« お菊物語・播州皿せんべい「一枚,…,九枚。」(お菊) | トップページ | 「天下人たちの時代」展が徳川美術館で開催中 »

2006年8月11日 (金)

安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ。

安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ

城の西北に位置する姫路文学館には,姫路市ゆかりの文人たちの資料が収集されており,安藤氏の作品の贅沢な建築空間が楽しめる。姫路市は,お夏清十郎のご当地でもある。片岡仁左衛門丈と坂東玉三郎丈のなつかしい写真が展示されていた。

|

« お菊物語・播州皿せんべい「一枚,…,九枚。」(お菊) | トップページ | 「天下人たちの時代」展が徳川美術館で開催中 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>mayaribeさま
和辻哲郎氏,司馬遼太郎氏,宮本百合子氏をはじめ,哲学,文学,詩歌,和歌,俳句…。多くの本が豊にそろってます。
お二方はお夏清十郎はもうなさらないのでしょうか。

投稿: とみ | 2006年8月12日 (土) 01時11分

わー安藤忠雄!!
建築士の友人にくっついて、いくつか建物観に行きましたわ!
行ってみたいです。

投稿: mayaribe | 2006年8月11日 (金) 19時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ。:

« お菊物語・播州皿せんべい「一枚,…,九枚。」(お菊) | トップページ | 「天下人たちの時代」展が徳川美術館で開催中 »