« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

劇団四季・夢から醒めた夢

Nec_0193 5月28日(日),京都劇場で,劇団四季・夢から醒めた夢2日目を観劇した。メインキャストは以下のとおり(敬称略)
ピコ・吉沢梨絵,まこ・花田えりか,マコの母・重水由紀,メソ・飯村和也,デビル・川原洋一郎,エンジェル・藤原大輔,ヤクザ・野中万寿夫,暴走族・西尾健治,部長・田中廣臣,老人・立岡晃,夢の配達人・味方隆司

1988年初演。赤川次郎原作,浅利慶太演出の劇団四季オリジナルミュージカルは,心優しく好奇心旺盛な少女が主人公のファンタジー。
夢と冒険にあこがれる少女ピコは,夜の遊園地で,不思議な夢の配達人に出会い,透き通った寂しげな少女マコを紹介される。実はマコは交通事故死をした幽霊であった。母一人子一人。マコの突然の死に,生きる力を無くした母に別れを告げ,死を納得させるため,一日だけ替わって欲しいと頼まれる。友情に篤いピコは引き受け,霊界行きのエアーターミナルで様々な幽霊と出会うが…。

続きを読む "劇団四季・夢から醒めた夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都劇場で「鹿鳴館」

12 「夢から醒めた夢」の開幕に沸く劇団四季京都劇場であるが,京都の三島由紀夫ファンにうれしい知らせが!
劇団四季の機関紙「ラ・アルプ6月号」によると,名古屋に続き,京都劇場で「鹿鳴館」を上演すると決定したとのこと。
三島ファン,コンドルファンとして通う(かな)。
さて,こだわりの,清原久雄役。三島氏の遺作となった「豊饒の海」四部作で,第1部「春の雪」の主人公・松枝清顕と第2部「奔馬」の主人公・飯沼勲に分化するまえの,三島氏自身に近い不安定な存在である。
紅白ふたもとの蓮(はちす)は,元は同じ豊饒な泥土から咲いた花。田邊さんは清顕型で紅蓮と演じていた。勲型で白蓮として演じる型も拝見したいと思っている。
白蓮紅蓮論議は早い話,期待は福井さんのリベンジである。

続きを読む "京都劇場で「鹿鳴館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 上
ジョン・ル・カレ〔著〕 / 加賀山 卓朗訳
集英社 (2003.12)
この本は現在お取り扱いできません。

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER
監督: フェルナンド・メイレレス
出演: レイフ・ファインズ,レイチェル・ワイズ
原題のとおり,秩序あるガーデニングを日常とする英国外交官の夫ジャスティンと,情熱的なルポライターの妻テッサ。ジャスティンは,平穏を尊ぶあまり,妻が情熱を傾けているものに無関心だった。物語はケニアでのテッサの他殺から始まる。テッサの死の真相を探るため,彼女の行動の軌跡を追ううち,正義,人間愛,勇気の人であったことに初めて気付く。妻の真実を探る道程は巨悪に迫る道だった。ジャスティンは愛だけを武器にケニアに向かう。

続きを読む "ナイロビの蜂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

劇団四季・夢から醒めた夢・ロビーパフォーマンス

劇団四季・夢から醒めた夢

京都劇場で昨日開幕した夢から醒めた夢の呼び物,ロビーパフォーマンス。ヴェネチアのカーニバル風。赤川次郎氏原作のオリジナルミュージカル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

宝塚月組公演・暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン

Clipartshindenwhite2 5月27日(土),宝塚月組公演を観劇した。
ロック・オペラ/暁(あかつき)のローマ −「ジュリアス・シーザー」より−
脚本・演出:木村信司
出演:カエサル・轟悠,ブルータス・瀬名じゅん,ポルキア・彩乃かなみ,アントニウス・霧矢大夢,カシウス・大空祐飛,オクタビアヌス・北翔海莉
W.シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」を原作としたロック・ミュージカル。
男の野心と葛藤が主題の原作に,妻との情愛を書き込み,原作にないクレオパトラ,ブルータスの母にしてカエサルの愛人セルヴィーリアを加筆したとある。

続きを読む "宝塚月組公演・暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

その,顔のお綺麗さ,気高さ,美しさ,目の涼しさ,眉の勇ましさ。

41_1 24日,七月大歌舞伎制作発表記者会見!の歌舞伎座メルマガが届いていた。

最う,故郷も何も忘れました。早く殺して。ああ,嬉しい。

海神別荘の終幕で,美女が公子の凛々しい姿に打たれ,恍惚として吐く真情の台詞である。海老蔵丈より他に,この詞に相応しい方はおられますまい。ドタッ。
こんなところで悶死している場合ではない。歌舞伎座までの道は険しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

上方歌舞伎会

歌舞伎俳優・片岡秀太郎丈が,子息の愛之助丈を中心とする上方の若手俳優さんと共に取り組んでこられたユニット「平成若衆歌舞伎」が,お江戸デビューを果たした。心より寿ぎ,みなさんの更なる飛躍を期待しているところ,国立文楽劇場のHPに夏の上方歌舞伎会の演目が掲載されているのを発見。
第16回上方歌舞伎会
公演会場 国立文楽劇場
公演期間 2006年8月19日(土)〜2006年8月20日(日)
開演時間 11時 4時
演目等
藤間豊宏=振付 長唄囃子連中
春調娘七種
片岡我當=指導
双蝶々曲輪日記 角力場 一幕
山村若=振付 常磐津連中
妹背山婦女庭訓 道行恋苧環
片岡仁左衛門=指導
片岡秀太郎=指導
恋飛脚大和往来 封印切 一幕

続きを読む "上方歌舞伎会"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月22日 (月)

ダ・ヴィンチ コード

ダ・ヴィンチ・コード 上
ダン・ブラウン著 / 越前 敏弥訳
角川書店 (2004.5)
通常24時間以内に発送します。

ダ・ヴィンチ コード THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス,オドレイ・トトゥ,ジャン・レノ
パリ・ルーブル美術館で,館長の他殺死体が発見された。館長は,死の間際に,自らの体を使ってレオナルド・ダ・ヴィンチの素描(ウィトルウィウス的人体図)を模して横たわり,不可解な文字列と数列を残した。そのなかに,ハーヴァード大学ラングドン教授の名前が含まれていたため,ラングドンは容疑者とされてしまう。しかし,館長の孫娘で暗号解読官のソフィーは,暗号から,彼が犯人ではないことを確信し,逃亡に加担する。
二人は,館長の暗号の謎を解きはじめるが,それは発端に過ぎなく,事件の深層は,ルネッサンス期の万能の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが絵画「最後の晩餐」に残した,歴史を揺るがす暗号にかかわるものであった。

続きを読む "ダ・ヴィンチ コード"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

團菊祭五月大歌舞伎(夜の部)感想の本題

M437 5月14日(日),團菊祭五月大歌舞伎・夜の部の感想を…。いよいよ本題。
傾城反魂香 将監閑居の場
又平:三津五郎,おとく:時蔵,狩野雅楽之助:松緑,土佐修理之助:梅枝,将監北の方:秀調,土佐将監:彦三郎
お江戸らしい傾城反魂香は初見。粋でいなせな又平と愛想づかしが似合うおとくという組み合わせが想像付かなかったが,定評あるカップルとか。又平さんのはじけた喜び,裃の拵えを舞台上で行う,女房の鼓に合わせてのノリ。さわやかな夫婦愛で涼風が吹いていた。何と言っても文楽人形を思わせるキレの良い三津五郎丈に釘付け。
Onagagamo 黒手組曲輪達引
権九郎・花川戸助六:菊五郎,紀伊国屋文左衛門:梅玉,鳥居新左衛門:左團次,新造白玉:菊之助,牛若伝次:海老蔵,三浦屋女房お仲:田之助,三浦屋揚巻:雀右衛門
小さな良い良いを消し飛ばす菊五郎丈の圧倒的な印象に,うそで〜。が,歌舞伎は元より書き換えとパロディ。座付き作家が役者に宛書きするという黙阿弥の原点に立ち返っての演出と納得。東京に来て良かったとつくづく思った。
菊之助丈・白玉さんが今風の現金なフーゾク嬢,海老蔵丈・伝次がそのどうしょーもないマブというのがきっちり演じられていることに驚き,今更ながら菊之助丈と海老蔵丈の芸の確かさに感動。あーいつも見たいものである。

続きを読む "團菊祭五月大歌舞伎(夜の部)感想の本題"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年5月20日 (土)

大津絵と傾城反魂香

Fujimusume_1 大津絵は,元もと近江(滋賀県)の大谷・追分辺りで描き売られていた民画で,追分絵,大谷絵とも称され,その発祥は江戸初期に遡るといわれている。多くの種類があったようだが,「藤娘」と「鬼の寒念仏」が代表的なものである。
このヒット商品の大津絵を,より一層有名にしたのは,近松門左衛門作浄瑠璃「傾城反魂香」である。
物語の主人公は,又平という吃音の絵師と才気煥発な女房おとく夫婦で,現代も上演されて続けている人気狂言である。
そのため,大津絵の元祖は又平という伝説が生まれ,この物語が真実と思われているほどである。

続きを読む "大津絵と傾城反魂香"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

團菊祭五月大歌舞伎・保名vs.藤娘

5月14日(日)團菊祭・五月大歌舞伎夜の部。傾城反魂香,保名,藤娘,黒手組曲輪建引。義太夫狂言に華やかな舞踊二題に黙阿弥の助六書き替え狂言とごちそう責めの夜であった。まず,お目当ての舞踊二題から記録する。 (こんな感じ)
8_1 保名

尾上菊之助丈が清元の名曲を初役で舞う。春の白昼,いちめんなのはなのなかを恋人榊の前を失い,もの狂いとなった安部保名が彷徨う。舞台はソフトフォーカスの背景に差し金の蝶も飛ばない抽象的な演出。
お肌も艶々で健康的なのが保名としては気になるが,若さと美しさの輝きで圧倒。執着や情念とは無縁のシンプルな悲しみが伝わる。形見の小袖を使った廓の口舌のくだりは技術点も高く,鴇色の小袖をはおってわーんと泣いて寝込むところなど,小袖になりたい!とため息をついたのはワタクシだけではありますまい。
11_2 藤娘
市川海老蔵丈がこちらも初役で長唄舞踊の藤娘に挑む。松の大木に絡むデフォルメした巨大な藤の下で藤音頭にノリ,娘がほろ酔い姿を可憐に見せる。
端正でお綺麗な藤娘に客席からじわが…。指先まで神経が行き届き,丁寧に舞っておられ,思いが伝わる。表情にまで気を配っておられたが,きら~んと光る目線は鋭く,海老さまらしさが…。よいよいと頷きながらにまにましてしまった。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年5月18日 (木)

京都府庁旧本館

京都府庁旧本館

京都市上京区。明治37年竣工,設計:松室重光,一井九平。都道府県庁舎建築の精華として現役最古。玄関ホールが重厚で精緻。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

劇団四季・鹿鳴館「すてきよ!すてきよ!本当にお似合い!」

P1010420 5月14日(日),劇団四季・自由劇場で,「鹿鳴館」二度目の観劇。
この日のキャストは以下のとおり(敬称略)。写真は予習の旧岩崎邸。
影山悠敏伯爵:日下武史,同夫人朝子:野村玲子,大徳寺侯爵夫人季子:末次美紗緒,その娘顕子:岡本結花,清原永之輔:広瀬明雄,その息久雄:田邊真也,飛田天骨:志村 要(劇団俳優座),女中頭草乃:中野今日子,宮村陸軍大将婦人則子:木村不時子,坂崎男爵夫人定子:大橋伸予
華族/写真師/給仕/職人:太田泰信,田島雅彦,香川大輔,笠嶋俊秀,岡本繁治,佐藤晃仁,木村雅彦,森田利夫,川口啓史(劇団俳優座),田島康成(劇団昴),山口嘉三,青羽 剛
華族:服部良子,岡本和子,林 浩代,藤井智子,大西利江子,深沢未可子

前回の感想はこちら
前回は開幕後3週間目。スタメンから遊撃手・清原久雄役が田邊氏から福井氏に交替したときであった。福井氏の登場は2週間であった。
その感想は,全ての役者が三島の吊り人形になってしまうという三島への畏怖に満ちたものであった。劇団の刊行物も概ねこの論調に充ち満ちている。
しかし,不世出の天才といえども想定しなかったことが起こっている。現在でも,劇団四季を除き,演劇公演は概ね一月間である。まさか,自分の戯曲が半年以上も継続して演じられるとは思っておられなかったに違いない。

続きを読む "劇団四季・鹿鳴館「すてきよ!すてきよ!本当にお似合い!」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月15日 (月)

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部

5月14日(日)歌舞伎座夜の部。傾城反魂香、保名、藤娘はおうち近くがご当地の演目だが、黒手組曲輪達引で菊五郎丈に一気にお江戸黙阿弥の世界へ誘って頂けた。

| | コメント (10) | トラックバック (4)

変わらないのがうれしいアメ横

変わらないのがうれしいアメ横

アメ横と旧岩崎邸とは至近距離にある。天蓋(タコの干物)に食指が動くが、歌舞伎座で天蓋は避けるべきと断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

湯島の旧岩崎邸庭園

湯島の旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園。ジョサイア・コンドル設計。重要文化財。美しく復元修理されて公開されている。今から浜松町に走って,劇団四季の“鹿鳴館”♪~

続きを読む "湯島の旧岩崎邸庭園"

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年5月13日 (土)

天主物語の映画版のプログラム

天主物語の映画版のプログラム

WOWOWで映画“阿修羅城の瞳”を見ていた。宮沢りえつながりから資料探しをしたら,出てくるものである。今から眺めていたら眠れなくなるが…。
手鏡は阿修羅城の瞳のおまけ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

☆新感線の「朧〈おぼろ〉の森に棲む鬼」

上演開始となった「メタル・マクベス」が,劇団☆新感線の王道を行く面白さと聞き,大阪公演が待ちきれない気分になっているところ,同劇団の来年の舞台が発表になった。市川染五郎丈主演で,メタル・マクベスに続きシェイクスピアの「リチャード三世」をベースにした時代活劇「朧〈おぼろ〉の森に棲む鬼」とか。
うれしいことに,大阪松竹座で2月に一ヶ月公演があるようだ。
出展はこちら
平成14年に上演された☆新感線版「天保十二年のシェイクスピア」の佐渡の三世次(上川隆也さん)もカッコよかった〜。
また,6月末には,HEP FIVEで,DVD一挙上映のイベントもある。松竹株式会社とコラボの,市川染五郎丈主演のゴージャス系もよいが,コテコテ☆新感線・轟天等も理屈抜きに楽しい。
今夜は,腹筋の強化のため,手持ちのビデオを何か見てみよう。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年5月10日 (水)

谷町のコンビニで買ったせんば自由軒カレー

谷町コンビニせんば自由軒カレー

どこのファミマにもあるようだが、谷町四丁目交差点の店で衝動買いをしてしまった。卵をかけてカレーを冷やしたことがあった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

大阪NHKホールから見た大阪城

大阪NHKホールから見た大阪城

仕事でマイホームタウンの法円坂界隈へ。次週の同窓会の予習だ。NHKも築5年。ガラスやアルミパネルが曇ってきている。新緑は美しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

雪之丞変化2006

5gatsu 雪之丞変化2006を,5月7日(日)中日劇場で初日に観劇した。ゴールデンウイーク最終日は,昼なお暗くなる豪雨であったが,待ちに待ったご贔屓たちで劇場は熱気に溢れた。
出演は,市川猿之助一門のみなさん。
これまで,映画,大衆演劇,ミュージカル他さまざまなジャンルでヒットした雪之丞変化の世界に,劇作家横内謙介氏が,入れ子の趣向を凝らす。
初日に拝見すると,ずっとねたばれコードに引っかかるので苦しい。予想どおり良かった,期待を超えて良かった,綺麗,カッコいいが満載。

続きを読む "雪之丞変化2006"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

ブログ開設一周年!!!

Jyouyo2ko325_1 2005年5月8日(日),“風知草”は闇の中に生まれました。
細々と密かにではありますが,継続できていますのも諸兄姉さまのおかげでございます。また,的確かつ暖かいツッコミも日々の楽しみとさせていただいております。
ご覧のとおり芝居好きです。チケットの獲得は勤勉と体力のみが頼り。観劇にあたっては,感性と知性を総動員し,見た限りは客観性と不偏性を心がけ,感謝と賞賛の気持ちを綴っています。進退窮まれば潔く忘れます。
今日は, 感謝の気持ちをこめて紅白のおまんでも…。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

名古屋大須演芸場

名古屋大須演芸場

五月公演は松井誠の弟子たちがかぶく。毎日が花形大会とある。チラシには美形のスターが。小屋も良い感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

シネマ歌舞伎・坂東玉三郎/鷺娘

Chirashi_s 5月6日(土)梅田ブルク劇場で,シネマ歌舞伎・坂東玉三郎/鷺娘を見た。大阪初日である。
上演時間は,同時上映の日高川入相花王と2本で60分。ハイビジョン,6ch音響ということで,映画館のスクリーンで,さながら歌舞伎座に居る臨場感を味わいながら,映像ならではの寄りが堪能できるという,歌舞伎座から遠いものにとってはうれしいエンタテイメントジャンルである。
予告編もプロローグもなく,いきなり柝の音で始まる。

続きを読む "シネマ歌舞伎・坂東玉三郎/鷺娘"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

A Life in the Theatre

Photo_1 5月6日(土)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで「A Life in the theatre」を観劇した。
概要は以下のとおり(敬称略)
作:デイヴィッド・マメット,翻訳:小田島恒志,演出:ポール・ミラー
出演:市村正親,藤原竜也
日本を代表する舞台役者,市村正親と藤原竜也の初顔合わせ
がっぷりよつに組んでの二人芝居
芝居好きにはたまらない究極の演劇

続きを読む "A Life in the Theatre"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年5月 5日 (金)

小さき勇者たち~ガメラ~

Kezume01 監督: 田崎竜太
出演: 富岡涼,津田寛治,夏帆,寺島進,奥貫薫
1973年,ガメラはジーガスと戦い自爆して伊勢の海に消えた。

続きを読む "小さき勇者たち~ガメラ~"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

RENT

RENT/2005米
制作:クリス・コロンバス
出演:アダム・パスカル,クリス・ドーソン,ウイルソン・ヘレディア
脚本,作詞,作曲:ジョナサン・ラーソン(故)
1996年2月に初演。ブロードウエイに進出し,トニー賞他演劇界の賞を総なめにした大ヒットミュージカルの映画化。

続きを読む "RENT"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大絵巻展・京都国立博物館

Nec_0135 5月4日(木)京都国立博物館に大絵巻展を見に行った。
源氏物語絵巻,信貴山縁起絵巻,鳥獣人物戯画といった国宝が一堂に会するということで大人気。
平安時代に物語の成熟とともに始まり,説話,軍記物,寺社縁起,高僧伝,御伽草紙と主題を広げながら発達した絵巻は,現代の映画や漫画,アニメーションのルーツともいわれる。
地獄草紙,病草紙のおどろおどろしさ,鳥獣戯画の底抜けの楽しさ,信貴山縁起の躍動感。楽しい。時間の経つのを忘れる。早う行けやーの声がかかる。よくしたもので,高僧の伝説などは進みが早い。
展示品は期間中三度入れ替えがある。
公式サイトはこちら。混雑状況はこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »