« ブログ開設一周年!!! | トップページ | 大阪NHKホールから見た大阪城 »

2006年5月 8日 (月)

雪之丞変化2006

5gatsu 雪之丞変化2006を,5月7日(日)中日劇場で初日に観劇した。ゴールデンウイーク最終日は,昼なお暗くなる豪雨であったが,待ちに待ったご贔屓たちで劇場は熱気に溢れた。
出演は,市川猿之助一門のみなさん。
これまで,映画,大衆演劇,ミュージカル他さまざまなジャンルでヒットした雪之丞変化の世界に,劇作家横内謙介氏が,入れ子の趣向を凝らす。
初日に拝見すると,ずっとねたばれコードに引っかかるので苦しい。予想どおり良かった,期待を超えて良かった,綺麗,カッコいいが満載。

お江戸・市村座では,上方下りの女形(市川段治郎丈)が人気を博していた。見物席には,幕府用人・土部三斎(市川猿也丈)と,奥勤めの娘・浪路(市川笑也丈)らの姿があった。雪之丞の美貌と芸に心奪われる浪路。しかし,三斎こそ,雪之丞が追い続けてきた父の仇。仇討ちの手掛かりにと,浪路に偽りの恋を仕掛ける雪之丞であったが,たちまち真実の恋に落ちる。雪之丞を影で支える闇太郎(市川右近丈),岡惚れの女スリお初(市川春猿丈),さまざまな人々を巻き込み,雪之丞は迷いつつ仇討ちに突き進む。

市川段治郎丈の女形はすっきりと綺麗。劇中劇のお衣装,普段着,正装,どれも一見の価値あり。必見のお衣装と舞もある。ワタクシ的感涙ポイントが全く書けない(涙)。わーん。キーワードは(当たり前過ぎてキーワードになっていない。)。中日スポーツ評はこちら
舞台転換もスピーディで飽きさせない。惜しむらくは脚本の台詞数が多い。数を刈り込むか,矢継ぎ早の台詞の応酬にするかの改善を望みたい。
他家のブログを検索し,ネタバレだらけだったら,おとみも書きまする。書きたい~。

|

« ブログ開設一周年!!! | トップページ | 大阪NHKホールから見た大阪城 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>ぴかちゅうさま
>デカイゴツイ...でも実際に舞台姿を観るときっとそれほどでもないのでしょうね。
それほどですよ。笑也丈の浪路さんがすっぽりと腕の中に入ってしまわれます。ラブラブ感を醸し出すにはこのバランスが絶妙です(^^。その分,女形どおしの妖しさは薄くなりますが…。
おみ足の露出度も惜しみなくでございます。眼福,眼福。
>春華さま
コメントありがとうございます。いつも拝見しております。初日独特の緊張感はいいものです。
主演を盛り立てようとするチームワークは,この一座の宝です。
初見ですので,信二郎丈の雪之丞との比較や趣向のバージョンアップの考察もできません。皆様出揃ったころに,ワタクシなりの感涙ポイントなんぞ書かせて頂きます。

投稿: とみ | 2006年5月11日 (木) 01時25分

こんにちわ!
もう行かれたのですね~~~。
私はまだまだ先です。
だんだん皆様からの報告が入ってくるので
楽しみです。

投稿: 春華 | 2006年5月10日 (水) 08時13分

中日劇場のサイトに今一度飛んでチラシの画像を拡大して女形(市川段治郎)のお姿を確認...デカイゴツイ...でも実際に舞台姿を観るときっとそれほどでもないのでしょうね。
>初日に拝見すると,ずっとねたばれコード...いつ観ても気にしないで書く私です。ネタを事前を読みたくない方はタイトルチェックだけで飛ばしてくれるだろうと勝手に思っております。書きたいの我慢するとお腹ふくれてきますよ~(笑)
『タイタス・アンドロニカス』にコメントありがとうございます。内容が内容だけにチケット残席がけっこうあるようでリピーターチケット購入者には舞台写真プレゼントとかやってました。あれは毎公演一回でいいですよ、やっぱり重たいからもたれます。『オイディプス王』の時みたいにイギリスでの舞台を「劇場への招待」あたりでやってくれないかなあと思ってます。
ご贔屓の小栗くんについておばさんチェック入れてしまいました。ああ(`_`)ノ゛バシィィィィィ!!!!の言及あり。このバシ~が気に入ってしまいました。単語登録して使わせてくださいませねm(_ _)m

投稿: ぴかちゅう | 2006年5月10日 (水) 00時51分

突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ

投稿: ぶろぐひろば | 2006年5月 9日 (火) 12時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪之丞変化2006:

» 21世紀歌舞伎組公演『雪之丞変化2006』 [酒と芝居の日々]
この上演を聞いたとき、「何で今更雪之丞?」と素直に再演を喜ぶより、戸惑いの方が大きかった。 実際に初日を見ての感想は、もちろん一本のお芝居としてはよく出来ており、現代の部分も上手く処理していた。上出来です。... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 22時58分

» 雪之丞変化2006 [酔うて候]
二十一世紀歌舞伎組? いや、あえて、二十一世紀歌舞伎団と呼ばせていただきます! [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 10時32分

» 名古屋に行ってきた。 [風に吹かれて飛んで行こう。]
二十一世紀歌舞伎組『雪之丞変化2006』@中日劇場。 歌舞伎組に関しては、3月の国立劇場で「うーむ…」となったまま、今日まで日が流れていましたが。もう、泣けて泣けて。浪路の台詞が。雪之丞の苦しみが。タカミヤの真っ直ぐな言葉が。闇太郎の優しい声が。私って、こんな....... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 12時33分

« ブログ開設一周年!!! | トップページ | 大阪NHKホールから見た大阪城 »