« 今日から福井さんがラム・タム・タガー | トップページ | いつかはくる。別れのときが。 »

2005年7月26日 (火)

中村勘三郎襲名披露興行夜の部・ノリノリの大阪松竹座でした。

チケット争奪戦に出遅れ,24日夜の部一度だけの観劇となった。発売日に何をしていたのか悔やまれる。
とはいえ,地の利,可処分所得及び自由時間に恵まれない身。ただ一度の観劇はいつものこと。心に焼き付ける目は養われているはずである。これについても,日を改めて記述するとして・・・。
宮島のだんまり,大津絵道成寺及び研辰の討たれ全て初見。
宮島のだんまりは口上のない夜の部のため,趣向を凝らして芝居半ばではございまするがと劇中の口上が始まる。勘三郎丈は大江広元役。芝翫丈の傾城浮舟太夫実は盗賊袈裟太郎が豪華絢爛。舞台狭しと展開するだんまりにどこをみてよいやらごちそうごちそう。
大津絵道成寺の引幕は昼の部でも使われた藤娘幕。道成寺のパロディで,大津絵のキャラクターが娘道成寺を踊る。雁治郎丈が,藤娘,鷹匠,座頭,船頭及び鬼に変化するもので,客席からあれは扇雀か翫雀というささやきがもれ聞こえていた。お若い。三井寺から琵琶湖を臨む書割がおうちに帰った気分。
眼目の研辰。これだけ評判になった演目にもかかわらず,関西初演のためワタクシも初見。野田秀樹さんのお芝居である。最後はあっと驚く趣向と浄化と滂沱の涙を流させてくれる。象徴的な装置の使い方,回り舞台を駆使したスピーディな場面転換。ポップで愛らしい色調のお衣装。実は野田さんのお芝居は,お衣装が芸術的で,世界や役所が想定しにくかったりする年寄りに程よく親切。
ご出演者のテンションも高い。野田さんの芝居ならではの爆走感が快い。
私もスタンディングオベイションをさせていただきました。

|

« 今日から福井さんがラム・タム・タガー | トップページ | いつかはくる。別れのときが。 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>こはぜさま
日舞の情報を学習させて頂いております。なぜか道成寺の曲中に藤音頭が…。捕り方のとうづくしにも近江八景が読み込まれてありました。
>ゆきよさま
昼夜とも執念でゲットとは諦めてはいけないという教訓ですね。ラストシーンは感動します。大量の花吹雪も良いですが,あの滞空時間の長さがキモです。しかし,毎日心臓の上に命中しているのでしょうか。

投稿: おとみさん | 2005年8月 3日 (水) 00時48分

おとみさま
私もチケット争奪戦ははなから参加しておりませんでしたが、1週間前に偶然チケットWeb松竹にチケットが出て夜の部Get。ダメ元で昼の部当日券を覗きに行きましたら補助席がでており、結局昼夜観ることができました♪(台風だったからでしょうか…)
「研辰」は東京初演を拝見しておりますが、一層パワーアップしておりました。結末を知っている分、初見ほどの衝撃はありませんでしたが、ラストシーンが忘れられずもう一度観たいと思っておりましたので大満足でした。

投稿: ゆきよ | 2005年8月 1日 (月) 02時41分

おとみ様
TBありがとうございました。
(「大津絵道成寺」、実は見たことありません。)
今回の松竹座は初めから諦めモードでチケット争奪戦に不戦敗してしまっておりましたが、今更ながらもっと頑張るんだったと後悔。本当にうらやましく読ませていただきました。
松竹座でのスタンディングオベーション。そのとき・そこにしかない劇場の熱気を想像しております…。

投稿: こはぜ | 2005年7月27日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/5163274

この記事へのトラックバック一覧です: 中村勘三郎襲名披露興行夜の部・ノリノリの大阪松竹座でした。:

« 今日から福井さんがラム・タム・タガー | トップページ | いつかはくる。別れのときが。 »