« 京阪石坂線 | トップページ | 粟津の晴嵐 »

2005年6月24日 (金)

京阪京津線

普段は大津から京都まで,JR琵琶湖線で通勤しているが,遅くなるとどうしても,心にも体にも優しい京阪京津線の利用となる。
何と日本で唯一,4両編成で路面を走る電車だそうだ。路面は2両以上だと国土交通省の認可は下りないという。が,そこは大津は地方都市。許せる交通量だったのか。
この経路は謡曲竹生島に謡われた道筋。車内で思わず「竹に生まれる鶯の〜。竹に生まれる鶯の〜。
四ノ宮や。河原の宮居末早き。河原の宮居末早き。名も走井の水乃月。曇らぬ御代に。逢坂乃関の宮居を伏拝み。山越え近き志賀乃里。鳰の浦にも着きにけり。鳰の浦にも着きにけり。」
と,口ずさんでいるうちに,電車は山科,四ノ宮から,におの浜に着く。
先週見損なった,芸能花舞台・能と歌舞伎による竹生島が明日放映される。タノシミ…。と思いを馳せてみる。
逢坂の関,蝉丸,琵琶,弁財天,竹生島,琵琶湖とカノンになっているヽ(^○^)ノファーーァ!。JR6分,京津25分…。

|

« 京阪石坂線 | トップページ | 粟津の晴嵐 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪京津線:

« 京阪石坂線 | トップページ | 粟津の晴嵐 »