« 「三島由紀夫」とはなにものだったのか・橋本治著 | トップページ | 獅子を飼う »

2006年1月14日 (土)

プライドと偏見

プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE
監督: ジョー・ライト
出演: キーラ・ナイトレイ,マシュー・マクファディン,ドナルド・サザランド,ブレンダ・ブレッシン,ジュディ・デンチ
18世紀末イギリスの中産階級と資産階級の恋愛譚。 田舎の中規模地主のベネット家には,律儀な父と陽気な母と5人姉妹が平和に暮らしていた。 少しでも資産のある殿方との縁組みをと,母と娘たちは戦々恐々としていたが,父は愛のある結婚をという信念を持っていた。
近所に資産家の令息ビングリーが越してきた。 すわっと突進するベネット一家。心優しいビングリーとお人好しの長女ジェーンとは良い感じになるが,ビングリーの友人のダーシーの高慢さに,才気煥発な次女エリザベスは反感を持つのだった。娘達の恋の行方は二転三転する。

ジェーン・オースチン・の最高傑作の映画化。年末来楽しみにしていた「プライドと偏見」。図書では「高慢と偏見」の方がとおりがよいか。ジェーン・オースチンの作品には,日常生活と縁談しか登場しないが,人生の機微が品よくちりばめられて,はらはら,どきどき,そうそう,と登場人物たちに感情移入し,心がほこほこと暖まる。女性の社会的地位の低さや,身分制の強い社会のあり方は,物語の枝葉末節。真実の愛を妨げるのは,小さな行き違いと大きな誤解からという主題は,いつの世にも珠玉のように全女性に訴えかける。
ディム・ジュディ・デンチとドナルド・サザランド氏という名優がごちそうでご出演。ドナルド・サザランド氏が演じる父上は,有り得ないほど最高であられた。
美しい田園風景,衣装,音楽,美男美女,エスプリとユーモア。上品に知的に完璧であったが,どこか破綻しているところを残しておいて欲しかったか。

高慢と偏見 上
ジェイン・オースティン著 / 中野 康司訳
筑摩書房 (2003.8)
通常24時間以内に発送します。

|

« 「三島由紀夫」とはなにものだったのか・橋本治著 | トップページ | 獅子を飼う »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ゆっこさま
コメントありがとうございました。
ワタクシの方からトラバさせて頂きました。
まあまあ,半年前の記事を検索頂きありがとうございます。とみと致しましては,半年前に比べて文章の品格落ちてきています(_ _ )/ハンセイ。
人生の機微を香り高くというのは,英国がお得意のようです。英国映画,また見なくては…。そういえばWOWOWで,いつか晴れた日にやってました。

投稿: とみ | 2006年6月29日 (木) 22時59分

お久しぶりでございます。
今さらなんですが、映画館で見逃したこの作品を、最近になってDVDでようやく見ることができました。
TBさせていただきたいんですが、なぜか反映されないようです(涙)。
とみサマが書かれているとおり、万事そつなく出来ている上質の映画だと思います。
とくに、英国の田園風景の美しいこと!!
これは、やっぱりスクリーンで見たかったですねぇ。
しかし、BBCのドラマを先に見てしまった私は、どうしてもコリン・ファースのダーシー像が刷り込まれているので、ダーシー役には不満が残りました。
まあねぇ、映画のダーシーも決して悪くはないのですが。

あ、「メタル・マクベス」お楽しみ下さいませね!
私は5月末に見ましたが、
いのうえさんが久々に「やりたいことをやり尽くしたっ」といえる舞台だったと思います。

投稿: ゆっこ | 2006年6月29日 (木) 01時40分

>ゆっこさま
お忙しいところ拙ブログにおこしいただきありがとうございます。ユーガッメールやブリジットジョーンズの日記とか,オースティンを意識した映画はありますね。
とても,手堅く上品に作ってありますので,英国上流気分を満喫できるかと存じます。貴ブログへ,また,お寄り致しますね。

投稿: とみ | 2006年1月15日 (日) 23時55分

とみ様、すっかりご無沙汰しております。
昨年暮れから、温かいコメントを頂戴しまして本当にありがとうございました。
なかなか、こちらに伺えず申し訳ございません。

ところで、オースティンの作品は私も大好きです。
とくに、この『プライドと偏見』はいちばんのお気に入り!
主人公のエリザベスが才気煥発で、とても魅力的ですよね。
シニカルで飄々としたベネット氏も、いかにもイギリス的で大好きなんですが、ドナルド・サザランドが演じていると聞いて、ますますこの映画への期待が高まりました。
早く見たいです!!

投稿: ゆっこ | 2006年1月14日 (土) 23時53分

>悠さま
ワタクシも基本的に初日の初回派です。
ご母堂さまもよかったではないですか(笑)。

投稿: とみ | 2006年1月14日 (土) 21時22分

はい、私、封切り日、最初の上映でみてきました。
ドナルド・サザランド氏が演じる父、なぜ、あの母と結婚したのだろうってなこと思って映画みてました。でしゃばる母親、いますよね(笑)。

投稿: 悠 | 2006年1月14日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» キーラ・ナイトレイ Keira Knightley  [ジョニーからの伝言]
キーラ・ナイトレイ Keira Knightley  生年月日■ 1985年03月26 日 出身地 ■ イギリス/ミドルセックス /テディントン 父は舞台俳優のウィル・ナイトレイ、母は劇作家のシャーマン・マ [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 21時07分

» 「プライドと偏見」 [こ・と・ば・言葉]
高慢ちきだと思っていた男、実は、恋する女の偏見だった、ってお話(短い要約ですいま [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 22時06分

» プライドと偏見 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原題が違うわけで... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 17時21分

» プライドと偏見 [Alice in Wonderland]
本日ラストはキーラ・ナイトレイ主演の映画です。昔の女性役がすごく似合ってたな。 フランス革命の余波が押し寄せる18世紀末の英国。片田舎に住む5人姉妹のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が越してくる。ベネット家の長女ジェーン...... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 14時39分

« 「三島由紀夫」とはなにものだったのか・橋本治著 | トップページ | 獅子を飼う »