« ナルニア国物語 | トップページ | 浪花花形歌舞伎のチラシ »

2006年3月 8日 (水)

道明寺

菅原伝授手習鑑に登場する道明寺は,大阪府藤井寺市にある菅公ゆかりのお寺であるが,道明寺といえばこれ,桜餅のことをいう。関西では桜餅といえば道明寺粉と呼ばれる干した餅米を蒸し器で戻して作る。中はつぶあんである。
関東の桜餅は,小麦粉をクレープ状に焼き,中にこしあんをロールする。長命寺と呼ばれる。
太宰府天満宮名物は梅が枝餅。つぶあん入り焼き餅である。榎寺で淋しく暮らす道真公を慰めるため,老婆が梅の枝にだんごを刺して差し上げたのが始まりといわれている。
思うは,菅公ゆかりのスイーツばかり。早い話が仁左衛門丈の道明寺が見たい!
左より,道明寺,長命寺,梅が枝餅

doumyou 0330 moti

|

« ナルニア国物語 | トップページ | 浪花花形歌舞伎のチラシ »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>管理人Aさま
はい,ワタクシもまだ先です。見逃しリスクを回避し,万難を排して出かけましょう。お茶は断然濃いめです。
歌舞伎座はさぞ渋めでゆかしいお召し物の方が多いことでしょう。着物で装うことは出来ませんが,精進潔斎して参ります。

投稿: とみ | 2006年3月11日 (土) 20時13分

私も昨日、銀座三越の地下で、道明寺の
和菓子に目が釘付けになりました。
私の観劇予定は20日なのですが、まだ
売っていたら、観劇のお供は道明寺と
決めました~。早く観たいですね!!

投稿: 管理人A | 2006年3月11日 (土) 12時21分

>アクアさま
梅が枝もちはついたお餅と異なり,餅米粉とうるち米粉をブレンドし蒸した(たぶん)ものでねばりはありません。素材を活かした純朴な味で,歩きながらぱくっといただけてしまいます。

投稿: とみ | 2006年3月10日 (金) 17時53分

梅が枝餅って、恐らくいただいたことがありません。どんなお味なんでしょう?とても気になります。つぶあん、大好きなんですよ!
TB返させていただきますね~♪

投稿: アクア | 2006年3月 9日 (木) 00時33分

>スキップさま
パルコ歌舞伎と道明寺は,上演時間が実は少ししか変わらないようです。ゆっくり物語が進み心と体に優しい古典芸能と,疾走する三谷演劇。どちらも楽しめる感性を持ち続けたいです。どちらも見られるお小遣いと時間が欲しいのは勿論です。
>恵美さま
道明寺桜餅は,通年でいただけますし,リーズナブルで美味しいです。あまり食べ物に執心しないとみですが,よほど仁左さまが恋しかったのか,開設以来初めてのスイーツの記事でした。お写真なり部屋に飾り,学業成就を拝みたいものです。
>ねもさま
拙宅へようこそ。梅が枝餅はご当地で焼きたてをいただかないと美味しくありませんね。歌舞伎座のおやつも気になっています。
菅原伝授手習鑑は繰り返し上演されますが,道明寺はとっておき。よろしかったら,貴宅もお邪魔致します。
>はるきさま
もちろん拝見しました。お若いころの坂東玉三郎丈の苅谷姫の麗しいお姿が…。現在の完成された美しさと至芸には及びませんが,若さが輝いておられました。
今月は牛肉は食しません!(実は年に一,二度しか頂きません。(^^ゞ)

投稿: とみ | 2006年3月 8日 (水) 22時51分

とみさん、こんばんわ。
先日放映の「芸能花舞台」は御覧になりましたか?
松嶋屋三兄弟のインタビューを交えた、十三代目の当り役の数々、懐かしげで慈愛と威厳に満ち、どれもうっとりさせられました。菅丞相様も勿論出てきました。やっぱり仁左様のお父様ですから素敵ですよね…
こちらはやや天候不順ですが、是非とみさんの東下をお待ち致しております。歌舞伎座でも、京都の美味しい桜餅が待ってます。

我が家では、私以外の家族は皆道明寺ひとすじなのですよ。私は両方好きですが…
梅が枝餅というのは、梶原景季の彼女に因んだものかと思ったのですが天神様の方なのですね。このお菓子を御覧になった時の菅丞相様、どんな素敵なお顔をなさったことでしょうね。

投稿: はるき | 2006年3月 8日 (水) 22時05分

TBありがとうございます(^^)
桜餅は苦手なのですが、梅ケ枝餅は美味しいですね。
ずっと昔に大宰府に行った時に食べたのを今でも覚えています。
新作やお茶らけ系も楽しいですが、菅原伝授など古典的な演目が一番好きかな~。

投稿: ねも | 2006年3月 8日 (水) 17時44分

名古屋でも桜餅といえば「道明寺」ですが、なぜ?梅餅でなく桜餅なのか?
ま、おいしければ由来などど~でもいいことです(笑)。
桜餅のように、甘酸っぱくもちもちとした?仁左衛門丈の道明寺♪
早く食しとうございます。

投稿: 恵美 | 2006年3月 8日 (水) 10時22分

とみさま

最後のオチに思わず笑ってしまいました。
私も今回の上京の折に仁左衛門さんの道明寺を観るべくあれこれ目論んだのですが、昼の部の最後の演目で、どうしても他の観劇に重なってしまって無理。泣く泣くあきらめて後ろ髪ひかれる思いで帰ってきました(涙)。

投稿: スキップ | 2006年3月 8日 (水) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/8994329

この記事へのトラックバック一覧です: 道明寺:

» 桜餅とか歌舞伎とか [Daily Bubble]
今日で2月もお終い。もともと短い月だけど、あっという間に1ヶ月が過ぎたよう。ふぅぅ、早いなぁ。 さて、先日の土曜日は桜餅を食べながら教育TVで「芸能花舞台」を拝見しました。13代目仁左衛門さんを偲ぶ構成で、国立劇場の「道明寺」の一部を放映していました。あれ、当代は15代目だよなぁと思い俳優名鑑で確認したところ、14代目は追贈されているんですね。ふむふむ。 「花舞台」では、若かりし日の秀太郎さんの素のお顔(若いよ!可愛... [続きを読む]

受信: 2006年3月 9日 (木) 00時33分

» 鼓月 [豆若茶房]
自宅でお手軽に抹茶を一服。お茶を習っているものの… お道具は、お茶碗しか持ってません。 自分で買ったものが2つ。(唐津焼・萩焼) 残りの4つは、大学卒業のお祝いやお初釜で頂いたもの。 春らしいお茶碗は、これしかないかも。 本当はお棗やお香合くらいは持っ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 14時36分

« ナルニア国物語 | トップページ | 浪花花形歌舞伎のチラシ »