« 鴨川に納涼床が出ました。 | トップページ | 7日,アイーダ開幕したらしいです。 »

2005年6月 6日 (月)

坂東玉三郎特別舞踊公演初日

4日夜,南座板東玉三郎特別舞踊公演初日を拝見した。
「隅田川」も「船辨慶」も人気狂言で,上演回数も多いが,そこは玉三郎丈のこと,独創性と高い美意識により再構築され,芸術として提示して頂けた。
「船辨慶」,初役の初日とか。装置,曲,演出,全て船弁慶と異なり,能に近い。冗長な部分を切りつめ,緊迫感と凝集感に満ちた運び。
新調されたお衣装の美しいこと。重厚でありながら金糸銀糸がまばゆく目もくらむばかり。初日のためか,生地の堅さまでお見受け出来,妙なところで感動してしまった。
義経公を演じられた薪車丈のお衣装が良い。もちろん,ご当人も美しかった。

|

« 鴨川に納涼床が出ました。 | トップページ | 7日,アイーダ開幕したらしいです。 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/4430093

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東玉三郎特別舞踊公演初日:

» 水無月日記 京都の目SP・観劇日記~6月13日①京都南座6月 [龍の目]
いやぁ、本当に申し訳ないです。 一時休筆 していた間にイベントが多すぎたので、未だにライヴな記事が書けません。 今日からは、またもやなんですけど、「京都の目SP」の6月編になります。 僕が「京都の目」で「SP」と謳うときは、 もう読者の方はご存知のと... [続きを読む]

受信: 2005年7月12日 (火) 23時18分

« 鴨川に納涼床が出ました。 | トップページ | 7日,アイーダ開幕したらしいです。 »