« 大阪松竹座・寿初春大歌舞伎夜の部2 | トップページ | 国立文楽劇場初春公演・鰻谷&妹背山婦女庭訓 »

2006年1月 8日 (日)

大阪松竹座・寿初春大歌舞伎昼の部2

昼の部は上方では珍しい上演となる十六夜清心通しと義堅最期である。
源平布引滝
【義堅最期】
主演の片岡愛之助丈は,仁左衛門丈に驚くほど似ておられた。初日のこともあり,緊張感をもって,きっちりと演じておられた。大熱演に心が熱くなるが,悲壮感は少々薄目。多田蔵人役の段治郎丈の奴姿は,おみ足の長さが災いしてバランスが悪いが,侍姿は素敵である。時代狂言らしく,様式的な人物が次から次へと登場し,それぞれ美しくそれらしく,感動的。
全員がやぶれかぶれになられたときの怖さに期待したい。
花模様薊色縫
【序幕】
玉三郎丈は,仁左衛門丈という年来のベストパートナーと組まれて,まさに水を得た魚のように十六夜を生きておられた。
序幕稲瀬川の場,廓を走り抜け出 してきて,鼻緒が切れる場面があるのはご存じの通り。客席からじわが…。
しかし,鼻緒をすげる手際の良さや裾裁きの鮮やかさから,妙にせっかちで可愛らしい十六夜さんだった。眼目の嫋々としたお二人の心中の場はたっぷり。ここでも気の早い玉様はさっさと飛び込んで仕舞われた。助け上げられてからの変わり身も早い!
弥十郎丈の白蓮,薪車丈の船頭の三人が乗り込むと船は狭い。
【二幕目】
玉三郎丈のお富風のお妾姿と尼僧が一度に楽しめる。
【大詰】
いよいよ何でもありの大詰め。序幕からの二人の変わり身に笑うしかないが,どんな姿になっても仁左さまと玉さまは,お似合いで仲がよろしい。坊主から伸びた半端な鬘もお似合い。
演じることが楽しくてようがないというお二人に観客はハッピーにして頂いた。

重要なキーパースンを占めた弥十郎丈,昼夜全演目制覇の猿弥丈の活躍が目立った。

|

« 大阪松竹座・寿初春大歌舞伎夜の部2 | トップページ | 国立文楽劇場初春公演・鰻谷&妹背山婦女庭訓 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>joynozomiさま
あけましておめでとうございます。ご覧いただきありがとうございました。
笑三郎丈の公式HPもたいへんな盛り上がり。多彩でハートフルな笑三郎丈の演技にももちろん見入っておりました。
そういえば,玉三郎丈と笑三郎丈は,山鹿八千代座,歌舞伎座,大阪松竹座とずっとご同道されてましたか。笑三郎丈は,葵御前,お藤,お才というキーパースンを一度にこなされ,いずれも粋で大人の女らしさが香り立っておられました。お小夜の玉三郎丈と白蓮さんを張りあうというのも素敵です。
拙ブログでご覧のとおり,観劇は雑食系で,感想はリベラルとか看板を上げておりますが,今公演は別。もう一度は予定しております(^^ゞ。

投稿: とみ | 2006年1月16日 (月) 22時53分

とみさん、ご無沙汰しております。joynozomiです。
私も松竹座遠征してきました。もう素晴らしかったの一言です。玉三郎さんもおもだかも好きな人間としては至福、そして眼福でございました。私の個人的な感想は市川笑三郎さんの
HPに投稿しましたので、お時間があれば読んでくださると
幸いです。とみさんは千秋楽までまだ何回か観劇されるのですか?

投稿: joynozomi | 2006年1月16日 (月) 01時52分

>悠さま
現実に戻れなくなるほどのインパクトでした。やはり,仁左玉のカップルはもちが違います。
>るみさま
心温まる観劇記を拝読しました。ありがとうございました。
良いお正月でしたね。お餅も美味しかったです。
座頭として凛とした玉三郎丈も素敵ですが,仁左さまがご一緒だと,本当に楽しそうで観客を幸せにして頂けます。
>スキップさま
リンクさせていただきました。お正月は極楽でしたので,この一年頑張るパワーができました。
>りゅうさま
はじめまして。実は,ときどき拝見していました。
さて,ご内儀の審美眼を疑ってはなりません。よんどころないご事情があったと推察されます。私も悔いだらけです。
一期一会のチャンスに謙虚に感謝するこのごろです。

投稿: とみ | 2006年1月 9日 (月) 21時00分

はじめまして、TBありがとうございました。
仁左衛門さんの義賢は観たことがないのですが、今から思えば見るチャンスはあったのに逃したのが残念です。
2003年の時に限らず、観に行くか行かないかの主導権を握っているのは嫁さんなので、2003年の時は嫁さんが行かないと言ったのだと思います。orz

PS TBをたくさんしちゃいましたが、お許しください。m(_ _)m

投稿: りゅう | 2006年1月 9日 (月) 18時42分

とみさま

以前に仁左衛門さんと橋之助さんの義賢を観たことがあって、
お二人の雰囲気が似ていると思っていたのですが、今回、
愛之助さんの評判がとてもよいので興味シンシンです。

昼夜全演目制覇の猿弥さんはとみさまと同格ですね。
私は夜の部のみ観劇予定なので、とみさまの夜の部のご感想は
読まずにぐっとガマン。。。体にワルイ。

それから、サイトをリンクしてくださってありがとうございます。
(今ごろ気づいてゴメンナサイ) 
うれしいです。


投稿: スキップ | 2006年1月 9日 (月) 02時30分

とみ様、こんにちは。
仁左衛門さんの義賢は見たことがないので、比べることは出来ないのですが、愛之助さん本当に素晴らしく思いました。
十六夜清心も、二人の息がピッタリで、こちらも安心して楽しむことが出来ました。
夜の部が楽しみです。

投稿: るみ | 2006年1月 8日 (日) 18時19分

おとみさん、いよいよ「大阪松竹座の怪人」にならはったんやな~(笑)。うらやましい、歌舞伎三昧。

投稿: 悠 | 2006年1月 8日 (日) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/8052489

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪松竹座・寿初春大歌舞伎昼の部2:

» 壽初春大歌舞伎―昼の部― [夢夢散歩♪]
2日の松竹座初日に行ってきました。3階3列正面です。 係の女性が着物で、お客さんも着物の方がとても多く、お正月らしく華やいだ雰囲気でした{/kirakira/}{/kirakira/}入口で、紅白のお餅を頂きました。       これより下はあらすじ、感想になります。 初めて義賢最期と十六夜清心を見られる方は、まだ読まない方が良いと思います。 ①源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)   義賢最期(よ�... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 18時21分

« 大阪松竹座・寿初春大歌舞伎夜の部2 | トップページ | 国立文楽劇場初春公演・鰻谷&妹背山婦女庭訓 »