« 南座の「まねき上げ」 | トップページ | 今日もフィガロは昼寝をしていた。 »

2005年11月26日 (土)

スーパー喜劇狸御殿

千穐楽間近の23日,大阪松竹座,スーパー喜劇狸御殿を観劇した。
主演は藤山直美さん。藤間紫さんと,市川猿之助一門のみなさん。
さまざまなジャンルの方がミュージカルや映画に取り上げられているが,実はワタクシは一度も拝見したことがないので初見。
藤山さん主演で拝見したお芝居は,夫婦善哉,桂春団次,ふるあめりかに袖はぬらさじ,浅草パラダイス,別府温泉…。結構見ている。
狸御殿,これほど描きにくい題材はない。新橋演舞場で12月は1ヶ月公演となるので,ずっとねたばれコードに引っかかる。
満月の夜,山奥では,狸の国のきぬた姫(藤山直美さん)の婿選びの舞踏会が盛大に開かれていた。姫はお国のための結婚をいやがり,奴(市川猿也丈)を連れて森に出た。そこで,刺客に襲われ瀕死の重傷を負った人間の若侍(市川右近丈)を助け介抱する。
姫は若侍に夢中だが,狸と人間では所詮許されない仲。傷が癒える日は別れのときだった。しかし,娘心は一途。記憶を消され人間界へ返された若侍を追って,奴一人を伴に人間界に…。
藤山直美さんはいつもの直美さん。市川猿之助一門の皆さんは,見た目いつもと同じで美しく凛々しく,やくどころは,個性的。意外な方の宙乗りがある。
ハートウオーミングなラブコメにしては,激しく笑え,心にも身体にも優しいお芝居だった。顎関節には試練であるが,腹筋には最適。

|

« 南座の「まねき上げ」 | トップページ | 今日もフィガロは昼寝をしていた。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>古典めざましタイさま
コメント並びにトラバありがとうございました。
東京千穐楽まで進化を続けておられたのですね。
舞台の上で痙攣しておられる春猿丈,むせておられる笑也丈。お化粧が割れないかと心配されました。
藤山さんのお芝居は見逃せません。

投稿: とみ | 2005年12月27日 (火) 21時31分

とみ様
公演が無事終了したのでネタばればれ~でTBさせて頂きました。
楽しかったですねぇ。
直美ちゃん贔屓としては大満足っ!
来年の上演を切望しますっ!

投稿: こてん | 2005年12月27日 (火) 16時10分

>六郎さま
コメントありがとうございます。
拙ブログにようこそ。
六郎さまがはまったということは,本物ということを確信しました。
文楽鑑賞前の腹ごなし(爆)にと立ち寄って,あまりの楽しさに刮目致しました。
メッセージもしっかり伝わりました。

投稿: とみ | 2005年12月18日 (日) 11時19分

TBありがとうございます。
あまりに楽しかったので、昨日もう一度見に行ってしまいました。
宙乗りは意外な方で、私もびっくりしました。とてもスリリングな飛び方をしてらっしゃいましたよね。宙乗りの新たな可能性を見たような気がしました(笑)。

スーパー喜劇、また新作が書かれると良いなぁと思っています。

投稿: 六郎 | 2005年12月18日 (日) 01時23分

はい、1月は松竹座遠征をします♪
チラシのあのラブラブなお二人と笑三郎さん、
春猿さん、段治郎さんに呼ばれていると勝手に
思い込んでいますから(笑)行きます♪
とみさんももちろんご観劇ですよね?
江戸の狸御殿も期待できそうですね。
12月はとみさんの分もしっかり観劇してきます!!

投稿: joynozomi | 2005年11月28日 (月) 01時18分

>joynozomiさま
コメントありがとうございます。
そ,それは,申し上げられません(笑)。
歌舞伎の場面のパロディあります。ばればれなのに,ご丁寧にネタをばらして頂けることもあります。猿之助丈ネタもあります。直美丈と猿也丈は出ずっぱりの大活躍でした。
師走の歌舞伎座は,玉三郎丈が中村屋さんとご共演ですね。皆様の書き込みを楽しみにしながら思案というところです。
joynozomiさまは一月は大阪へ?
ラブラブチラシをピンナップし,朝夕拝礼しております。アマテラスも早くチラシを手に入れ,拝みたいです。

投稿: とみ | 2005年11月27日 (日) 23時27分

とみさん、ご無沙汰しております。
夢玉でお世話になっているjoinozomiです。
狸御殿拝見されたのですね?いいですね~。
私は来月歌舞伎座と演舞場行き来の週末です(笑)
歌舞伎的な要素は狸御殿には入っていましたかどうか
気になるところですね。とみさんは上京なさって
ご観劇の予定ですか?

投稿: joynozomi | 2005年11月27日 (日) 21時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー喜劇狸御殿:

» スーパー喜劇 狸御殿 [古典めざましタイ]
この冬一番の寒気が私めがけて〜!北風ピープー、どころじゃねぇ木枯らしパープー!!落ち葉の大群がグルグル渦巻く、ここは銀座〜。イタッッッ!葉っぱが鼻に直撃〜!クッソ〜何なんだよォ〜ォ〜。おっとおっとおっとっと〜。新橋演舞場は別世界ー。 白馬に乗った右近がパッカパッカ登場。森の中で何者かに手傷を負わされた。 あ〜ど〜でもいいから早く狸の御殿出して〜。月夜の下でポンポコポンポコおムコさ... [続きを読む]

受信: 2005年12月26日 (月) 16時43分

« 南座の「まねき上げ」 | トップページ | 今日もフィガロは昼寝をしていた。 »