« 姫路城天守からの眺め・図書様のお姿が小さく見えます。(薄) | トップページ | 安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ。 »

2006年8月11日 (金)

お菊物語・播州皿せんべい「一枚,…,九枚。」(お菊)

お菊物語・播州皿せんべい

姫路は播州皿屋敷もご当地。城内にはお菊が沈んだ井戸も残されている。かわいらしい皿箱風の紙箱の中に9枚のせんべいが収まっている。発売になったばかりだが,お菊ちゃんがきゅーとで人気商品とか。

|

« 姫路城天守からの眺め・図書様のお姿が小さく見えます。(薄) | トップページ | 安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

22日付けの神戸新聞にまちおこし事業として記事が掲載されているようだ。
http://news.goo.ne.jp/news/kobe/chiiki/20060822/T20060822MS01054A.html

投稿: とみ | 2006年8月27日 (日) 01時22分

>つどいさま
>最終面に北斎の「さらやしき」の絵が掲載されていました
確かにユーモラスです。北斎さんの奇抜卓抜なアイデアにふれますと元気が出ます。
おせんべいは,イッキに食べきるとかわいそうが和らぐように思えてきました。

投稿: とみ | 2006年8月19日 (土) 01時36分

本日18日の日経新聞の朝刊.最終面に北斎の「さらやしき」の絵が掲載されていました.
首が皿.でもなんだかユーモラス.

「お菊」せんべいには,もう一枚せんべいを加えて,10枚にして一旦心を静めてから召し上がるという方策が考えられると思います.

いつも邪道ばかり考えている私です.

投稿: つどい | 2006年8月18日 (金) 22時35分

おやつとしては重大な問題があった。
かわいそうで食べられない(涙)。
どことはなしに芝雀丈に似たお菊ちゃん。
毒を食らわば皿まで…。

投稿: とみ | 2006年8月17日 (木) 07時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菊物語・播州皿せんべい「一枚,…,九枚。」(お菊):

» 播州皿せんべい [ブログで情報収集!Blog-Headline/food]
「播州皿せんべい」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =2006年8月26日収集分= *しまじょみ... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 01時00分

« 姫路城天守からの眺め・図書様のお姿が小さく見えます。(薄) | トップページ | 安藤忠雄氏の姫路文学館は行きだ。 »