« スウィーニー・トッド大阪公演も! | トップページ | 彩の国シェイクスピアシリーズ第16弾&第17弾 »

2006年8月26日 (土)

ゲド戦記

Cut_fdragon_blue_w200 26日,ゲド戦記(詳細は公式で)を鑑賞してきた。劇場に足を運びアニメを見るのは何と言っても映像と音楽目当て。それに,アニメならではのキャラや表現への期待である。一応,各種評価を冷静に受け止めたうえで,遅れ馳せながらの鑑賞である。
原作者の評に関する記事はこちら

見慣れたジブリ作品に比較すると,背景の海や街の書き込みが少ないのと,魔法使いが主役にしては魔法対決の動画が寂しい。“魔法の多用は人間も含めた地上の調和を破壊する。”という主題からは,ジミに表現する必然はあるのだが…。
メッセージは,“地上の循環系の調和の大切さ”と,“死すべき運命を受け入れて,限りある命を懸命に生きよう。”という時宜を得たものである。主要登場人物も等身大で共感を持てる。どんでん返しも悪くない。
これを外連味なし,直球勝負,台詞で押す。音声を,専門の声優さんでなく映像や舞台でも活躍されている俳優さんでまとめるという手法も理解できた。
ゲド戦記に何を期待していたか,その期待に過誤はなかったかだけが論点になろう。ファンタジーに相応しい幻想的な映像と,時代や国籍を超越した耳新しい曲以外は用意されているように思った。
是非は別として,原作者は評を発表して良いのか下々の者には分からない。

|

« スウィーニー・トッド大阪公演も! | トップページ | 彩の国シェイクスピアシリーズ第16弾&第17弾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ハヌルさま
ご覧頂きありがとうございます。先ほど貴宅にお邪魔してコメントして参りました。
充分癒されましたね。こういう,表現したいこといっぱいあって志が高いのにタイムオーバーになってしまう作品,実は大好きです。若い劇作家の作品にありがちなこと。ほこほこ心温まります。
声を大にして申し上げたいのは,世界中が酷評しても原作者はけなしてはいけないと思います。俄然見方になりました。
画像が悪い,音楽が一本調子,台詞が錬れていないが何だ!
父を超えたい少年が,愚かさの発露で父を殺し,自分の卑小な自尊心と戦いながら罪を償う決心をするのです。見守ってやらんとあきません。これを宮崎親子になぞらえるのはたやすいですが,もっとまじめな作品と感じました。

投稿: とみ | 2006年8月30日 (水) 00時23分

とみさま、こんばんは。
なんの評も見ず、聞かず、原作があったことすら詳しく知らずに、
遅ればせながら観ました。
確かにジブリ作品っぽくはないし、人物像についても曖昧でした。
それに結局誰が主役?って感じもしたけれど、「ゲド戦記」というくらいですから、ゲド、つまり、ハイタカなんでしょうか(笑)
テルーの唄には不思議と心を動かされたし、ハイタカの人となりに興味津々でした。

投稿: ハヌル | 2006年8月29日 (火) 23時47分

>悠さま
原作者さまの評を見てそれなりに身構えて行きました。父親殺しは原作にないとか(不勉強です(m_m)。)。
テーマは正論で悪くないのですが,あからさまに言うても…。主人公の少年が説教されてばかりで,実社会の父子関係みたいでした。

投稿: とみ | 2006年8月28日 (月) 01時26分

何かのドラマなのだろうか、父殺しがってのが疑問でした、この映画。フィクションなんだけど、その中で、リアリティがないとね、と感じだったんですけど。って、吹き替えの声だけに、意識を集中させて(声あてクイズみたいに映画を聞いてたんで)あてになりませんが、感想は(-_-;)。

投稿: 悠 | 2006年8月27日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

» ハイタカは何処から来て何処へ行くのか、『ゲド戦記』。 [☆ハヌルのそんな感じやねん☆]
最近、洗濯した衣類、特にTシャツなどの匂いに心地良さを感じる。 何の匂いだろうか、と・・・。  柔軟剤? いや、違う。 あ、そうだ。 ”日向” の匂い。 お布団を日向に干した後、そのお布団にすぐに寝ると叱られるのを承知で、 その日向の匂いと暖かさに包まれながら昼寝をするのが大好きだった、 子供の頃を思い出す・・・。 どこか懐かしくて、ホッとする、太陽の光をいっぱい浴びた ”日向” の匂い。 『ゲド戦記(TALES from EARTHSEA)』 を観た。 (ハイ... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 23時49分

« スウィーニー・トッド大阪公演も! | トップページ | 彩の国シェイクスピアシリーズ第16弾&第17弾 »