1991年上演時の島田正吾さんのお写真も掲載されている。1990年,フランス映画でジュラール・ドパルデュー氏主演の決定版もあった頃だ。1993年には,平幹二朗丈主演で,安土桃山時代に翻案,辻村寿三郎さんの衣装で上演された。
緒方さんは語る。
「2004年に島田先生が亡くなってから,『シラノ』はこのまま残るだろうが,『白野』が埋もれてしまうのは惜しいと思うようになった。今やらなければいつやるのか,おれがやらなければ誰がやるのかと考え,自分から企画を提案した。」
シャイな男が共感できる良い戯曲と,心意気ある男たちのベストマッチ。男性も劇場に足を運ぶべし。

続きを読む "今年はシラノの当たり年"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

JR尼崎北口の梅川像

JR尼崎北口の梅川像

本日は文楽でもオペラでもなく,ミュージカル「ジョン万次郎の夢」を鑑賞に,阪神尼崎駅前のオペラの殿堂・尼崎アルカイックホールに…。
さて,本日,甲子園球場で開催予定であった阪神中日・天王山ゲームは雨天中止。また,阪神・阪急経営統合の初日でもある。阪神電車梅田駅界わいは,応援モードの気勢をそがれ所在無げな人々が…。
尼崎からの帰りはJR尼崎駅経由とした。梅川さんの像がお見送りしてくれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「応挙と芦雪」は奈良県立美術館で10月7日から

527 江戸絵画が人気を博しているが,天才と奇才との師弟というキャッチコピーで奈良県立美術館で10月7日から特別展が開催される。
師弟の間には愉快なエピソードがある。
応挙に弟子入りした芦雪は,師の画法を身につけるため師の作品の写しに励んだ。ある時,師の描いた手本をそのまま師に見せたところ,師は手直しを入れた。そこで次に芦雪が清書して持っていくと,師は褒めた。芦雪はこれを仲間たちに得意気に語りったため破門されたという。
多芸多才,酒豪,いたずら好きの芦雪は,応挙から3度も破門されたという話も残っている。

続きを読む "「応挙と芦雪」は奈良県立美術館で10月7日から"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »