« 今日もフィガロは昼寝をしていた。 | トップページ | 大津市,眺望保護へ建築規制区域を指定 »

2005年11月30日 (水)

宝塚雪組公演全国ツアーグランド・ロマン『銀の狼』&ショー『ワンダーランド』

宝塚雪組全国ツアーは,11月30日,全日程を終了する。運に恵まれ2度観劇することができたのでレポをアップする。
この稿に限り敬称を省略して記述するが,演技者及び創作者への敬意は変わらない。全国ツアーには組の約半数のメンバーが参加している。

グランド・ロマン『銀の狼』
作・演出/正塚晴彦
メインキャスト/シルバ:朝海ひかる,ミレイユ:舞風りら,レイ:水夏希,ジャンルイ:音月桂
1991年に月組涼風真世,麻乃佳代,天海祐希,久世星佳により上演された,ハードボイルドタッチのミステリー歌劇の再演。私は,当時,民放で放映されたものを見たのみであったが,一度で涼風真世と宝塚歌劇のファンになった。以後,スーツものを中心に柴田侑宏,正塚晴彦,植田景子作品及び雪組を中心に観劇している。
博覧会が開かれているパリが舞台。シルバは,暗殺者になる前の記憶がない。瀕死の重傷を負った身をプロの殺し屋レイに拾われ,生きるため,殺人を生業としていた。銀髪が想像を絶する苛酷な体験を推察させる。死んだ男と泣いている女,殺される母子の悪夢に今日もうなされるシルバであった。
後ろ暗い者のみをターゲットにするシルバに,政財界の要人は戦慄していた。しかし,凄腕のシルバが大きなミスを犯す。倒した政治家の妻子に顔を見られてしまうが,目撃者を殺すことを,なぜか躊躇し,顔が割れる。なぜ殺さなかった…。元締めのレイ共々,警察からも,同業者からも追われるはめになってしまった。
折りしも,ヨーロッパ某国大統領とその娘ミレイユ及び娘婿の国務大臣ジャンルイは,パリ博覧会に,自国のプロモートに訪れていた。高飛びが急がれるシルバであったが,偶然,見かけた,大統領令嬢ミレイユの顔を見て愕然とし,跡を追う。夢の中で泣いていたあの女だ。真実が分かるかもしれない。シルバはレイと袂を分かち,ミレイユを誘拐する。ミレイユも,重大な国家機密を握る者として夫から刺客を差し向けられる。何があった,なぜ,…二人のあてどない逃避行が始まる。

ショー『ワンダーランド』
作・演出/石田昌也
2005年夏,霧のミラノと同時上演された不思議の国をテーマにしたショーの再演。トランプカードで出来た不思議の国でキングとクイーンを中心に夢が舞う。

セットもストイック。お衣装もシンプル。暗く渋めの作品だが,美声の涼風真世のため書かれた作品だけに歌曲が良い。主人公は,成人した娘がいる銀髪の男と大統領令嬢にして国務大臣の妻という大人のカップル。心を捨て苛酷な運命に立ち向かう男と,運命に翻弄される痛々しいまでに孤独な女の,愛を超えた一体感に完全にやられた。行き場を無くし唯二人,敢然と歩む男と少し後ろを付いていく女。半端なラブシーン10本分くらいの愛情表現というか,大団円のデュエットダンス5本分のハッピーエンド。何者も入り込めない二人だけの世界であった。
その他のキャストもはまり役。雪組の層の厚さがうれしい。めったにしない追っかけをした甲斐があったという公演であった。

|

« 今日もフィガロは昼寝をしていた。 | トップページ | 大津市,眺望保護へ建築規制区域を指定 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚雪組公演全国ツアーグランド・ロマン『銀の狼』&ショー『ワンダーランド』:

« 今日もフィガロは昼寝をしていた。 | トップページ | 大津市,眺望保護へ建築規制区域を指定 »