« 大阪松竹座が白鷺城に… | トップページ | 世界文化遺産姫路城 »

2006年8月11日 (金)

馬をくれ,馬を!馬のかわりにわが王国をくれてやる!

Kodomo_shakespeare060421 8月6日(日)栗東文化芸術センターさきらで観劇
原作:W.シェイクスピア,翻訳:小田島雄志,脚本・演出:山崎清介
照明:山口暁,音響:角張正雄,美術:岡本謙治,衣裳:三大寺志保美

シェイクスピア作品の主人公の中でもひときわ冷酷非道な悪漢“リチャード三世”。血で血を洗う人気作品を,黒コート姿の10人俳優たちが演じる。
開演前にはお馴染み黄ヘルダンス

グロスター公リチャードとシェイクスピアドールを山崎清介,
忠実な策士バッキンガム公とヘンリー六世に彩乃木崇之,
ヘンリー六世妃マーガレットに間宮啓行,
エドワード四世ヨーク公夫人に佐藤誓,
クラレンス公ジョージとリッチモンドの義父スタンリー卿を福井貴一,
廷臣ケイツビーと王子エドワードに戸谷昌弘,
王妃アン王子ヨークに大内めぐみ,
エリザベスの連れ子とアンの前夫に若松力,
エドワード妃エリザベスリッチモンドに伊沢磨紀,
暗殺者などに明楽哲典…
これ以上は分からなかったが,兼ねる意義を計算し尽くした訳割。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 演劇へ
演劇

遊び心に溢れ,想像力をかきたてる仕掛けが一杯の演出。机と椅子を使った舞台転換や心地よい手拍子,ささやき声のリフレイン,黒コートを脱いでの早替わりが心地よい。
原作にないヨーク家三兄弟がランカスター家に勝利するまでをスピーディに見せるオープニングで一気に物語の世界へ…。
大胆に脚色しているようで原作に極めて忠実。山崎さんの脚本はリチャードとリチャードの心の深層をささやきかけるシェイクスピアドールの対話で進む。
実は,眼光炯々,野心に溢れたリチャードは原作と障害を持つ部位が異なる(ネタバレとなるのでここまで)。
カンパニーの役者さんは,硬質でテンション高く明晰な台詞回しで,パッショネイトでくっきりした人物像を描く。
当初性別を超えた役割分担に戸惑っていた子供たちもどんどん舞台に引き込まれていく。殆ど小田島訳とおりの台詞も完全に伝わっている。抽象化を極めた舞台にしっかり着いて行っている。終演後の賞賛と感動の拍手は大人も子供もない。
観客も凄い!何なんだこいつらは!優れた演劇の力を知る感性豊かな栗東町の児童にも乾杯!

|

« 大阪松竹座が白鷺城に… | トップページ | 世界文化遺産姫路城 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>hikarukimiさま
あちこちに,「風知草はかくありたい。」と書いていることをコメントいただき,とみは感涙にむせんでおります。
お芝居はかくありたいという実践されている「子供のためのシェイクスピアカンパニー」を拝見すると心洗われます。子供さんは正直ですから,あくる日の新聞評を待たなくとも結果すぐ出ますし…。ミュージカルや古典芸能は子供向け鑑賞教室ございますが,ストレートプレイのものは少ないです。応援したいです。

投稿: とみ | 2006年8月16日 (水) 12時52分

こんばんは、先日はコメントをありがとうございました。
とみさまの書かれた文章を拝見しましたが、舞台を作っている全ての人達に対して、とても温かい目を持って感想を書かれているのが印象的でした。私も辛口はほどほどに見せていただいた舞台に対して感謝の気持ちを持ちたいと思いました。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: hikarukimi | 2006年8月16日 (水) 02時41分

>ハヌルさま
椅子と机を使う装置はいつもながら,想像力をかきたてて頂けますね。
暑い季節の長い遠征ですから,お体に気を付けて公演のご無事を祈りたいです。
また,グローブ座に関わる全ての皆さんのご活躍も期待します。

投稿: とみ | 2006年8月15日 (火) 22時25分

とみさま、遅ればせながら。
子供のためのシェークスピア、黄ヘルの前ふりも、椅子と机を使った演出法も面白くて好きです、ホント懐かしいなあ♪
剣などもやんわりと見えるように細い木の棒を使ったりとか、ね。
でも、いつだったか、誓さんの額にその棒が当たって、血がタラ~ッと・・・。 (後で何針か縫うケガだったと知って本当に驚きました)
せっかく剣を持たずに振る舞っているのに、結局なんでも凶器になってしまうんですね。
あれは子供だけでなく、我ら大人にも刺激的だったな・・・。

投稿: ハヌル | 2006年8月15日 (火) 21時44分

>ゆきよさま
このカンパニーは台詞術が心地よいですよね。演劇を見たという充実感あります。大阪はドーンセンターで7月22日,23日でしたか。
兼ねる役と紅白分けてみたのですが,シェイクスピアドール,ヘンリー六世とその王子でアンの前夫というのがオリジナル。
確かに最終局面では生存者はエリザベスだけなのでリッチモンドはエリザベス役者がするしかないのですが,伊沢さんは立派でした。

投稿: とみ | 2006年8月14日 (月) 22時43分

懐かしい~♪グローブ座カンパニー♪
昔よ~くグローブ座に通いました。間宮さん、シェイクスピアシアターの頃からファンでした。佐藤誓さん、時々テレビドラマでお見かけします。戸谷さん明楽さん、肉体派はまだご健在か?
いやぁ~御覧になったとみさまがお羨ましい…。こまめにチェックをしていないことを後悔します(TT)

投稿: ゆきよ | 2006年8月14日 (月) 21時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬をくれ,馬を!馬のかわりにわが王国をくれてやる!:

« 大阪松竹座が白鷺城に… | トップページ | 世界文化遺産姫路城 »