« 京都のLRT | トップページ | フィガロの昼寝 »

2005年11月13日 (日)

ベニスの商人

京都市中京区四条烏丸の旧丸紅ビル・COCON烏丸に京都シネマが移ってまもなく一年。シネマは健在である。
13日,マイケル・ラドフォード監督ベニスの商人を見た。アル・パチーノ,ジョセフ・ファインズ,ジェレミー・アイアンズ。映画らしく,風景が美しく,風俗や社会的背景も原作の戯曲を補ってしっかり描かれている。
運河はもちろん,ラグーナやベルモントの島がお芝居では見られないのでうれしい。映画に期待する者の気持ちになって作って下さったのか親切。そういえば,イル・ポスティーノも海の風景が美しかった。
キリスト教徒とユダヤ社会との深刻な対立も不偏的な目で良い感じ。何より主演でないタイトルロール,ベニスの商人・アントーニオが際立っている。
シャイロックの大悲劇として演出されるものや,アントーニオをバサーニオと同年代の軽佻浮薄の若者と同列に扱う演出も好きでない。安心して見ていられてナイスである。

nec_0014.jpg

|

« 京都のLRT | トップページ | フィガロの昼寝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>悠さま
ベニスの商人やってると気づいたのがラッキーでした。こまめなチェックが肝心ですね。ことば,言葉,詞の悠さまにあやからせていただきたいものです。

投稿: とみ | 2005年11月18日 (金) 19時40分

私は、ベニスの商人=シャイロックのことだと、映画をみる直前まで、思い込んでました。
私も、京都シネマでみました(^^ゞ。
最初の、つば、ぺっっ、ってので、監督の意図=人間関係がわかっていいや、と思ってました(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005年11月13日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベニスの商人:

» [ ヴェニスの商人 ]いつの時代になっても楽しめるシェイクスピア劇って [アロハ坊主の日がな一日]
[ ヴェニスの商人 ]@新宿で鑑賞。 ご存知ウィリアム・シェイクスピア劇のひとつ。 シェイクスピアといえば、劇作家だけでなくイギリスのグ ローブ座の株主として実業家の一面ももっていた。実業家 になってから、彼は劇作家として精力的に作品を書き出し たらしい。さぞかし金銭感覚もずば抜けていたことだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月 4日 (日) 11時17分

» ヴェニスの商人 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
言わずと知れたシェークスピアの「ヴェニスの商人」を映画化した作品です。 ストーリーは、原作をなぞって進んでいきますが、当時、いかにユダヤ人が不当に差別される存在であったかが丁寧に描かれています。アントーニオたちに受けた数々の侮辱に傷つくシャイロックの姿が描か... [続きを読む]

受信: 2005年12月17日 (土) 00時38分

« 京都のLRT | トップページ | フィガロの昼寝 »