« ☆新感線・吉原御免状 | トップページ | 劇団四季・アイーダ・マイ千穐楽 »

2005年10月20日 (木)

芸術祭十月大歌舞伎夜の部日高川他

10月9日芸術祭参加十月大歌舞伎夜の部
引窓,日高川,河庄を見た。昼夜通しで見応えある作品漬けの一日であった。
日高川は,昨春,京都南座において,坂東玉三郎特別舞踊公演で,紀州道成寺と共にかけられた丈の意欲作である。義太夫の名曲に乗せて人形振りで演じられる。主遣いは尾上菊之助丈。船頭に坂東竹三郎丈のご養子の蒔車丈。良い景色。
清姫は,去った恋人・僧安珍を追って日高川河畔まで来たが,船頭は安珍に言い含められ乗船を拒む。進退極まり,妄執の鬼と化した清姫は,見る見るうちに変容し,日高川にざんぶと飛び込む。泳ぎ渡る姿は完全な蛇体であった。
高い身体能力と技術だけが可能にする大胆な振り。芸術として再構築する丈の気迫は鬼気迫る。おん顔も人形以上に無表情で怖かった。船頭の蒔車丈も,玉三郎丈の怖い怖いおん顔を向けられながら大健闘。清姫の左手と左遣いさんとのコンビネーションが秀逸。足遣いを含め全ての黒子さんたちのチームワークの良さが際立った。
さて,主遣いは菊之助丈。人間らしく素敵であった。真に優れた人形遣いさんは,存在が消えたり,人形に使われているかのように見えるので,その方向性で,菊之助丈の習熟度アップに期待したい。もう一度拝見したいものであるが…。
引窓。左團次丈が超プリティ。
河庄。9日は,雀右衛門丈が,小春をなさっていた。いじらしくはかなく無力な15歳の少女。雁治郎丈の治兵衛は,演技の域を超えたリアリティ。人間国宝と人間重文クラスの役者さんたちの揃い踏みは,とてつもなく凄いものを見せていただけた感があった。

|

« ☆新感線・吉原御免状 | トップページ | 劇団四季・アイーダ・マイ千穐楽 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
TBとコメントをどうもありがとうございました。
こちらからもTBを返したいのですが、どうも反映されないようで申し訳ございません。

玉三郎さん『日高川』、ホントに素晴らしかったですよね。
一瞬も目が離せませんでしたもの。
私は歌舞伎を見始めてまだ日が浅いので、いろいろ教えていただけたらと思います。
またお邪魔させていただきますね。
『天保十二年』のレビューも楽しみにしております。

投稿: snowflower_001 | 2005年11月 3日 (木) 23時58分

>恵美さま
あ,ありがとうございました。
文楽でも高度な的ニックとされる後ろ振りの場面は,ほおーぉぉっというお客様の息づかいがきこえてました。
菊様の詳報おたずねに参ります。
>るみさま
コメントありがとうございます。
私が拝見した9日は,帰宅したところ,NHK芸術劇場で文楽人形で有吉佐和子氏の一の糸を上演してました。劇中劇で日高川がかかり,玉様のこだわりのディティールをつぶさに拝見し,感動を新たにしました。義太夫と三味線は桁違いでした(^^ゞ。11月は本朝廿四孝通し上演のようです。要チェックですね。

投稿: とみ | 2005年10月27日 (木) 01時44分

とみ様、こんばんは。
とみ様の観劇記はいつも舞台が目に浮かんできて、楽しませて頂いてます。
日高川がとても見たくなりました。玉三郎さんがどのように演じてられているのか、とみ様の観劇記を読んでいてもドキドキするのに、生の舞台はすごいんでしょうね。
雀右衛門さん、休演されて心配しておりましたが、復帰されたので、一安心です。

投稿: るみ | 2005年10月26日 (水) 22時41分

あ~\(^o^)/やっと日高川が観られます~♪
さぞや良い景色でしょうね~とっても楽しみです。蒔車丈にも期待しております。戻りましたらまたお邪魔しますね。

投稿: 恵美 | 2005年10月21日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/6484761

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術祭十月大歌舞伎夜の部日高川他:

« ☆新感線・吉原御免状 | トップページ | 劇団四季・アイーダ・マイ千穐楽 »