« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月27日 (水)

そろそろ楊貴妃を見たい…夢枕獏文&天野喜孝画

楊貴妃
楊貴妃
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.27
夢枕 獏文 / 天野 喜孝画
エンターブレイン (2006.6)
通常1-3週間以内に発送します。

続きを読む "そろそろ楊貴妃を見たい…夢枕獏文&天野喜孝画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

京都国立近代美術館・若冲展開催中   ~プライス夫妻と令嬢が展覧会に~

京都国立近代美術館・若冲展開催

9月26日(火)午後,京都国立近代美術館で開催中のプライスコレクション「若冲と江戸絵画展」に駆けつけたところ,プライス夫妻とご令嬢が展覧会を検分のところに行き逢った。ラッキー!
ガラスケースに入れずに直接見られる屏風もあり,プライス氏に感謝する。
毎日テーマを定めガイドツアーも行われている。今日は「プライスコレクションを読む」というもので,江戸絵画の判じもの・いわゆるアレゴリーの解読である。人気の応挙,芦雪,蕭白,暁斎,抱一も揃って大満足。抱一の十二月の掛け軸は自然光を活かした展示手法(南向きの部屋)を採っているので,昼前後が良いと思われる。
ポスターの軍鶏は怖そうだが,虎がかわいい。

続きを読む "京都国立近代美術館・若冲展開催中   ~プライス夫妻と令嬢が展覧会に~"

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年9月24日 (日)

人間国宝吉田玉男さんがご逝去

文楽の男
文楽の男
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.29
吉田 玉男著 / 山川 静夫著
淡交社 (2002.1)
通常1-3週間以内に発送します。

昨年秋から休演されていた文楽の人間国宝吉田玉男さんが本日,大阪の病院でご逝去のニュースが流れた。悲しい知らせが相次ぐ文楽界であるが,喪失感この上ないお方が逝かれた。長年のご功績に思いを馳せご冥福を祈らせて頂く。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

| | コメント (9) | トラックバック (2)

スポニチ大阪薮下さんのサイトに雪組公演評

060923photo1 スポニチ大阪宝塚支局の薮下哲司氏の演劇評は,いつ拝見しても愛に溢れ,申し上げるべきことはきちっとファンの視点で描かれていて心地よい。拙宅にも,尊敬する演劇評論家のところにボタンを置いている。
待ちに待った雪組公演評がこのうえない美しい写真入りでアップされている。出かけに舞い上がらせて頂いた。今から行ってくる!。

にほんブログ村 トラコミュ ミュージカルへ
ミュージカル

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

蜷川さんが松たか子さん主演でひばりを上演

Ur01c シアターガイドの新着記事に,2007年2月シアターコクーンでアヌイのひばりを上演。ジャンヌ・ダルクに松たか子さんとあった。
ひばりといえば,劇団四季・自由劇場こけら落とし作品群の掉尾を飾る演目として,野村玲子さん主演で2004年に上演されたのが記憶に新しい。
意外な展開が面白い。このような演劇が次世代の観客に継承されるか正念場の気がする。見たいに決まっているが…。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

その艶やかな黒髪…(BlogPet)

ほんとうは,おとみさんは
「その艶やかな黒髪…」なんぞという気恥ずかしい台詞が,硬派を自認する秀山のお口から違和感なく流れる説得力に,秀山観客は溶ける。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「獅子丸」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

秀山祭九月大歌舞伎夜籠釣瓶他

秀山祭九月大歌舞伎夜籠釣瓶他

秀山祭九月大歌舞伎を21日夜の部のみ観劇した。定評ある当代の佐野次郎左衛門。シュールな不条理劇風で怖い。禿は千春と香純。茶屋廻りは種太郎と隼人。
鬼揃紅葉狩は鬼のように美形揃い。山神は,廣太郎,廣松,隼人,玉太郎で超若手。更科の前の妖術に屈しなかったゾ。

にほんブログ村 トラコミュ 歌舞伎へ
歌舞伎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮名手本忠臣蔵「塩谷判官切腹の段」は「通さん場」

仮名手本忠臣蔵判官切腹通さん場

国立小劇場九月文楽公演は仮名手本忠臣蔵を三部制で通し上演中。ご休演が多く,配役に変更多数。
名場面の連続だが,第一部四段目「塩谷判官切腹の段」は,とりわけ哀切である。頼みの大星由良之助に一目会いたいという願いも検分役に聞き入れられず,無念を残しながら腹に九寸五分を突き立てたまさにそのとき,その人が到着し,苦しい息の下から仇討ちを託すという見てきたような虚構である。息詰まる緊迫感を阻害しないよう,客席の出入り禁止の「通さん場」として上演する伝統がある。。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "仮名手本忠臣蔵「塩谷判官切腹の段」は「通さん場」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

第1回大阪文楽観劇会が満席に…。

イヤホンガイドさんの企画で,国立文楽劇場11月公演のバックステージツアーの企画があったので,迷わず参加決定とした。東京でいう親日屋さんのイベントと似ている。先ほどのぞいてみると満席とある。
観劇前に人形遣いの吉田幸助さんが実演解説のうえ,舞台裏をご案内していただける特別企画だ。11月5日(日)夜の部『伊賀越道中双六』『紅葉狩』 , 料金 6,800円(チケット代,参加費,イヤホン使用料込)。楽しみ!
次回は1月予定とか。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽

続きを読む "第1回大阪文楽観劇会が満席に…。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

出口のない海

監督:佐々部清
出演:市川海老蔵,伊勢谷友介,上野樹里,塩谷瞬,香川照之
1945年,駆逐艦の猛攻を受ける潜水艦の艦内。敗色濃厚となった日本軍の起死回生を図る新兵器“回天”に乗り込むべく訓練を受けた4人の若者が搭乗していた。回天は,定員1名,脱出装置なし,後退不能,大量の爆薬を積んで敵艦に突っ込むもというものだ。
元甲子園の優勝投手,ベルリンオリンピックを目指したマラソンランナー,母思いの美貌の青年,弟分で歌の好きな若者。それぞれの青春を回顧する暇もなく,運命の皮肉が名誉ある死を信じる4人を見舞う。

続きを読む "出口のない海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿鳴館 in Kyoto 危なげない開幕

9月18日(日),京都劇場で鹿鳴館4度目の観劇。
主要キャストは変更無しでアンサンブルさんが少し出入りあり。
初日から駆け付けたい逸る気持ちを抑え,本日が京都見始めとなった。
残響時間は名古屋ほど長くない分,台詞の明瞭さが戻った。仮屋崎さんのシャンデリアの花くす玉は健在で,高く上がり鹿鳴館らしい高揚感が…。下手の視界を遮ったコンポーネント(仮屋崎さん,自由劇場では恨みましたぞぇ。)が少し小振りになった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇へ
演劇

続きを読む "鹿鳴館 in Kyoto 危なげない開幕"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第1回若伎会・感想の前に整理

第1回若伎会17日(日)夜の部を拝見。会場は本町の御堂会館。
上方歌舞伎塾出身者の会をということで,坂東竹三郎丈が制作企画,演出及び出演全て手作りで創りあげられた。
片岡秀太郎丈もご指導だけでなくご出演も!
なんせ人数が少ないところ,昭和26年以来の通し上演で,全員出ずっぱりの大活躍。
実録忠臣蔵「義士銘々伝」四幕十一場を整理するとこうなる。
【序幕】
 松の廊下 吉良に麻裃の略装をいたぶられる。 
 江戸城控えの間   
危機管理&忠義の源五の機転でお着替え
 松の廊下       しかし,源五の諫めを忘れて,ぶち切れ
 田村右京太夫邸の場 源五と別れの時間が許される。
               内蔵助に血染めの九寸五分が届く。
 竹三郎丈舞台挨拶  吉良の装束のまま塾生の頑張りをご報告
 次月大阪松竹座公演の宣伝も抜かりない吉良殿

【二幕目】
 山科大石邸座敷の場 御母堂に不忠と遊蕩をなじられる内蔵助
 三島本陣座敷の場  内蔵助と垣見の虚々実々の交流
【三幕目】
 赤垣源蔵徳利の別れの場 兄に見立てた羽織と杯をくむ源蔵
 神明通枕水の表の場 小山田は身を落としたお雪に出会う。
 枕水亭の座敷の場  お雪に落ちた小山田は大事に遅れる。
【大詰】
 本所吉良邸討入の場  全員見せ場の討ち入り
 本懐引き上げの場    本懐を果たし吉良は首に…。
 南部坂で待てない気の短い瑶泉院,戸田の局がお出迎え(爆)
 隣家の土屋氏,追っ掛けの垣見氏もお出迎えで大団円
 カテコ オールスタンディングで幕は何度も上がる。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 歌舞伎へ
歌舞伎

続きを読む "第1回若伎会・感想の前に整理"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

花組芝居・百鬼夜行抄2

Chirasi_1 花組芝居「百鬼夜行抄2」を新神戸オリエンタル劇場で拝見した。
今市子氏作の人気漫画を,脚本・わかぎゑふ[リリパットアーミーII]さん,演出・加納幸和さんで上演し大好評だった作品の3年ぶりの新作。チラシがらぶりー。
妖魔と暮らす飯島家の人々のとんでもない日常とさりげない事件が,ホームドラマ風脚本と耽美的な装置&衣装で繰り広げられる。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 演劇へ
演劇

続きを読む "花組芝居・百鬼夜行抄2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朧の森に棲む鬼の画像とみどころがアップ

20060919142744 ☆新感線・朧の森に棲む鬼のチラシ画像とみどころがアップされている。おそらく印刷も凝っていることだろうから現物を手に入れたいもの。題字も良い。
☆新感線には必ずご登場の満身矢だらけというので一瞬笑ってしまったのだが,笑いが止まる格好良さ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

11月花形歌舞伎・四の切りの出演者

歌舞伎好きの手帖・はるきさまのHPで教えて頂いた。
11月新橋演舞場に市川笑三郎丈市川段治郎丈がご出演とある。お二方の公式HPに掲載されている。川面法眼館の静御前に笑三郎丈,源義経公に段治郎丈,市川猿之助丈の監修のようだ。段治郎丈は勧進帳の駿河二郎。
船弁慶の義経公はどなたがぁ?!弁慶は?!

続きを読む "11月花形歌舞伎・四の切りの出演者"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

千壽郎丈に稽古を付ける仁左さまの記事が!

YOMIURI ONLINEの記事!本日は大収穫!
上方歌舞伎会の封印切の場のお稽古を見ておられる片岡秀太郎丈と片岡仁左衛門丈の記事が,素敵な写真入りで詳細に記述されている。仁左衛門丈の真剣な表情に引き込まれる。数十年の情勢も曇りのない視座で書かれている。
また,文中程には,門外からも実力で大名跡を襲名するという風土があることが書かれていて思わず力が入る。
“七代目嵐徳三郎(1933~2000)や,五代目坂東竹三郎(74),六代目上村吉弥(51)ら,由緒ある名跡を継いだ例も多い。”と締めてあった\(^O^)/。

続きを読む "千壽郎丈に稽古を付ける仁左さまの記事が!"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

寺島しのぶさん「書く女」びわ湖ホールは完売

樋口一葉日記
樋口一葉日記
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
樋口 一葉 〔著〕
岩波書店 (2002.7)
通常24時間以内に発送します。

YOMIURI ONLINEの今日の演劇の記事は二兎社「書く女」主演の寺島しのぶさん。
作・演出永井愛。樋口一葉の日記から,書かれたら困る客観性の高い記述に着目し,小説の師・半井桃水の当惑などを織り交ぜ,素敵なヒューマンドラマに仕上がっていることであろう。
びわ湖ホールには11月3日(祝)に来演だ。チケットは完売御礼SOLDOUTの張り紙があった。見ないでおくべきか~。

続きを読む "寺島しのぶさん「書く女」びわ湖ホールは完売"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

京都劇場で鹿鳴館開幕

本日18時30分,劇団四季・京都劇場で鹿鳴館が開幕した。西征の最終地京都でどのように深化した舞台を見せていただけるか期待は高まる。残念ながら,初日に駆けつ,けることは叶わなかったが,千秋楽の10月9日まで何回行けるか…。
キャストが18時06分,発表になった。名古屋から継続の手堅いメンバーである。
それはそうと福井さんの名がキャッツから消えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

中村屋一座は今日はびわ湖ホールで公演

十八代目中村勘三郎襲名披露・西

中村座一行は,10日は大津市におの浜のびわ湖ホールに来演。襲名披露演目も家族的な結束が固い一座に相応しく,義経千本桜の権太ファミリーの物語だ。義経千本桜の続き,狐忠信さんの物語は十二月の南座で見ることになる(ハズ)。
弥十郎丈の令息・15歳の新吾丈が,六代君の母・若葉の内侍を堂々の好演されていた。鶴松丈は背丈が伸びて気品アップ。
気になる役者さんの年代がどんどん下がりつつある(`_`)ノ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

市川團十郎丈が「魚(とと)の日」ポスター制作

10101 十二代目市川團十郎が,新たに制定される「魚(とと)の日」ポスターを制作!描かれているのは魚の王様,鯛。書ももちろん丈だ。
團十郎丈にふさわしいにらみの鯛!
目力(目ぢから)の迫力!
成田屋!
全国水産物卸組合連合会(全水卸組連)は,毎年10月10日を「魚(とと)の日」と制定し,全国各地の魚市場を中心に,様々なPRのイベントを実施するとの記者発表を行ったとAll About Japanに掲載されている。

続きを読む "市川團十郎丈が「魚(とと)の日」ポスター制作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

近松のまち・尼崎

Umekawa 兵庫県尼崎市は,近松門左衛門ゆかりのまちとして文化施設,公演,散策路などを整備している。
JR尼崎駅より北へ約2kmにある広済寺,近松の墓,近松記念館,近松公園周辺は,「近松の里」と名づけられ,歴史と文化がふれあう魅力あるゾーンとなっている。「近松の里」では,毎年11月22日に近松祭を開催している。画像は駅前の梅川像
今年の文楽地方公演は,尼崎アルカイックホール・オクトで9月29日(金),以下のプログラムで開催される。
◇昼の部 午後2時開演
 菅原伝授手習鑑(寺入りの段,寺子屋の段)
 釣女
◇夜の部 午後6時開演
 曽根崎心中(生玉社前の段,天満屋の段,天神森の段)

にほんブログ村 トラックバックテーマ 文楽へ
文楽

続きを読む "近松のまち・尼崎"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

国立文楽劇場初春公演情報

9月4日,国立文楽劇場公式ページに演目が発表になっている。
(壽,壽,壽,壽,壽)
文楽らしい楽しみてんこ盛りの演目ばかり!
♪三つ違いのあにさんと~♪

文楽 初春公演
 公演期間 2007年1月3日(水) ~ 2007年1月25日(木)
 休演日  2007年1月15日(月) 休演日で昼夜入替

◇第1部=午前11時
花競四季寿
 万才・海女・関寺小町・鷺娘
御所桜堀川夜討
 弁慶上使の段
壺坂観音霊験記
 土佐町松原の段
 沢市内より山の段

◇第2部=午後4時
二人禿
嫗山姥

 
廓噺の段
冥途の飛脚
 淡路町の段
 封印切の段
 道行相合かご

にほんブログ村 トラックバックテーマ 文楽へ
文楽

続きを読む "国立文楽劇場初春公演情報"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

宝塚歌劇宙組主演男役・貴城けいさんが退団

P10001771 本日5日付けで宝塚歌劇団公式HPに,宝塚歌劇宙組主演男役・貴城けいさんが退団という発表があった。貴城さんは,雪組から宙組主演男役に抜擢されたが,大劇場でのお披露目公演も未だ済ませておられない。先日来,宝塚歌劇団の発表はうれしいものばかりだったが,貴城さんの退団は絶句である。サヨナラ公演は竜馬!

1967年11月15日,元土佐藩士坂本竜馬は,盟友の中岡慎太郎と共に,大政奉還の騒擾のなか,京都市中京区蛸薬師下ルの醤油屋近江屋で暗殺された。享年33歳。

続きを読む "宝塚歌劇宙組主演男役・貴城けいさんが退団"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都新聞文化講座で坂東玉三郎丈のトークショー

京都新聞トマト倶楽部の文化講座で,坂東玉三郎丈のトークショーが開催される。
日時:2006年10月13日(金)午後零時30分
会場:京都宝ヶ池プリンスホテル(左京区宝ヶ池)
内容:トークショー「玉三郎ワールドへのいざない」歌舞伎俳優坂東玉三郎さん

歌舞伎座にご出演ならなかったが,こんなところに…。京都のことは客の誰よりお詳しいに違いない。ご講演のタイトルが何か引っかかる。

続きを読む "京都新聞文化講座で坂東玉三郎丈のトークショー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

145425 ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 STONED
監督:スティーヴン・ウーリー
出演:レオ・グレゴリー,パディ・コンシダイン,デヴィッド・モリッシー,ベン・ウィショー
1969年7月3日,ローリング・ストーンズの創始者でギタリストのブライアン・ジョーンズが自宅のプールで変死した。自由と放埒を謳歌した’60は,シンボルの消滅とともに終焉した。今も語り継がれる謎の死。封印され続けた最大のスキャンダルが明らかになる。

続きを読む "ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 1日 (金)

大阪松竹座寿初春公演の出演者が発表

Umenoshi1 今日,松竹公式ページに大阪松竹座寿初春公演の出演者の顔ぶれが発表になっている。大阪松竹座こけら落としから10年を祝ってビッグな顔合わせだ。
お二方が待ち望んでおられた市川團十郎丈と坂田藤十郎丈が並び立つ日を迎えることになる。お二方の令息も当然同座する。
と,抑えメに書き進んだが,実はおーほっほっほっと阿呆笑いをしている。
演目は,おめでたい正月向け狂言で固めて頂きたい。初日ににらんでもらって一年無病息災といきたいもの。
うふふふふ…。ふふっ。ふ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »