« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月25日 (土)

三月大歌舞伎・昼の部(浄書)

十三世片岡仁左衛門追善興行,3月21日(火)の昼の部の観劇記をまとめる。

吉例寿曽我
寿曾我対面に代表される数ある曾我もののなかでも,ビジュアル的楽しさ溢れる一幕。
・鶴ヶ岡石段の場
石段で近江小藤太・進之介丈と八幡三郎・愛之助丈が切り結ぶ。がんどう返しで場面は次の大磯へ。
・大磯曲輪外の場
だんまりや絵面の見得など歌舞伎の約束事とお役のカタログ的場面。中央に工藤・我當丈。五郎・翫雀丈,十郎・信二郎丈,大磯の虎・芝雀丈,化粧坂の少将・家橘丈他。
一遍にごちそう出されても見切れまへ~ん。というてるうちに幕。
義経千本桜・吉野山
狐忠信・幸四郎丈,静御前・福助丈,早見藤太・東蔵丈での吉野山。 狐さんも静御前もお衣装が重厚で立派。主役カップルも重厚で立派,おーお雛さま…。ふと気が付くと狐手で花道引っ込んでおられた。面目ない。
道明寺
NEC_0065 上演時間2時間という長丁場。十三世の神懸かり的な菅丞相を,当代が追善狂言で演じる。
菅丞相は,政敵藤原時平に謀反の汚名を着せられ,太宰府に左遷されることになるが,理由とされたのが,養女苅谷姫・孝太郎丈と皇弟斉世親王との恋であった。流人となる旅であるが,篤実な判官代・富十郎丈の計らいで,河内の国那領の後室伯母覚寿・芝翫丈の屋敷で潮を待ち,伯母や娘との対面を許される。
娘立田の前・秀太郎丈,立田の前の夫宿禰太郎・段四郎丈,その父土師兵衛・芦燕丈。
・杖折檻
丞相の木像が奇跡を見せる伏線となる導入部。全編の芯を取る芝翫丈がしゃきっと格好良い。
・東天紅
宿禰太郎とその父は,時平方。菅丞相を偽の迎えで強奪し,亡き者にしようと企んでいる。偶然聞いてしまった立田の前を,無惨に殺害する。偽の迎えのため,鶏を早鳴きさせようとする一連の動きがひたすらおかしい。悲劇の中でもおかし味がある歌舞伎の特質が心地よい。
いよいよ,菅丞相のご登場。衣冠束帯の画像のようなお姿。装束は白。神々しいが何か変。あー行ってしまわはった。
愚直な中間宅内・歌六丈が立田の前の遺骸を発見し,物語は急転する。覚寿は真犯人を見破り,娘の敵宿禰を成敗する。
本当の迎えの判官代輝国が到着するが,既に出立したと告げる覚寿。事の重大性に騒然となるが,御簾うちから,菅丞相の声が…。
冠無しの青紫の束帯。麗し~。
木像は白,本物は青紫の装束。理屈ではない。菅丞相は存在だけで観客を納得させなければならない。長身小顔の枯れたお姿は,身も心も清浄で気高い。
・丞相名残
悲劇のクライマックス。丞相の出立となる。一目養父にまみえたい苅谷姫の身も世もない嘆きと,振り切ろうとする丞相の抑制の効いた嘆きとの対比が悲しさを相乗する。
振り返らず行こうとするが,堪えきれず振り返る。観客の涙の堰が一度に決壊する。仁左衛門丈も涙を流しておられた。
長かった。遠かった。道明寺への道。感動へのプロセス。

売店では今月は道明寺を販売していたが,迷わず生天神の写真を購入した。

| | コメント (11) | トラックバック (8)

三月大歌舞伎・夜の部(浄書)

明日の千穐楽を前に,十三世片岡仁左衛門追善興行,3月21日(火)の観劇記をまとめる。

近頃河原の達引
十三世が当たり役とした“堀川”の与治郎役を片岡我當丈が演じる。今興行には,伝兵衛に坂田藤十郎丈を迎え,お俊に秀太郎丈,母ぎんに吉之丞丈というこの上ない顔合わせで,四条河原の場からかけられる。
・四条河原の場
優男の伝兵衛は,お俊を侍と張り合い,窮地に陥れられ,衝動的に侍を殺害する。
・堀川与次郎内の場
近所の子どもに唄と三味線(ん,鳥辺山心中)を教える盲目の母ぎんと,猿回しを生業とする孝行息子・与次郎の,貧しいながらも穏やかな日常に暗雲が…。この家の妹娘が,あの事件の発端となったお俊で,伝兵衛が表れるのを恐れ,匿われている。果たして伝兵衛は表れる。どうする与次郎!
NEC_0070 四条河原の場のじゃらじゃらしたお俊と伝兵衛のやりとりは上方和事のお約束。鳥辺山と同じ設定でおうちに帰った気分。
貧しい家の主・与次郎は,この上ない働き者である。盲目の老母と傷心の妹,相方の二匹のお猿の面倒を見ること見ること。忙しいのなんの片時も休む暇がない。細やかでリアリティある一つ一つの所作に愛情がこもり,心温まる。そこはかとない笑いを誘いながら,物語にぐっと引き込む。御母堂の吉之丞丈の反応がまた良い。
ヒットとなった“そりゃきこえませぬ伝兵衛さん”のくどきで有名な,二人が心中を決意し,母と兄がそれを許すくだりも勿論見せるが,圧巻は,二人の道行きの餞に与次郎が二匹の猿に婚礼の場を演じさせる場面である。あ,お弁当ぎゅーぎゅー詰めもいけてる。
その演目が曽根崎心中になっているところが,“そりゃ験悪うおます”と突っ込みを入れたくなるが,ここで,観客は笑いながら泣くという,顎関節と腹筋と横隔膜と目に厳しい試練を強いられる。
我當丈!最高!日本一のお兄ちゃん!河庄のお兄ちゃんも良かったが,これが最高!お役の域を超えて,家族を愛する丈の生き方を見せていただけた。
二人椀久
富十郎丈の椀久に,菊之助丈の松山。期待の演目を拝見し,期待以上であったことの満足に酔い痴れた。
富十郎丈は,尾羽打ち枯らしながらも,残りの色香どころか,現役の妄執が立ち香おる。色狂いが似合う。逆に菊之助丈は,全盛の傾城のプライドが輝き,実年齢は若くとも成熟した大人であることを漂わせている。
舞踊様式としては夢幻能であるが,劇中劇ならぬ舞中舞に謡曲井筒の場がある。この辺りは上品メ。舞の佳境はお二人の廓遊び。富十郎丈の確信的な手の動きに思わず頬が熱くなる。やって頂ける。恥ずかしくて書けない。
菊之助丈への贔屓目抜きにして,若さの絶頂の輝きの中にあって,没落と老残を全て見据えた遊女の悲しさが見えたことが大満足。)^o^(
不勉強ながら,これまで,二人椀久は,仁左衛門丈と玉三郎丈のものしか拝見したことがない。この絶品は主題まで異なる別物である。
水天宮利生深川
黙阿弥散切りもの,松本幸四郎丈が赤貧にあえぐ開花期の元武士を演じるとあって,暗く悲しいかのと案じられたが,キレた幸兵衛が思いの外お似合いで,しっかり笑わせて頂いた。
ぶっこわれた幸兵衛はもうだれも止めることは出来ない。旅だって仕舞われた。サンチョ・パンサ役の歌六丈も熱演。不幸せな長女役の壱太郎丈も涙を誘っておられた。

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2006年3月22日 (水)

天保十一年の忠臣蔵・犬丸治 著

天保十一年の忠臣蔵
犬丸 治著
雄山閣 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

富十郎丈と菊之助丈の二人椀久

三月大歌舞伎では富十郎丈が至芸を余すところなくご披露されている。
椀久さんの色狂いは凄まじい。火傷しそうな男の性急さ。菊之助丈は全盛の大夫の移ろいやすさがしっかり見えた。

nec_0132.jpg

| | コメント (8) | トラックバック (1)

三月大歌舞伎・夜の部

3月21日(火),歌舞伎座で十三世片岡仁左衛門追善公演を観劇した。演目は近頃河原の達引。
我當丈の与次郎は,演技の域を超えた家族を愛する生き方そのものと見た。
お写真は十三世の与次郎。

nec_0131.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (1)

三月大歌舞伎・昼の部

3月21日(火),歌舞伎座で十三世片岡仁左衛門追善公演を観劇した。演目は道明寺。
当代の神々しいお姿と,人間味溢れる菅丞相に感極まった。

nec_0128.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

モデルになってもらえたが…。

アメショーは警戒していた。
チェロの師のペットFigaro

nec_0116.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

劇団四季・異国の丘千穐楽

3月19日(日),京都劇場で,劇団四季・ミュージカル異国の丘千穐楽を観劇した。メインキャストは以下のとおり(敬称略)
九重秀隆・石丸幹二,宋愛玲・木村花代,吉田・中嶋徹,神田・深水彰彦,西沢・神保幸由,大森・江上健治,宋美齢・武木綿子,李花蓮・団こと美,劉玄・青山祐士,宋子明・山口嘉三,蒋賢忠・中村啓士,九重菊麿・武見龍麿,アグネス・フォーゲル夫人・久野綾希子,クリストファー・ワトソン・志村要(劇団俳優座),メイ総領事・高浜幸兵,ナターシャ・西田有希(劇団俳優座)

京都公演の主演カップルは,期間中に,下村さん&佐渡さんから石丸さん&木村さんに変わっている。
石丸さんは,四季のリーディングアクターとして,様々なミュージカルやストレートプレイにおいて,芯をとっておられる。プロモーションコピーの“戦後のシベリアで何があったのか。祖国と恋人に殉じたある貴公子の物語”を体現できる俳優さんである。ヒロインの木村さんは,夢醒めのマコやB&Bのベルなど,ピュアな娘役が中心であるが,清廉で一途な宋愛玲役も充分守備範囲。二人の声のバランスも良かった。
秀隆は,苛酷な収容所生活のなかで,大和心を持ち続ける貴種として,捕虜達の心のよりどころとなる。下村さんは剛毅に,石丸さんは静謐に…。元の階級や地位が無意味となった生活の中では,心の丈の高さが唯一のアイデンティティとなる。
故郷を愛し,父母を敬い,友と親しみ,妻を労り,幼きを慈しむ。最高潮の男声合唱は会場を揺さぶった。
今日のカテコは,割れるような拍手とブラボーの歓声のなか,回数が分からなくなるくらい続いた。オールスタンディング。
こだわるようだが,石丸さんの秀隆は,高貴な魂の恋人に殉じたと,しっかり見えたので納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

沙翁に学ぶ観劇の心得

3月18日(土),大阪松竹座で「夏ノ夜ノ夢」を観劇し,今更ながらシェイクスピアに学んでしまったので,感動を記しておく。
ワタクシとみは,観劇に関してはもの分かりがよい。選り好みせず観劇する。観劇前は,仮想上演を三度は行う。不安がある場合,何があっても驚かないとしっかり念じる。それでも,がっかりしたときは,スタッフ&キャストから出来映えを予想できなかった己の不徳を恥じ,黙ってうなだれる。そして,頭の中で修正上演をする。

「夏ノ夜ノ夢」には劇中劇が登場する。大団円で,職人達が稽古の成果を披露する。アテネの大公シーシュースは,新妻アマゾンの女王ヒポリタに観劇のあり方を論じる。“この世は劇場,人はみな役者”というレトリックは,様々な作品に登場するが,観客の心得があるのはここ。ヒポリタは,失敗しそうな芝居は見たくないという。シーシュースは,こう返す。

「だめなものであればこそ,それを喜んでやるのが我々の心遣りというものであろう。相手がやりそこなったら,それはこちらが見損なってやるだけのこと,それがけっこう我々の楽しみともなろう。下の者が努めて出来ぬことを,上の者はそのまま受け容れ,ただ心を見て,出来映えを問わぬことだ。以下続く…。」

自分がシーシュース=オーベロン=シェイクスピアの境地に達していることを悟ったことが,本日の夏夢観劇の最大の収穫であった。加納版では,妖精の王オーベロンと女王タイターニアが人間界を覗き見ている設定になっていた。
あ,誤解のないよう。この台詞を発見しただけで,芝居は実に素晴らしかったことを念のために書き添える。
ほんとうだってばっ!

この記事にご共感頂けましたら,ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夏ノ夜ノ夢・大阪松竹座

3月18日(土),大阪松竹座で「夏ノ夜ノ夢」初日を観劇した。スタッフ&キャストの概要は以下のとおり(敬称略)。

【スタッフ】(脚本)W.シェイクスピア,(翻訳)福田恒存,(脚色・演出)加納幸和,(衣装)前田文子,(制作)松竹株式会社
【メインキャスト 】パック:尾上松緑,ヘレナ:佐藤江梨子, ハーミア:保田圭,ライサンダー:海東健 ,デメトリアス:河相我聞,ボトム:マイケル富岡,クィンス:住田隆,イジアス:菅野菜保之,タイターニア:床嶋佳子,オーベロン:村井国夫

シェイクスピアの喜劇のなかでも,エンタテイメント性の高い人気狂言で,繰り返し上演されている。妖精の王と女王の不和,アテネ貴族の若い男女の恋のもつれ,アテネ侯爵の婚礼での芝居の稽古に余念のない職人達。夏至祭の夜,アテネ郊外の森の中で,人間と妖精入り乱れての大騒動が起こるが,仕組んでいるのはいたずら好きの妖精パックだった。

加納幸和氏の脚色により,混乱の物語に,パックを芯とする秩序が形成されている。パックは,妖精の王オーベロンと人間の娘との間に生まれた庶子である。人間の娘ヘレナに心惹かれるがヘレナの恋を叶えてやる分別を持ち合わせている。いたずらはするが,妖精の女王タイターニアを一応尊敬し,タイターニアもパックを王位を継ぐ者と認めている。
シーシュースとヒポリタは登場しなく,オーベロンとタイターニアのままである。イジアスとクインスは兼ねない。我らがパックはフィロストレートも演じる。
夏夢の好みは,性別超越,猥雑,放送禁止用語乱発,楽屋落ち修復不能系であるが,尾上松緑丈の求心力と人間性に合わせ,グッドフェローにすることにより,感動が付加された良い舞台に仕上がっている。オーベロン役の村井氏とパックのやりとりが楽しい。
大向こうさんも来ておられ,音羽屋!と声がかかっていた。

ちなみにこれまで拝見した夏夢,ピーター・ブルック演出RSC,ペーター・ストルマーレ演出グローブ座カンパニー,蜷川幸雄演出石庭バージョン,宝塚月組公演小池修一郎演出PUCK。
尾上松緑丈はカッコかわいかった。

nec_0113.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2006年3月16日 (木)

京都さくらマップ

書店に立ち寄ると,春の京都特集が組まれているタウン情報誌が驚くほどあり,あれもこれも購入したくなる。花,食,物,歴史,文化など,テーマに合わせてチョイスしたい。
無料のものでは,京都市発行の桜の名所34カ所を紹介する冊子「京都さくらマップ」が美しい。バレリーナの草刈民代さん他の記事も…。
A5判,32ページ。京都市内の観光案内所や区役所に置かれているが,全国のホテルなどでも配布しているとか。

nec_0110.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月15日 (水)

福井さんがセンバツ出場の後輩を激励

3月10日(金)の日刊スポーツの記事に劇団四季・福井晶一さんを発見。
春の選抜高校野球に出場する北海道代表旭川実業高等学校野球部を,同校野球部OBで劇団四季“トップ俳優”の福井晶一さんが激励とあった。
高校時代,福井さんは遊撃手で主将を勤めていた。そのとき培った礼儀,努力,忍耐でアンサンブルから主演を射止めるまでになった。
後輩へのメッセージとして,“結果を恐れず自分を信じて平常心で臨むべき”と言葉をおくったそうである。
劇団四季のトップ俳優,キャッツのリーダー…。もっと言ってくれ~。
芸暦にキャッツしかないのが気になるが,芸暦の隔たりは,はまり役に出会ったから。体育会系のシャイな奴。後輩思いの兄貴分というキャラは,まんま正義感あるリーダー猫・マンカストラップ(アメショー)である。納得。もう他のお役が見たいとは申すまい。
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

〈シネマ歌舞伎〉板東玉三郎-鷺娘・予告編ムービー

公式HPに〈シネマ歌舞伎〉板東玉三郎-鷺娘の予告編ムービーがアップされている。1分足らずの短い動画であるが,引き抜きが映っている。大阪梅田・ブルク7でも上映されるようだ:-@。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

京都東山花灯路

3月11日から21日まで,京の春の風物詩としてすっかり定着した“京都東山花灯路”が開催されている。
要約すると,夜間拝観と道路照明のコラボレーションであるが,いつもの深い闇とほの灯りのまちが,凝った照明により演出される。イベントも盛り沢山,神戸のルミナリエ並みの大変な混雑のようだ。京に跋扈したかもしれない魑魅魍魎も退散することであろう。
これが済むと,桜のライトアップ。値千金の春の宵の楽しみは続く。
そういえば,ハイアットリージェンシー京都が15日にオープンするはず。ハイアットリージェンシー大阪に出かけて気後れしないよう,度胸試しの場が出来るのは喜ばしい。と,よしなしごとを考えながら,とうに灯りも消えた夜陰の東山を徘徊する今夜のとみであった。
写真は,賑わいと東山駅に飾られている灯籠の見本
P2006031100154 nec_0106.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

京都市ジュニアオーケストラデビューコンサート

3月12日(日),京都コンサートホールで開催された“京都市ジュニアオーケストラデビューコンサート”に出かけた。京都市交響楽団が京都を生活圏とする10才から22才の青少年を指導し,将来の才能を育成しようという取組である。総勢120人。
お世話になっているチェロの師のご令嬢とご令息も,第二ヴァイオリンとチェロで出演。エルガーの威風堂々,シベリウスのフィンランディア及びチャイコフスキーの交響曲5番の本格的プログラム。
若いエネルギーはノリが良い。盛り上げ方に一本調子なところは可愛らしさで一蹴。残響時間の短い京都コンサートホールならではのキレの良さが,みなさんのクリーンな音を引き立てていた。
指揮は大友直人氏。
P1010408 P1010409 P1010410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

和樂4月号『卯月,片岡仁左衛門の歌舞伎に浸る』

和樂4月号 和樂4月号
『卯月,片岡仁左衛門の歌舞伎に浸る』というタイトルの特集である。篠山紀信氏の写真が迫力。芸歴,ロング・インタビュー,当り芸等40ページの読み応えある記事が,いつもながら美しい編集で掲載されている。
一月号より連載されている『板東玉三郎が語り継ぐ美の遺伝子』。今月は政岡,定高,戸無瀬等母ものが中心となっており,充実している。マストバイである。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

まもなく終了予定とのことで,3月10日(金)駆け込みで見に行った。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 WALK THE LINE
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ホアキン・フェニックス,リーズ・ウィザースプーン

1950年代,エルビス・プレスリーやボブ・ディランに啓示を与え,ロカビリーの黄金時代を築き上げた伝説のアーティスト,ジョニー・キャッシュの半生を,珠玉のヒットナンバーをちりばめ描いたラブストーリー。
シンガーとしてデビューしたばかり,自信が持てないジョニーは,幼いころからファミリーで歌っていたあこがれの歌手ジューンに出会う。ジョニーはまぶしさに心射抜かれるが,彼には妻子があり,ジューンにはシングルマザーとして養わなければならない家族があった。共感し求め合いながらも,個性がぶつかり,或いは事情が許さず,二人は出会いと別れを繰り返す。

伝説のアーティストといえども,傷つきやすく愛を求めてやまない善人である。善人ゆえの弱さも併せ持つ。どん底のジョニーを支えるジューンとその家族の友愛が感動的である。実の親が見捨て(勝手だ。),ジューンも見捨てようとするが(当然だ。),彼女の両親が背中を押してくれる。ヤクの運び人を猟銃で追い返すジサマにブラボー。
主演女優賞に輝くリーズ・ウィザースプーン氏は,キュートでグラマラスな魅力が全開。共演の俳優さんの表情も豊で人間味溢れ,にんまりしてしまう。
運命に裂かれても裂かれても求め合い結びつく魂の絆は,心揺さぶるサウンドと共に,愛を信じる気持ちにさせてくれる。
映画は着席して鑑賞するものであるが,思わずスタンディングしてしまいそうになる。それにつけても,R・ストーンズのツアーに行きたい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月10日 (金)

浪花花形歌舞伎のチラシ

公式HPに大阪松竹座の新しいチラシがアップされている。芝居小屋が並ぶ往事の道頓堀風で楽しげである。役者さんの面差しも古風で良い雰囲気。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

道明寺

菅原伝授手習鑑に登場する道明寺は,大阪府藤井寺市にある菅公ゆかりのお寺であるが,道明寺といえばこれ,桜餅のことをいう。関西では桜餅といえば道明寺粉と呼ばれる干した餅米を蒸し器で戻して作る。中はつぶあんである。
関東の桜餅は,小麦粉をクレープ状に焼き,中にこしあんをロールする。長命寺と呼ばれる。
太宰府天満宮名物は梅が枝餅。つぶあん入り焼き餅である。榎寺で淋しく暮らす道真公を慰めるため,老婆が梅の枝にだんごを刺して差し上げたのが始まりといわれている。
思うは,菅公ゆかりのスイーツばかり。早い話が仁左衛門丈の道明寺が見たい!
左より,道明寺,長命寺,梅が枝餅

doumyou 0330 moti

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年3月 4日 (土)

ナルニア国物語

ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女
THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH & THE WARDROBE
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ウィリアム・モーズリィ,アンナ・ポプルウェル,スキャンダー・ケインズ,ジョージィ・ヘンリー,ティルダ・スウィントン

第一次大戦下のロンドンからペベンシー4兄弟は田舎の教授の屋敷に疎開する。広大な屋敷に鎮座する立派な洋服ダンスの奥は,ナルニア国に続いていた。ナルニア国は白い魔女の力で雪と氷に閉ざされていたが,真の王アスランが帰還し,アダムとイブの末裔が支配から解き放つという伝説が信じられていた。

普通の少年少女が危難に巻き込まれ,成長を遂げると共に虐げられた人々のために戦う,冒険ファンタジーの王道をゆく物語。分かりやすく多彩なキャラクターが楽しさを増幅してくれる。雪の女王,百獣の王ライオン,パーン,ケンタウルスと目新しさはないが,観客の心の中に結ばれた象を目の前に忠実に再現。
物語を推し進める幼い女主人公ルーシーの賢さ,純粋さと勇気を,力強い瞳で演じたジョージィちゃんの演技に釘付け。少年には自尊心を,少女には使命感を与え,元少年少女には希望を持ち続ける力を取り戻してくれる。

ライオンと魔女
C.S.ルイス作 / 瀬田 貞二訳 / Pauline Baynes〔画〕
岩波書店 (2005.5)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミュンヘン

ミュンヘン MUNICH
監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演: エリック・バナ,ダニエル・クレイグ,ジェフリー・ラッシュ
1972年9月5日,ミュンヘン・オリンピックで,パレスチナゲリラ“黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こり,選手団は全員殺害された。
イスラエル政府は報復を決定。特殊部隊“モサド”に,実行者のパレスチナ人ゲリラ11人を暗殺する命令を発する。
モサドの若い工作員アヴナーは,上官エフライムの命でリーダーに任じられ,4人の仲間と共に欧州各国に潜入する。任務は苛酷で,仲間は半ば素人で人間的。困難に継ぐ困難を克服し,ひとりまたひとりとたおしてゆくが,犠牲も出ていた。

ワタクシが見たのはトリノオリンピック開催の前夜である。
映画は,チーム5人と,潜入地で遭遇する協力者や敵との攻防戦をシリアスかつシニカルに描く。アクションはスパイ映画のように面白いように敵が倒れる訳でなく,敵も悪の権化でなく人間的な側面を持つ。全員に感情移入し,リアリティのある殺人シーンに心えぐられながら見ることになる。体調を整え心をリベラルに保ち見極めたい映画である。
結末は知られているが,スピルバーグのメッセージがどう出るか緊張は続く。
「報復の押収から,何も得るものはなく,戦いは永久に続く。」バタッ。

標的(ターゲット)は11人
ジョージ・ジョナス〔著〕 / 新庄 哲夫訳
新潮社 (1986.7)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年3月 3日 (金)

博士の愛した数式

博士の愛した数式 
監督: 小泉 堯史
出演: 寺尾聰,深津絵里,齋藤隆成,吉岡秀隆,浅丘ルリ子
(C)「博士の愛した数式」製作委員会

新学期,教壇に立つ若い数学教師は,自分に数学の愛おしさを教えてくれた数学者のことを語り始める。彼の母は家政婦の仕事で生計を立てていた。彼が10才の冬,ある数学博士の世話をすることになる。依頼人は,交通事故で足に障害を持つことになった義姉であった。
博士は同じ事故で脳を損傷し,記憶は80分しか保たなかったが,数字や数式に驚くべき記憶と想像力を示し,数学を通じて母と心の交流を深める。10才の彼も,母の勤務先を訪れ,博士と楽しいときを過ごしたり,同じ球団の贔屓であることから,共に野球を楽しむようになった。

博士と母子との心の交流を,淡々とあざとくなく描く。博士の記憶は10年前から一日しか経っていなく,贔屓球団の人気投手も永遠に現役のままである。映像は,博士が住む離れと周辺の野原に限られるが,1980年代のプロ野球,能楽の「江口」が,博士の記憶が止まった日として登場する。
博士が,数字,数式,図形のなかに愛を見出し,語る場面が感動的。主人公達の心は,数学を通じて無限と永遠に結び合わされる。オイラーの公式に感極まり涙するなど聞いたことがないが,この映画を見れば,数式に泣ける。不思議。ラッキーナンバーは28である。

博士の愛した数式
小川 洋子著
新潮社 (2003.8)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »