« インファイナル・アフェア・トリロジー | トップページ | インファイナル・アフェアⅢ再見 »

2005年8月28日 (日)

松井今朝子氏の「仲蔵狂乱」

仲蔵狂乱
仲蔵狂乱
posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.14
松井 今朝子〔著〕
講談社 (2001.2)
この本は現在お取り扱いできません。

図書館から2回借りて読んだ。
前回は,東京の日生劇場で夢の仲蔵が初演されたときで,次月大阪松竹座で夢の仲蔵・千本桜がかかるので,再読した。
お芝居の原作とは異なるようだ。仲蔵丈といえば,仮名手本忠臣蔵「山崎街道」の斧定九郎役を,従前のどてら猟師から今の浪人姿に変えた,伝令使役で台詞を忘れ,主役の團十郎に耳元で「親方台詞を忘れました。」と伝えたとか,勇敢なエピソードで知られている。
(はい,イヤホンガイドは大好きでよくきいています。テレビ中継も副音声を楽しみにするタイプです。)
松井氏は,ドキュメンタリーできっちりと事実を積み上げ物語を構築する作風のお方。大好きな作家のお一方で,数冊読ませて頂いている。
松井氏の仲蔵は,小さな成功と大きな挫折に満ちた魂の彷徨を,只のサクセスストーリーに留めず,狂乱と咆哮のドラマに仕上げ,重い。

|

« インファイナル・アフェア・トリロジー | トップページ | インファイナル・アフェアⅢ再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とみ様、こんばんは。
私も原作を読んでみたくなりました。最近は仕事に忙しく、本は全くご無沙汰なので(^^;)
劇中劇というのは初めてなので、来月の「夢の仲蔵千本桜」は楽しみにしています♪

投稿: るみ | 2005年8月28日 (日) 19時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松井今朝子氏の「仲蔵狂乱」:

» 非道、行ずべからず [個人的読書]
松井 今朝子 非道、行ずべからず  「非道、行ずべからず」  松井今朝子・著  マガジンハウス・出版  『江戸時代の芝居小屋のミステリ』  松井今朝子さんの名前は、ぽつぽつ 聞いていたのですが、初めて読んでみました。  凄い、面白い!!。... [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 (土) 19時27分

« インファイナル・アフェア・トリロジー | トップページ | インファイナル・アフェアⅢ再見 »