« ミュンヘン | トップページ | 道明寺 »

2006年3月 4日 (土)

ナルニア国物語

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女
THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH & THE WARDROBE
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ウィリアム・モーズリィ,アンナ・ポプルウェル,スキャンダー・ケインズ,ジョージィ・ヘンリー,ティルダ・スウィントン

第一次大戦下のロンドンからペベンシー4兄弟は田舎の教授の屋敷に疎開する。広大な屋敷に鎮座する立派な洋服ダンスの奥は,ナルニア国に続いていた。ナルニア国は白い魔女の力で雪と氷に閉ざされていたが,真の王アスランが帰還し,アダムとイブの末裔が支配から解き放つという伝説が信じられていた。

普通の少年少女が危難に巻き込まれ,成長を遂げると共に虐げられた人々のために戦う,冒険ファンタジーの王道をゆく物語。分かりやすく多彩なキャラクターが楽しさを増幅してくれる。雪の女王,百獣の王ライオン,パーン,ケンタウルスと目新しさはないが,観客の心の中に結ばれた象を目の前に忠実に再現。
物語を推し進める幼い女主人公ルーシーの賢さ,純粋さと勇気を,力強い瞳で演じたジョージィちゃんの演技に釘付け。少年には自尊心を,少女には使命感を与え,元少年少女には希望を持ち続ける力を取り戻してくれる。

ライオンと魔女
C.S.ルイス作 / 瀬田 貞二訳 / Pauline Baynes〔画〕
岩波書店 (2005.5)
通常24時間以内に発送します。

|

« ミュンヘン | トップページ | 道明寺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>恵美さま
歌舞伎会に入会しますと毎日が映画の日。こちらの特典は重宝しています。一時はミニシアター系をこまめに見たのですが,今は金満ファンタジーものが中心かな。
映画評は,スタッフ&キャストの実績や作風を理解し,撮影技術,カメラワーク,編集,音楽と書くことが多すぎて手つかず。備忘録に留めております。
7巻,3年に一度なら18年。さあ(O.O;)(o。o;)

投稿: とみ | 2006年3月 5日 (日) 12時29分

とみさまには、
さっそくのナルニア鑑賞ですね。私は来週予定しております。
第1章ライオンと魔女。
どこまで続くのやら、最後まで見届けられるのか(笑)心配しつつ、まずは。

投稿: 恵美 | 2006年3月 4日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語:

« ミュンヘン | トップページ | 道明寺 »