« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

能楽堂の字幕装置はこんなもの

ありがたいことに,てぬぐいさまからトラックバックをいただいた。こんなものとか。
その名もゆかしいフィガロシステム。
てぬぐいさま,ありがとうございました。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 能、能楽へ
能、能楽

続きを読む "能楽堂の字幕装置はこんなもの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

国立能楽堂で椅子の背もたれに電光字幕

Kyoto_appearance  6月28日付けのYOMIURI ONLINEでタイトルの記事が掲載されていた。文楽のように幕の上でなく前の座席の背もたれに表示されるようだ。英字などチャンネルの切り替えも可能というのが価値あると思われる。ユニバーサルデザインの視点を,ナショナルなところからというのも理にかなっている。
ワタクシ的には字が小さいのと,字が動くのは苦手である。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 能、能楽へ
能、能楽

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006年6月27日 (火)

劇団☆新感線祭りE!DVDシアター

Eodv001_01_1 25日,文楽若手会の帰りに大阪梅田・HEP HALLで開催中のE!DVDシアター劇団☆新感線祭りに立ち寄った。この日のプログラムは「天保十二年のシェイクスピア」。2002年3月~4月に上演された上川隆也,沢口靖子,古田新太をメインキャストとした☆新感線バージョン。昨秋の蜷川版も記憶に新しいが,大音響,大出血,大鏡とパワフルでいて,台詞もしっかりシェイクスピアの香りがし,今更ながら良かったんだと記憶を新たにした。
DVD買ったらええのにと突っ込みを入れられそうだが,それなりの大画面というだけでなく,贔屓の連帯と来るメタル・マクベスへの前夜祭的期待感がマル。
2日まで。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 演劇へ
演劇

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006年6月26日 (月)

文楽若手会(浄書)

Nec_0247 今月は文楽鑑賞教室も拝見する予定であったが,鑑賞教室は中高生が学校から授業で行くという認識不足で敢無くソールドアウト。
25日(日)文楽若手会の2日目を鑑賞した。
演目は以下のとおり。(敬称略)配役はこちら

にほんブログ村 トラックバックテーマ 文楽へ
文楽

続きを読む "文楽若手会(浄書)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年6月25日 (日)

文楽若手会

Nec_0247_1Nec_0248_2菅原伝授手習鑑と新版歌祭文。どちらも最近かかった演目なので,皆さんの習熟度が高く,安心して楽しんだ。
かねてから購入したかった名鑑とてぬぐい(日高川入相花王)を購入。
ロビーには,上方歌舞伎会のポスターも掲出され,気分はハイに!

にほんブログ村 トラックバックテーマ 文楽へ
文楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三条通のSACRAビル

Sacra01 Nec_0236

                                                          

                          京都市中京区三条富小路の銀行の建物を活用した和装小物を扱うブティックが入居する複合ビル。最上階はカフェになっている。石造風だが実は木造。このような小振りの洋館もマル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

京都府立文化博物館前のカフェテラス

京都芸術博物館前のカフェテラス

三条高倉,辰野金吾による旧日本銀行(重要文化財)の建物を活用した博物館の前に洒落たカフェが…。いい感じなので絵になるなりをしているときに座ることにする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

今から蹴鞠の守護社・平野神社に祈願!!

121_1 大津市松本一丁目の平野神社
7世紀の中頃,皇極天皇(蹴鞠愛好家・天智天皇の御母帝)の代に京都西洞院滋野井に祀られた蹴鞠の神,精大明神を大津市に移したのが起源とされている。このように日本の蹴鞠の歴史は古く,リフティングとアシストの技を競う見せるスポーツである。勝負は審判員の評価により,サムライよりクゲにより継承されてきた。結果はとにかく華麗なアシストを見たいもの。これだけなら叶えら れるかもしれない。
いずれにしても,今から 平野神社にGO!

続きを読む "今から蹴鞠の守護社・平野神社に祈願!!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

今日の獅子丸占い“吉弥運よさそう。”

Photo_2 “吉弥板のある二重棚で,引き出しが付いています。”
獅子丸お勧め調度品!?
そんな引き出し付き飾り棚があればほしい。螺鈿細工で雷鳴と雨の文様入りならなおよろしい。
丈には引き出したくさん増やしていただきたいもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

DEATH NOTE(前編)

450200510011441571 DEATH NOTE(前編)
監督: 金子修介
出演: 藤原竜也,松山ケンイチ,瀬戸朝香,香椎由宇香,細川茂樹,鹿賀丈史
週間少年ジャンプで連載されたカリスマコミックの実写映画化。6月に前編,10月に後編がリリースされる。
死神リュークは,人間界にノートを落とした。拾ったのは法学を学ぶ優秀な大学生・夜神月(ライト)。警察官を志願し,犯罪を憎む月は,裁かれない罪,軽すぎる量刑に法学の限界を感じていた。このノートに名前を書かれた人間は死ぬということを月は知る。法で裁かれる前に死の制裁を!正義の神キラと称えられ驕る月。しかし,大量殺人を重ねるキラの捜査に,FBIと警視庁はL(エル)という謎の天才を起用する。

続きを読む "DEATH NOTE(前編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

大阪市民歌舞伎(浄書)

20060323_pic01_1 歌舞伎鑑賞教室は,今年で31回目。十三世片岡仁左衛門丈が晩年,力を注いでこられた取り組みで,これまで延べ百五十万人の参加を得ているとか。6月3日に岸和田市で開幕し,19日の吹田市が楽となる。
プログラム及び配役は以下のとおり(敬称略)
一、歌舞伎へのご招待 進之介
二、鳴神 一幕
 鳴神上人 我當
 所化白雲坊 當十郎
 所化黒雲坊 千次郎or佑次郎
 所化 當史弥,當吉郎,純弥,雁五郎,雁秀,當次郎
 雲の絶間姫 吉弥
 後見 比奈三,和之介
B5変形の綺麗なパンフレットには,なんと上演台本が\(^O^)/…。
客席には中高生の姿はなく,様々なジェネレーションで満席。

続きを読む "大阪市民歌舞伎(浄書)"

| | コメント (20) | トラックバック (4)

サントリーミュージアム天保山でシャガールを…。

天保山サントリーミュージアム

シャガール展でにぎわう天保山。USJへのシャトル船の桟橋。大阪港には地球深部探査船が停泊していたようた。
生涯のシーンに対応した分かりやすく感動的な展示で楽しめた。エッフェル塔,ロバ,鶏,花嫁花婿,アルルカン,ミュージシャン,花束など,彼が気に入ったモチーフが配されている絵が,やっぱりいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

大阪市民歌舞伎

大阪市民歌舞伎

関西の各地を巡業中の片岡我當一門の歌舞伎鑑賞教室。今日は,阿倍野市民センターで…。演目は十八番の鳴神。雲絶間姫の仕業に相応しい豪雨。我當丈と吉弥丈は大人で知的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

街道てくてく旅・岩本輝雄さんゴォ~ル

街道てくてく旅・岩本輝雄ゴール

元サッカー日本代表岩本輝雄さんが,NHK BSハイビジョン放送の番組「街道てくてく旅」で東海道五十三次を歩いて旅しておられたが,今朝,終点の三条大橋にゴォ~ル!!
先斗町歌舞練場で歓迎セレモニーが開催された!!
かっこええ~
主題曲と挿入曲のシンガー&ソングライター菊池常利さんも出迎え。
それより,肝心の話はどない…。

続きを読む "街道てくてく旅・岩本輝雄さんゴォ~ル"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年6月15日 (木)

蔦模様血染御書(つたもようちぞめのごしゅいん)

江戸の劇画・妖怪浮世絵
中右 瑛著
里文出版 (2005.7)
通常1-3週間以内に発送します。

今,幕末から明治にかけてのあぶな絵に興味が移っているところ,今年の大阪松竹座十月公演で標記の外題の演目がかかるという情報が!!!
主演は市川染五郎丈と片岡愛之助丈。
初演は明治22年(1889年)。作者は岡本綺堂。
○十一月,江戸市村座にて「蔦模様血染御書(つたもようちぞめのごしゅいん)」を初演。左団次の大川友右衛門好評にて,火がかりの大道具が観客を驚かせり。
歌川国貞の錦絵を拝見したところ,血と火,赤の相乗攻撃のようだ。国貞の世界,精一杯あぶなく演っていただきたいと願ってしまう。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2006年6月13日 (火)

七月歌舞伎座でダイエット

うれしや,七月の歌舞伎座のタイムスケジュールが…。
5月の東京日帰り観劇遠征(鹿鳴館&團菊祭)で,一日4キロウエイトダウンしたツレが,鏡花4本なら5キロ減量も可能とほくそ笑んでいる。
昼の部
夜叉ヶ池 11:00~12:40
幕間 45分
海神別荘 13:25~15:10
夜の部
山吹 16:30~17:40
幕間 45分
天守物語 18:25~20:20
確かに,食事がのどに通らなさそう。おやつの梅干,2リットルのおーいお茶,目薬は必携だ。ワタクシと観劇すると,痩せること請け合う。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

チケット購入は平常心で(自戒)

右サイドバーの観劇したい演目と観劇する演目がえらいことになってきている。春と秋に話題となった舞台が地方に移るので,関西では盆と正月が芝居が盛況となる。
C席が買えなかったら諦める,昼か夜かどちらかに絞ると自身に言い訳しているが,上等のお席から無くなるのか,何気に買えてしまうんだなあ,それが…。
平常心,平常心。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

AMATERASU in 南座

Nec_0218 6月11日(日),世田谷パブリックシアターで大盛況だった鼓童と玉三郎丈とのコラボレーション“AMATERASU”!
舞台を京都南座に移した3日目に行った。
強力な音圧エネルギーと美の競演に圧倒され,素晴らしい舞台であった以外の言葉を失う。
構成はシンプル。一部は,スサノオの狼藉に怒ったアマテラスが天野岩戸に隠れ,この世は闇に。二部は,八百万の神々がアマテラスに岩戸から出て頂くため,歌舞音曲,祝祭,祈祷のあらゆる手段を尽くす。
チラシで耳寄りな情報が!
NHK教育テレビ「劇場への招待」
7月23日(日)22:00~ 約1時間のドキュメンタリーと「アマテラス」の劇場中継

続きを読む "AMATERASU in 南座"

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年6月10日 (土)

ハスの季節まであじさいも楽し

Nec_0210 あじさいがあちこちに…。この花は六甲山で見るのが勇壮で気が晴れるが,身近なものを定点観測するのも良いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

坂田藤十郎丈が日高川町を訪問

Kawagazou004

ここっはきのくに~ひっだかがわ~(頭のなかの義太夫)。
謡ってみたい気が…。(`_`)ノ゙バシィィィィィ!!!!
日高川町は,安珍清姫伝説で有名な道成寺がある和歌山県のまちで,昨年5月1日に誕生した。昨年の9月には,日高川入相花王が吉田蓑助さんにより上演されている。
6月7日(水),七月に大阪松竹座襲名披露公演で,京鹿子娘道成寺を舞う坂田藤十郎丈が公演の成功を祈念して,ご当地を訪問されたそうである。
あらゆるジャンルの古典芸能の最高峰・道成寺の聖地であり,訪れる演者もきらびやかである。

続きを読む "坂田藤十郎丈が日高川町を訪問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花よりもなほ

Nec_0198 花よりもなほ
監督:是枝裕和
出演:岡田准一,宮沢りえ,古田新太,國村隼,中村嘉葎雄,浅野忠信
宗左衛門は仇を持つ身である。藩からの許可書を携え,捨て扶持をもらって江戸に出向き,長屋に潜伏し,仇を追っている。剣の腕はからきしで,腕っ節も皆目である。
時は元禄十五年,赤穂浪士の仇討ちへの期待が高まるが,基本的には太平の世である。訳ありの輩が棲む長屋暮らしは,貧しいながらも温かく,悪くない。宗左衛門以外は,家賃は踏み倒し。
しかし,長屋を解体し,レジャー施設の計画が浮上した。長屋を守るには,家賃を精算し,家主と対等に交渉する必要がある。それには,仇討ちの賞金が必要だ。どうする,宗左衛門。

続きを読む "花よりもなほ"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年6月 6日 (火)

京都の夏の美術展

Pass2006 京都国立博物館の大絵巻展は,大盛況のうちに昨日閉幕したが,まだまだ楽しみは続く。
7月15日~8月27日,開館110年記念美のかけはし-名品が語る京博の歴史-。あの国宝風神雷神図も建仁寺から出展とか。
京都国立近代美術館では藤田嗣治
京都文化博物館では北斎と広重
細見美術館では収蔵名品リクエスト展。
ミュージアムぐるっとパス関西2006が使いでがあると思われる。
節操のないおとみは,影響されやすいので,好きな絵はすぐ変わる。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

上方歌舞伎会(BlogPet)

きょうは、上方はデビューー!

歌舞伎俳優・片岡秀太郎丈が,お江戸デビューを果たした。
心より寿ぎ,みなさんの更なる飛躍を期待しているところ,国立文楽劇場のH Pに夏の上方歌舞伎会の演目が掲載されているのを発見。
第16回上方歌舞伎会公演会場 国立文楽劇場青年歌舞伎公演歌舞伎俳優既成者研修発表会

24日,配役が発表になっていたようです。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「獅子丸」が書きました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

アメショー顔のアルファ・ロメオ

アメショー顔のアルファ・ロメオ

チェロの師匠の新車。アメショー好き?ファミリーの選択なので,それらしい。お鼻はディズニーアニメ「バンビ」に登場のスカンク・フラワー風。かわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河鍋暁斎とジョサイア・コンドル

河鍋暁斎
河鍋暁斎
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 4
ジョサイア・コンドル著 / 山口 静一訳
岩波書店 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

続きを読む "河鍋暁斎とジョサイア・コンドル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

宝塚歌劇団雪組・主演娘役舞風りらさんも退団

Cut_moon_bhange_b300 宝塚雪組トップ娘役の舞風りらさんも,トップ男役朝海ひかるさんと同時に退団すると発表になったようだ。デュエットダンスが綺麗なお似合いの二人だった。
お芝居では,ほとんど結ばれなかった二人であったので,さよなら公演はぜひ,ハッピーエンドに…。
ん,公式見た限りでは朝海さんが堕天使ルシファーのようである。楽しみであるが,結ばれるとは思えないっか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »